富士登山競走レポ1 宿から山頂まで

富士登山競走から早くも4日が経ち、
あのつらかった記憶はすでに美化されて
また出場したいと思ってますが、
来年は家庭の事情より現時点では不参加と
いう状況です(涙)

とりあえず、この土日 家族サービスしてましたw

遅くなりましたが、レポはじめていきますね。

IMG_1804.jpg

スタート地点に向かう宿での1枚

8月生産分以降 西日本限定発売のカール
限定1名 で関東ブロガーにお渡しできればと
思って、準備していましたw

まさか奥三河でご一緒させていただいたアレキさんが、
応援に来てくださるなんて思いもよらなかったので、
もちろん、カールは北麓公園行の手荷物に預ける。

もし わかっていたら、担いだトレランバックに
カール入れただろうか?

今回は初山頂コースへのトライだったから、
きっと持たなかったかな?

カール64gだから、重さの負荷は少ないから
きっと担いでも、結果的には完走できたと思う。
6合でお渡しできたみたいだしね。

とまぁカールの写真だけを見ると
とてもふざけているように見えちゃうけど、
真剣に準備していた。

IMG_1805.jpg
宿での準備の写真。
ぐわぁT(ノースリーブ改造型:やべっちさん、なーくん)
もちろん僕もぐわぁT(標準型)

スタート会場の富士吉田市役所で
3人 写真を たまたま通りかかったネコさんに
撮影していただき、

やべっちさんと、
「山頂で再会で」

とエールを交わして各々の準備に別れる。

んで、一気にスタート前に
IMG_1820.jpg
おととし、昨年の五合目通過タイムより
Aブロックをいただいていたので、

その恩恵を受けるべく、Aブロック前列より
2列目に並んだので、恒例のエイエイオーを
一緒になって自分を鼓舞する。

170801-1.jpg
3か月前、骨折、靭帯断裂した左足

そして完走を目指す僕に手を差し伸べて
くださった方より頂いた新しい勝負シューズ
にレースチップ

よかった ほんとよかった。間に合った。

でも ここはまだスタート地点。
ここからが本番だ!!

あいにく富士山は全く見えなかったけど、
今年は五合目打ち切りのアナウンスはなく、
一安心。

そして号砲
するするって、進んで、

最初のストレートを走っている際に
なーくんに発見頂いて写真を撮ってもらう!

またこの後、超速いノースリーブぐわぁTさんも
通過された際になーくんがエールを送っていただいた
おかげか その後、
ノースリーブぐわぁTさん kenにも
「ぐわぁT頑張れ!!」

って追い抜きざまにエールをくださった。
登り坂で厳しいときにエールをいただきまして
本当にありがとうございます。

じつはこのお方 僕が見るのは今年で3回目で、
毎年山頂コースに出場されてて
ほんと速いんですよね。
もう次元が違うって感じで、、、
かっこよかった。

話を戻して、
セブンイレブン通過して中曽根の交差点
約1㎞付近 4分15秒 

速すぎ  速すぎ
練習でも1㎞しか持たない速度で
突っ込んでどうする気???

って自問自答する。

というかまぁもう登り坂だから
自然とペースは下がってくるんだけど、
まぁ今年も過分な場所からスタートするもんだから

だだ抜かれ、 ほんとだだ抜かれ
最初はAブロックの方に抜かれるんで
別になんともなんだけど、

どんどんBブロックの方にも抜かれはじめて
気力をそがれる。

そんな感じ。

そして浅間神宮に到着

2017年本番:12分59秒
(設定ペース14分00秒)
(2017年試走:14分20秒)
(2016年本番:12分26秒)
(2015年本番:13分36秒)

やっぱ速いわぁ~
ってことで意識的にペースを落とす。

こっから 5㎞地点、中の茶屋まで
遠く感じるか、近く感じるかで
余力を測ることができる。
そして、浅間神宮通過では設定ペースより速いので、
意識的に落とす。

今年は、やっぱり中ノ茶屋遠かったですw
やっぱきついわぁ 遠いわぁ

んで、東富士五湖道路の下をくぐって
約5㎞付近
2017年本番:24分34秒
(設定ペース25分00秒)
(2017年試走:26分30秒)
(2016年本番:データなし)
(2015年本番:24分17秒)

といい感じにペースが落ちる。
もちろん 周りのペースよりか遅いので、
抜かれまくり、 たまーに
呼吸音が苦しそうな方を拾う感じ。

それでも周りが固定化されてきたんだけど、
富士登山競走 ガチなレースなんだけど
やっぱり少しは仮装ランナーいるねん

〇猿の着ぐるみを着ている方
〇熊の着ぐるみを着ている方
〇上Tシャツでふんどしで裸足の方

そして、去年はプリキュアのキュアブルーと接戦したけど、
今年は、

IMG_1823.jpg
初音ミク やったわぁ

速かったわぁ。
ちなみに初音ミク もちゃんと完走していて、
その差約30秒ほどでした。

山頂で写真撮る為に用意した
ipod 取り出して撮影。

真面目に走れよって感じなんですけどね。
ちなみに5㎞地点から3合くらいまでほぼ
併走していたので、馬返しから撮影した
ほうが手振れなく撮れたね。

中ノ茶屋
2017年本番:37分30秒
(設定ペース38分00秒)
(2017年試走:39分46秒)
(2016年本番:34分52秒)
(2015年本番:36分18秒)

ここでようやく設定ペースまで落とす。
というより勝手に落ちる。

うん やべぇ 今度は余力に比べて
ペースが落ちすぎているかもって
焦りだす。

初音ミクとふんどし裸足ランナーに
囲まれながら、馬返しまでの道を進む。

ほぼそのまま併走のまま

大石茶屋
2017年本番:52分18秒
(設定ペース53分00秒)
(2017年試走:55分00秒)
(2016年本番:データなし)
(2015年本番:データなし)

大石茶屋から馬返しまでは
歩きたくなる斜度の登り坂に
なるんだけど、

暗峠を歩かず頑張れるランナーは
ここは苦しいけど歩いちゃだめ
ってことで頑張る。

馬返し
2017年本番:62分16秒
(設定ペース62分00秒)
(2017年試走:64分34秒)
(2016年本番:57分45秒)
(2015年本番:59分33秒)

ここでようやく設定ペースからこぼれる。
そして今考えると
2015年、2016年ってやっぱり速いねんなぁ。
1時間50分切りはやはり、僕にとって、
馬返しまで59分くらいが目安かなぁ

馬返しで給水をとり、周りがまだ走って
1合目に向かう中、僕は歩く。
戦略的歩きと勝手に考えて歩く。

今 考えると、やっぱり2合目くらいまでの
階段ではない緩い登りは走らないとだめだなぁ。

そしてふんどし裸足さんは、トレイル区間に
入るとさらに速くなって、もう追いつくことはなかったです。

二合五勺
2017年本番:1時間26分
(設定ペース1時間30分)
↑設定ペース間違いこれで行くと間に合わない)
(2017年試走:1時間31分)
(2016年本番:1時間18分)
(2015年本番:データなし)

山頂コースを考えていた為、体力温存したら、
タイムめっちゃ遅かった。
でも2015年、2016年本戦の時になった
脚攣りは全く兆候なし。
心拍だけがずっと150程をたたいていた。
試走の時は心拍145程度だったので
ギア1段上がった状態で進んでいました。

んで、一度アスファルトに出てもう一度
林道に入って、アスファルトを横切って
佐藤小屋への最後の坂を登るんだけど、

もう一度林道に入るところから渋滞していた。
そう 怖かった 佐藤小屋前渋滞。

五合目制限時間の短縮により、
渋滞が厳しくなるだろうなぁって思っていたけど、
悔しいかな シングルトラックで渋滞して走れない。
休憩ゾーンと割り切って渋滞に身を任せるも、
少しずつ焦りだす。

渋滞がなければ、五合目通過2時間切れるはずなのに、
残念ながら五合目通過は 2時間を少し超える。
1~2分はロスした感じ


五合目
2017年本番:2時間00分30秒
(設定ペース2時間00分)
(2017年試走:2時間4分)
(2016年本番:1時間48分)
(2015年本番:1時間50分)

2015年、2016年に比べるとダントツに遅いけど、
試走に比べて速く通過し、設定どおり、

ここからは、試走と同じように走れば完走できるはず。
そう前向きに考えることができていました。
恐かった足攣りも兆候はなかったので、いい感じ。

ただ汗はすごいびっしょりかいていたので、
水をコップ2杯分くらいもらう。
もう走らなくていいのだから、歩く分には
横っ腹は痛くならないからしっかり水分補給。

でも甘いアクエリアスは最近とることができない。
補給については、やっぱり今後の課題になります。

花小屋
2017年本番:2時間38分
(設定ペース2時間40分)
(2017年試走:2時間45分)

花小屋手前からの岩場の区間、
先を進むランナーが多く、
やはり渋滞が発生。

ここでは、遠慮してはいけない。
自分のルートは自分で確保しなきゃならない。

脚を出して、岩場をつかんで頑張る。
山小屋を数多く通過するので
まだ気がまぎれる区間でした。


八合目関門
2017年本番:3時間40分
(設定ペース3時間44分)
(2017年試走:3時間49分)

ここでようやく、前回の試走より速く
来ることができたので、
完走を意識できる。

でも身体はギリギリだったのか、
足が上がらない、、、

周りのペースに比べて抜かれ基調になる。
それでも、ここで高山病、足攣りに
ならなければ、完走できるって考えて
置いてしまいました。

ここでダメなのに、ネガティブなことを
考えるようになります。

「来年 また挑戦するか???」
「いや 今年 完走する!!」
「ここまで来たら 絶対完走する!!」

佐藤小屋より上は給水しかありませんでしたが、
もはや給水しか取れない私にとっては最高の水でした。

苦しくなると深呼吸をして、ただ足を前に出して、
一歩ずつ一歩ずつ

そうしてようやく最後の鳥居が見える。
皆がゴールを目指す中、
kenは、写真撮っていたw
IMG_1824.jpg
真面目に歩けって

IMG_18271.jpg
すでに完走したランナーから
エールをいただいて、

170801-2.jpg
ようやくゴール!!
山頂
2017年本番:4時間17分
(設定ペース4時間20分)
(2017年試走:4時間25分)

どうにか山頂へたどり着くことができました。

レースレポ2へ続く。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カ、カ、カール?
くそっ。事前に言っておけばよかった(笑)
それにしてもあのケガから見事に復活。
完走おめでとうございます!

やっぱりクレイジーだ(笑)

Re: タイトルなし

アレキさん お褒めのお言葉ありがとうございます。
カール 関東行きだったので、
一番のお土産になるかなって思ってました。

アレキさんに6合目で渡して、カール食べてもらいながら
応援もありだなぁって思いました。
来年はやべっちさんに託すかなぁ。

クレイジーなんですけどこれでもう少し足
速かったらいいんですけどねぇ。
頑張ります!

No title

は、初音ミク?ふ、ふ、褌はだし?
・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
もう考えられない世界です。
あんな過酷なレースで・・・
それはともかく、山頂到達、
ホントにおめでとうございます。
きっとやり遂げられるだろうと
思っていましたが、さすがです。
kenさんのそのクレイジーさ、
素敵だと思うなあ~★

Re: No title

おぐらさん お褒め頂きありがとうございます
恥ずかしいっすw

まぁ褌はだしはほんと速かったですw
コース狭いし、ペース一緒だし
尻をガン見しながらのレース
ほんと不思議な体験でした。

少しでも走力つけて頭使って
クレバーに走れるよう頑張ります!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ノースリーブぐわTです。

エール交換ありがとうございました、また大怪我からの復活しての完走おめでとうございます!

きついレースですが自分も数日すると完全に思い出が美化されてまた来年出たくなる、不思議なレースです。

また来年以降もお会いできれば幸いです。

Re: お疲れ様でした

鍵コメさん 返信遅れまして申し訳ありません。
ありがとうございます。
また別途ご連絡させていただきます。

Re: No title

千葉県民ぐわTさん 返信遅れて申し訳ありません。
こちらこそトレランバックを担いで、ぐわぁTとは
見分けにくかった中、エールをいただきありがとうございました!

千葉県民さんの軽やかな走りに一歩でも近づけるように
頑張りたいと思います!

来年のチャレンジ ゼロ次関門前の
家庭の都合ですでにピンチですが、
もろもろ含めて挑戦 続けていきますので
どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示