小松エイドから四谷千枚田まで kenの奥三河パワートレイル完走記5

小松エイドに到着すると、早々に迎えてくれるのが
228_n.jpg
奥三河のかぶり水(大会公式facebookより)

特に汗を一杯かいたとか、
喉が渇いたとかではないけど、

身体には熱がこもっているはず、、、

と、ここでかぶり水2回 思いっきり
頭から水をかぶってリフレッシュする。

そうして、お出迎え武将とハイタッチして、
エイドへ入る。

183_n.jpg
エイド風景(大会公式facebookより)

そこで、自前の補給食代わりに
五平餅を1本まるまるいただく。
NEC_1235.jpg
かなり大きなサイズの五平餅だけど、
本来のサイズからは約半分らしい。

美味しかった!
自分、炭水化物やっぱり大好きだ。
まるまる一本食べて、

お隣には、お茶氷
NEC_1236.jpg
をいただく。
ちなみに、お茶は以降のエイドでは有りません。
四谷、棚山では水やスポドリはあるけどね。

ここでお茶が美味しいってことは
実はもう相当やられてるんじゃないか
って思う。

まだどうにか食べれているってことは
無理しなければ大丈夫。

まだ1/3 まだ1/3
こっからこっから、、、

自分自身を鼓舞するために、
NEC_1234.jpg
控えめに
「絶対完走!」

今思えば、この時点で結構
弱気になっていたのかな。

ってことで、約5分ほどエイドで休憩をして、
再出発する。

こっから先は岩古谷山を越えて、鞍掛山の
山頂手前でまちゃさんが待ってくれている。
んで四谷千枚田となる。

スタートしてすぐは登りのトレイル路になるけど、
まぁ普通に登れる。
でもやっぱり遅いみたいで、ここの登りで
抜かされていく。

ここから先の登りで抜かれるのは
ちょっと凹む。

下りで抜かされる分には
下りが下手なので、全然気にならないのだけど
(気にしろよって話ですが、)

登りのトレイル路が終わるといったん
アスファルト路になり、和市の登山口に

そして気持ちのいい下りのトレイル路に
なるんですが、足が痛み、やっぱり
抜かされまくり。

んでも、今考えるとこの程度の
抜かされ方 全然いい方だったみたい。

リスタートしたことを若干後悔しながら
進む。

所詮登り200m程度の山だから大丈夫
って自分に言い聞かせてべた歩き。

途中ここで大会公認私設エイドを出して
頂いているところで、水分補給をして、
進む。

まぁ進んでいると、とんでもない斜度に
かかった鉄梯子を連続して進み、
ようやく岩古谷山を攻略。

んで、次は鞍掛山を目指すんだけど、
ここら辺から自身の消耗をしっかり
感じるようになり、小刻みのアップダウン
でも、下りが走れなくなっている。

足首は当然痛みが続く。
もうこのころには、痛いのが当然だったので、

あぁこれはくじいて痛いのでなく、
痛いのは初めからなんだって
思うようにしたり、

実は痛くないんだって
思うようにしたり、
しました。

登りでは痛みはそこまで気になりませんが、
やはり下りでは着地ごとに痛みが
走る。

そして小刻みのアップダウンを繰り返して、
鞍掛山山頂へ向かう最後の登りの
途中で、

まちゃさんにあえたら、そこで、
鞍掛山を攻略だ

って思いながら、まちゃさんに会えるのを
楽しみに楽しみに進む。

そして、まちゃさんに会えないまま、
すごい急登で、

鈴の音と、男性スタッフの大きな声が聞こえてくる。

「鞍掛山 最後の登りで~す」
「これを越えると、下りだけで~す」
熊鈴「チリン、チリーン」


「鞍掛山 最後の登りで~す」
「これを越えると、下りだけで~す」
熊鈴「チリン、チリーン」


近づけばどんどん大きく聞こえてくる。

「鞍掛山 最後の登りで~す」
「これを越えると、下りだけで~す」
熊鈴「チリン、チリーン」
 

え え なんで なんで、、、
まちゃさんがいない、、、

まちゃさんは、、、

も もしかして、、、 こんな狭いコースで
まちゃさん 見逃した、、、(涙)

もちろん まちゃさんに会うために
今の道を戻るわけには行けないので、


大きな声で声援をくださる
スタッフにお礼をいい、最後の
急登をどうにか登り切り、
鞍掛山を攻略し、

四谷千枚田に向かって、
気持ちのいいトレイルを下る。

そうして四谷千枚田へ向かう途中で、
なんと











見逃したと思っていた
まちゃさんに発見していただく!

まちゃさんとの再会を
心から喜ぶ。

まちゃさんに記念撮影を
してもらうけど、

すんごい 笑顔だった。
写真見せられないのが
すごい残念だけど。

ちなみにこのまちゃさん
ポイントではブログ村メンバー
他にも撮影してもらっているんだけど、

らぴさんがかっこよく写っているんです。
らぴさん かっこいい。
元気一杯すぎてまさか
次でリタイアするなんてみえないんすよね。

とまぁまちゃさんポイントを過ぎるとすぐに、
四谷千枚田エイドに到着した。


ここではゼッケンナンバーを事前に確認して
エイドのおじさんが 名前で出迎えてくれる。

そして、 おじさんが親しみをこめて

「ken  おっ  奈良県 
奈良県からきてくれたのか
 奈良県 ならけん  おなら ぷっ」

ぷっ じゃねーよ

なんてもちろん口にだすような余裕もなく、
薄ら笑いを浮かべて、
ここでもかぶり水をしていただく。

ほんと気持ちよかった。
ここのエイド、エイドスタッフと、選手、応援者で
約50~60名位いたのかな?

ようやく人が多くなって一安心できました。

続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あらま。
ワシの伝え方が悪かったですねー。
鞍掛山を上って下りたトコに居ました。笑
アノ場所って、あまりスマホいじってられなくてトレイルサーチをあまり見てなかったので、誰が何時ころやってくるか全然わからなかったんですよね~。
そんな中に現れたkenさん、感動の再会でした。
しかも!
あんな怪我を押して走って完走だなんて~。
ほんと、OPT参加者の皆さまはタフです。
タフなランナーにアコガレます。

Re: No title

まちゃさん ほんと再会できたとき、
感激でした。
でも下りでお会いできてよかったです。
鞍掛山の登りでやられてましたんで(汗)

タフさですが、僕は
まちゃさんの食べ続けることができる
内臓の強さ 分けてほしいっす(切実)

いや ほんと前日から最後まで
ありがとうございました!!
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示