奈良マラソン レースレポ4 10~ゴールまで

年末ドタバタしている間にもう 年始も始まって
世間はもう通常営業モードに、、、

自分も2017年モードに入りたい所ですが、
まずは奈良マラソンのレポを完成させないと、
2017年 スタートできないや、、、

ってことでさっそく もう1か月も前の奈良マラソンレポの続き。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

やべっちさんと一緒に走りながら、
kenはニックネームゼッケンをつけていたので、
ときおり 「けん 走れっ」
Tシャツを見て 高校生スタッフが 「ぐわぁぁぁ」って
言ってくれる。

こちらも大げさな手振り身振りはできないでも、
応援してくださる方を見て、小さく手を振ったり、
ガッツポーズをしたりしてお返しするようにした。

10㎞を通過すると、
しーやんさんと女性(のちのち秘密兵器さんと判明)とカステランさんが
応援してくださるところを通過。

お久しぶりのしーやんさん ぐわぁTを着てサングラスかけて
応援してくださり かっこいい と思った。

あと二人してキロ5だったので「遅いっ!!」
って怒られずにすんでよかったww
ちょっと一安心、、、

んで、こっから先天理の上り坂まで微妙に下ってくる。
ちょうど距離も10㎞を過ぎて、ランナーズハイになり、
スピードに乗りやすいところなんだろうな

ペースはキロ4分50秒~53秒程度をガーミンが
示しているのに、

バンバン抜かれだす。 いやほんとマジで、、、
その抜かれっぷりに 確かに焦りだす。


しかも ついていくっておっしゃってた
やべっちさんも、真横に いや 少し前方に
出るようになっていたため、本当に、
やべっちさん 絶好調かも、、、って勘違いしてました。

ガーミンが4分40秒~45秒を示してくるようになると、
さすがに、今 ペースを上げるよりは、
行きの登り、もしくは復路の登りに備える方が
いいんじゃないかって思って、

やべっちさんの前に出て、まずはジェスチャーで
繰り返し手を上から下に下げて、
「速いですっ」って抑えるように促す。

どうやらやべっちさんは無意識に速度が出ていたようで、
この時の判断は正解だったようだ。

フルマラソン ハーフまでのペースアップは
アドレナリン ドバドバに放出するのか、
無敵のスター状態になる感覚に近くなるので、
気持ちいいんだけど、

後半持たなくなると、つらーい後半失速が来るので、
前半のペースアップの使い方はほんと難しい。

後半失速のレース 失速幅が大きければ大きいほど、
その走れなさっぷりにふがいなくて、つらくて、次のレースが
恐くなるトラウマまで抱え込む可能性もあるので
注意しなくちゃって最近思えるようになった。

んで周りがガンガン加速して僕らを追い抜いていく中、
僕らは抑えて抑えて4分55秒~5分位をめどにやっぱり
巡航。

んで今回のレース 給水をしっかり取ろうって
思っていて、
やべっちさんは何回も見ていただいたけど、

今回キロ5で走ること自体は
30㎞走、35㎞走をしていたので、余力を感じるくらい

なので、給水所では、コップをとって歩きながら飲むことに
自分 給水苦手だし、むせてそのあと
えずきながら走るの嫌だし、
コップ半分くらいを歩きながら2~3口程度で
しっかり飲んで、コップを捨ててから
走りました。

もちろんやべっちさんは走りながら飲むので、
一気に20m位 差が開きます。

それを給水の度に繰り返すものだから
不思議に思われたかもしれません。

朝 ちょーみんさんに教えて頂いて
ちょーみんさんの奥様が
15㎞手前くらいで今年も応援してくださる
ことを伺っていたために、
きょろきょろしていると、

ちょーみんさんの奥様 いてくれました。
5月の大台ケ原以来で
懐かしく

「ちょーみんさんの奥さん お久しぶりです。
応援ありがとう~」


ってお声掛けできればよかったのですが、
走りながらでた 言葉は
「おひさし~」

だけでした。
いや 走っているときに文章は無理だって、、
単語しか発音できひんって、、、

ちょーみんさんの奥様
なれなれしい挨拶で申し訳ありません。
わざとではないんです(涙)

ちょうどこのあたりで、
台湾にいるコッコさんの誘われた
冝蘭ハーフマラソンでご一緒させていただいた
やっさんに 追い抜かれる。

おぉ~ やっさん 速いっすね~
って言いながら やっさんの背中の
トレードマークの〇好を無理に追いかけずに、

遠くなる背中を眺めていた。

それからやべっちさんと
楽しく巡航を続けて

ハマーさんとマッキーさんと
今の葉狂死郎さんがいる白川大橋前の
登り坂に近づくと、
登り坂でもキロ5で巡航して
ペースを落とさない二人は

一転してガンガン追い抜き基調に変わる。
やっぱり追い抜き基調は気持ちいいね。

天理教のお墓の往路出口付近に
見るといつもはかおりんさん率いる応援団がいる箇所が
今年はさびしい。

いやわかっていたことだけど、
と通過して、

その先のハーフ地点を
1時間43分 で通過
ペースは 4分53秒/㎞

前半はいい感じ。

そこから坂を下って、天理の市街地へ、、、
速い人はもう折り返してすれ違いが始まる。

んでサブ3ペーサーを越えてから
おぐらさんを応援しようと、目を凝らすも、
またしても やべっちさんと 二人して見逃す(涙)

一度ならずも二度までも、、、
うーん 悔やまれる。

ここでおぐらさんとの差が確認できれば、
追い上げもと考えていたけど、
想像以上のペースで走られていたようで、
きっとおぐらさんを発見しても、追い上げは
諦めていただろうな。
それぐらいいいタイムでしたものね!

んでやべっちさんと巡航して、
ちょうど折り返した じぇーてぃーさんを発見する。

さすが、ぐわT 探しやすい!!
300~400m位かな じぇーてぃーさんには追いつけるかもって
思う。

んで、やべっちさんと二人折り返して、
やっぱりキロ5で巡航

25㎞地点を通過して2分くらい走ったところでサブ3.5ペーサーを見る
うん 5分くらいのアドバンテージはあるみたい。

と サブ3.5ペーサーとすれ違って1分くらいしてから
すぐにユキさん、その後ろにやまけんさんがとすれ違った。

ユキさんもやまけんさんも 速いな~
後半失速したら抜かされるかも なんて不安になった。

ここでおぐらさん、じぇーてぃーさん以外の皆様と
エールの交換をさせていただく。

天理の山の辺から豊井町のストレートで
ピカチュウに扮するかおりんさんを発見。

かおりんさんとエール交換をして
少し間をおいて、やべっちさんへの
エールが聞こえる。

もうこの時点で27㎞位の為、すこしずつ、
やべっちさんと距離が開きつつあることを
確認する。

キロ5で行かなくても、サブ3.5を目指すのであれば、
ペースを下げるべきだし、
はじめに言った通りにするなら、あくまでキロ5で
ペース維持をする。

んで選んだのは、 あくまでキロ5で巡航。
やべっちさんにとっても、その方がいいはず

と勝手に考えてキロ5で巡航

さよなら やべっちさん、、、

涙の別れを乗り越えて
天理の坂をキロ5で巡航

35㎞まではキロ5で走り続ける事が
できると思っているので、
この辺はまだ心も身体も余裕あり。

天理の坂を越えて、下り坂で
ぐわTのじぇーてぃーさんを発見。

そーっと 横に併走するも、
かなり苦しそう、、、

一言二言ご挨拶して追い抜きさせていただく。

じぇーてぃーさんと併走できるかなぁと思っていたけど、
思惑が外れて、

30㎞超えてから おぐらさんに追いつけるか?

って考え出す。

30㎞通過は2時間27分

そろそろ疲れがでてきた頭で頑張って計算

3時間20分でゴールするためには、
残り、12㎞ 53分 
1㎞4分30秒 2㎞9分として、
54分、、、  あぁ あぁ たりねぇ、、、

単体12㎞であれば、4分30秒/㎞はいけるけど、、、
フル残り12㎞で 35㎞までしか走ったことがない上で、
さらに4分30秒以上で走るなんて無理だぁ~

ってざっくり計算して諦めた。
頭の中で
「おぐらさん 頑張れ~」ってエールは送っといたw

その後、心持ちペースアップして、
35㎞を越え、2月以降越えてなかった距離を越えて

走っていると、
見覚えのある背中を発見
 〇好 のトレードマークのやっさん発見!!

徐々に追いつくことができて、
後ろにちょこっと併走して

追い抜くさいに台湾でのエール交換
「加油! 加油!!」 

って応援すると、やっさん びっくりしながら
こちらをみて、私を認識すると笑顔になってくれた

そしてすぐ、痛そうな顔をされていた。
少し足を痛めているようでした。

2~3言 話をして 各々のペースで走り出す。

そういえば、沿道の声援でも
「加油 加油!」って
エールを送ってくださっている方も
おられました。

35㎞を越えてから
急な失速を心配しながら、
やっとのことで、
37㎞のストラトさんが
エイドしてくださるポイントに到着。

そこで見たストラトさんは
若い女の子に囲まれていはった。

羨ましかったwww

ストラトさんにエールをいただき、
残りも身体は思ったより好調で、
4分40秒~4分50秒/㎞程度で
走るのがとても気持ちよかった。

いつもなら、35㎞以降は失速して、
それに少しでも抗おうとして
苦しい中、走っていたのだけど、
この日は本当に走るのが楽しかった。

ストラトさん、し~やんさん、カステランさん、秘密兵器さんの
エールをいただいた後、奈良公園に帰ると

やべっちさんの奥様にエールをいただいた。
私一人だけの通過だったので、
やべっちさんがついてきていないことに
ご心配をおかけしたかもしれません。

そうして知り合いに全て笑顔でお答えできたなぁ~
って思って油断していたところに

40㎞地点で takeさんが待っていてくれた。
takeさんとエールを交換をして
最後の2.2㎞も気持ちいい速度を保ちながら
競技場をゴール。

3時間23分 

タイムこそふるいはしなかったものの
こうして久々のレースを楽しく走らせていただきました。

ゴール後に、まったく発見できなかった
おぐらさんと合流ができ、
おぐらさんの目標達成を伺い、
3時間20分切りができても
到底追いつけなかった事を
教えた頂く。

おぐらさん 本当におめでとうございます!!

そうしておぐらさんが
やべっちさんを待つとのことなので、
ご一緒させていただく。

やべっちさんを待つこと数分

先に 台湾からのやっさんとも合流し、
やべっちさんのサブ3.5をハラハラしながら
待つ。

そしてやべっちさん登場

そして気になる結果は、、、

惜しくも ちょっとこぼれてしまったみたい、、、

もしあのままペーサーを続けていれば、、、
前半もう少し押さえたら 
とかいろいろ考えましたが、そこは
結果論、、、

やべっちさんと一緒に走れて楽しかったですw

~奈良マラソン レポ5に続く~

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あの坂、キロ5で行ったんですか!
そらキツイわw

それでも脚残ってるのは流石です

No title

ホントーに何で、すれ違えなかったんでしょうね。
天理では、教団本部に右折しちゃってたかな。
じぇーてぃーさん、kenさん、やべっちさんは
一度もおみかけできませんでした~(>_<)
ゴール後お付き合いいただき
ありがとうございました。
やっさんともお会いでき、大変嬉しかったです。
最後になりましたが
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

Re: タイトルなし

りょうたさん 返信遅くなりましてすいません。

ほんまに脚残っていてよかったです。
もしかしたら最後の1㎞の坂でバテてた
かもしれません。

それでも坂トレは富士山に向けて
再開しようと思います。

Re: No title

おぐらさん 返信遅れて申し訳ありません。
お会いできませんでしたね~。
ちゃんと探したんですよ。

昨年は一年前から目標設定され
それを練習を積み上げ達成された素敵な
おぐらさんをまじかで見ることで、
モチベーションをいただきました。

こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示