偶然の重なりは必然だったのかもしれない。 kenの奥三河パワートレイル挑戦記2

【17年4月25日 一部訂正済み】

今日で奥三河パワートレイル前の
ロング走は終了

っていっても、ロング走 ロード24㎞ですが、、、
NEC_1202.jpg
ベルギー シメイビール

普段お酒飲まないけど、今日は美味しく飲めました。
大会終了後、家に帰るまではアルコール断ちの
禁酒ですwww


kenの奥三河パワートレイル挑戦記2
【本編】

前回の記事では、参戦表明が主だったので、
エントリーできた理由がぼやけていました。

今回の記事2ではそこを掘り下げていきたいと思います。

今回の奥三河パワートレイルですが、
エントリー条件がありました。

大会HP抜粋
参加資格1)~2)を必須で満たし、3)~5)どれかを満たすもの。

1)18歳以上の男女
2)全コースを迷うことなく、制限時間内に完走できる自信がある者
3)過去3年以内に50キロ以上のトレイルランニング大会を
 1度以上完走したことがある者
4)ロードマラソン100キロ以上の完走者
5)奥三河パワートレイル第1回もしくは第2回大会において
 第2関門(四谷千枚田)まで到達した者.


です。
もちろん大仏様はお忙しいので
kenがエントリー条件を満たしているかは
確認されていないでしょう。

多分 大仏様は過去の私のトレイルアタックの記事を
ご覧になられて 「kenならいけるかもっ」
って直感でお声掛けいただいているかもしれません。

なので改めて、出場できるかどうかは
自己責任でちゃんと調べます。

【大会参加条件】
さてkenが出場する為には

1)18歳以上の男女
⇒これは問題なくOK 18歳以上の男です!!

2)全コースを迷うことなく、制限時間内に完走できる自信がある者
⇒ ごめんなさい、 正直言うと、エントリー時点では迷わないことについても
  制限時間内に完走できる自信についても半ば半々だと
  思ってました。
  
  なので、自分を奮い立たせるためにも、
  自信がありますって、大会事務局にはったりでも
  言えるようにしました。
  
 ⇒ その後、練習の積み重ねでギリギリだけど
    完走できるように練習してきましたって言えるまでに
    一応持ってきました! ということで2番もOK!!

ということで1、2を満たしました。
残すは3~5のいずれかを満たすについてですが、
改めて3~5を確認してみると

3)過去3年以内に50キロ以上のトレイルランニング大会を
 1度以上完走したことがある者
4)ロードマラソン100キロ以上の完走者
5)奥三河パワートレイル第1回もしくは第2回大会において
 第2関門(四谷千枚田)まで到達した者.

さて3)についてはどうでしょうか?
 過去3年以内に50キロ以上のトレイルランニング大会を完走しただろうか
  ⇒ 否、完走どころか50キロ以上のトレイルランニング大会に出場したことが
     ない。50キロ以上の大会となると、1泊が必須となります。
     年に1回程度しか遠征(1泊)はできず、
     富士登山競走で遠征(1泊)しています。
     なのでこれ以上の遠征はできません。
   
     ということで こちら ken は条件を満たさず。 残念

     ちなみに トレイルランニング大会は、
     2014年4月の大阪府チャレンジ登山大会(36㎞)を
     完走したのが、最長でした。

では5)はどうか 過去の奥三河パワートレイルで
           第2関門(四谷千枚田)まで到達した者

  ⇒ 否、到達どころか一度足りとて奥三河パワートレイルに
     参加したことないっすよ。
     大仏様、まちゃさん、ハンサムネコさんの記事を楽しく
     拝読させていただいた程度です。
     
     むしろ大仏様の第2回の記事を拝読して、
     「自分には出場はないわ~」って思ったぐらいです。

     なので 条件5)も満たしません。

そして残った条件 4))ロードマラソン100キロ以上の完走者

  ⇒振り返ってみます。これまでの大会履歴を、、、
    kenは 2014年10月に四万十ウルトラマラソン100キロ
    を完走していました。
    このレース エントリーが抽選で人気の大会

    ビギナーズラックで 初エントリー、初出走させていただいた
    大会で、ヘロヘロになりながらも完走した大会です。
    
    やばかった なぜかロードのウルトラマラソンだけ、
    過去何年以内とか条件が付されておらず、
    100キロ以上を完走すればよいとの事。

    なので 4)の条件を満たすことが確認できました。
    四万十ウルトラマラソンのおかげで
    奥三河パワートレイル エントリーへの道をつなげることができました。 

    3年前のウルトラの完走がまさかこんな形で出場資格を満たす
    ことになるとは。

【家族への理解】   
大会公式のエントリー要件は満足することを確認できましたが、
kenは大会参加が非常に限られるパターンが多く、
家族との相談が必要となります。

特にGW、盆、正月は、帰省しなければならないので、
kenの希望が通る余地はほぼありません。


でもなぜか今年は、GWが あんまりゴールデンじゃないw

カレンダー通りで行きますと、
4/29(土)4/30(日) で 平日5/1(月)・2(火)を挟んで
5/3(水)~5/7(日) までの中途半端なゴールデンウィークです。

5/1・2もお休みの人 羨ましい、、、

おおっと話を戻して私も家族もカレンダー通りの人なので、
帰省するとしたら、おのずと後半の
5/3~5/7となります。

ken「家族に5/3~5/7帰省した際は自由に予定を
組んでね」 

ken「その代わり4/29・30はマラソン大会に
出場させてねっ」

てお願いできました。

もしこれがゴールデンなGW(意味不明)だったら
もちろん帰省が優先となって
出場できなかったことでしょう。

【参加費用の捻出】
そして、かわすことができない、
エントリー費用(18000円)

こちらについても、
いつもは厳しいことを言われますが、

今年は残念ながら
2017 2月の京都マラソンに0次関門敗退、
3月の静岡マラソンも、家族行事優先でエントリーすらできず、

能都和倉万葉マラソンも、徳島マラソンも
(徳島マラソンに至っては、エントリーしたが、入金せず)
検討したが、参加を見合わせ、 

これまでは1~3月に1本は大会に出ていたのですが、

2017年1月~3月は参加していませんでした。

それがあってか、家族には、
ken「いつもなら京都マラソン走っているけど、
その分を回すわ~っ」

て家族からしたら意味不明の強気発言で、
奥三河のエントリー費用のねん出を絞り出す。

もしこれ、昨年見たく、京都マラソン、姫路マラソンって
走った後に、 奥三河走りたいっていっても
通じなかっただろうなぁ。

【自分自身の決意】
あと、大仏様がお導きをくださった際に、
合わせておっしゃったのが、

大仏様「今年(2017年4月)出ておかないと、
来年はブログ村からはエントリー少ないかも
しれませんよ」 
大仏「(大仏である)私は来年の出場厳しいですよ」

という後押しの言葉も非常に響き、
ぜひとも2017年4月で出場しないとって
kenを奮い立たせてくださりました。



ということで、

大会参加条件、
家族への理解、
参加費用の捻出、
自分自身の決意

ができて、ようやくエントリーできました。

kenにとっては、偶然がいくつも重なったうえでの
出場になりましたが、出場することが
実は必然だったのでは とも思えるようになったのです。


挑戦記その3へ続く。


にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「大仏である私」って何者?(笑)

Re: No title

パパさん ありがとうございます。
誤字脱字、言い回し これから訂正しまっすwww

ほんと誤字脱字多すぎですね。
一回投稿前に見直し必要っすねw
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示