ダイトレ起点のどんづる峰散策とハンガーノック

昨日準備万端で、備えて満足したのか
ガンダムは見ずじまいでした。

今日 17日も台風で強い雨、風だろうなぁ

ってひさびさに朝ゆっくり起きたら、
晴れていた。

天気予報を確認すると、まだ鹿児島上陸前で、
台風がゆっくり近づいていた。

となると、夜には天気が悪くなって、走れなくなるなぁ
って考えると、この晴れ間がもったいなくなって、

昨日の疲れを全身に感じていたけど、
ゆっくりなら大丈夫でしょって言い聞かせて、
着替える。

朝10時 朝食に食パンを食べたきりで、
約2時間位でゆっくり走って歩くから給食・給水・
小銭をもたずに携帯のみ入れて走ることに。

自分のトレランコース メインはダイトレなんだけど、
よく行くコースは竹ノ内峠から葛城山の道ばかり。

でも起点は奈良県のどんづる峰って所らしい。
んでどんづる峰から岩屋峠までの道って
行ったことがないから いい機会と思って
ダイトレミッシングリングを埋めるべく、

どんづる峰にいく。
けどこのどんづる峰

公共交通機関では駅から少し距離があって
ちょっと大変

NEC_0419.jpg
大阪太子町の手前で、
この看板は何度も通るときに見るものの
訪れるのは初めて。

NEC_0420.jpg
んですこしばかりの階段を上ると、
手すりもなにもない(天然記念物なので、手すりなんか
つけられないだろうけど)
いきなり岩が登場 以上。
他には何もなし。

あ ダイトレ名物 石の表示板見逃したわ。

んでこのあたりをぐるっと見てみても
ダイトレへの入り口が見つからないので、
すこし太子町方面へ足を延ばすと、
農家を2~3軒程度過ぎると

NEC_0421.jpg
看板見つけて ダイトレの入り口発見。

NEC_0422.jpg
んでここがスタート地点であることを確認。
二上山のわきの展望台をめざします。

NEC_0423.jpg
登山口はこんな感じ。
ダイトレ名物丸太階段はここでも
健在でルート案内は十分でした。

NEC_0424.jpg
順調そうに進んでいますが、
ここでもう1時間が経過しています。

今回はゆっくりすぐ帰るつもりだったので、
給水・給食をもってこず、、、

うーん のど乾いた。
んで道の看板見ると、
メインルートから外れると
旧ダイトレ道へ出て、水飲み場が
あると看板があったので、

喉が渇いていたので、
ルートを変更して、水飲み場へ
向かいます。

NEC_0425.jpg
さすが旧道 踏み後も少なく、
ここで、動けなくなるとピンチになるなぁ
って思いながら少し進むと

NEC_0426.jpg
立派な水飲み場に到着。
喉の渇きを十分に癒して、
二上山へ向かいます。

NEC_0428.jpg
たださすがに旧道 基本ルートは
整備されているのですが、要所要所にて、
藪漕ぎが発生。
1時間30分経過で体のエネルギーがなくなったのと
合わせ技でモチベーションが一気に低下して、
スピードが一気にダウン。

NEC_0429.jpg
ようやく視界が開けて、

NEC_0430.jpg
二上山の雄岳・雌岳の間の馬の背
に到着したころには、かなりの時間が経過

家族に伝えた帰る時間を超えそうになったので、
二上山の山頂へは行かず、
岩屋峠へもいかず、

NEC_0431.jpg
祐泉寺方向へ下山。
0.9㎞との事ですが、このルートの途中でも
水飲み場があり、ありがたく給水させていただきました。

NEC_0432.jpg
ちょっと岩場が濡れている箇所があったりしましたが、
基本的にはよく整備されたルート

NEC_0433.jpg
お寺の前には立派な門があり、
そこから下ると、チャレンジダイトレのスタート場所へ
戻ります。

1時間30分を経過すると、
無補給の為、身体が重くなり、
トレイルコースからアスファルトに出るも、
もう走れなくなり、その後はべた歩き。

ハンガーノックで走れなくなり、
最後はつらい状態に、、、
やっぱりトレイルを快適に進み続ける為には
自分にはエネルギーを常に摂り続ける必要
だなぁ って実感しました。

ダイトレの林道の中ではまだ蝉が鳴いていましたよw
2時間14㎞ 
初めてのコースで走れた・登れた前半は
楽しかったんだけどねぇ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示