富士登山競走試走 五合目佐藤小屋から本八合目富士山ホテル編 レポ4

自分としては珍しく写真を大量に載せて
レポを書いていますが、

これは一杯写真を撮ってくださった
やべっちさんのおかげ
写真活用させていただきました。
ありがとうございます。

こちらはとりあえず、体をずっと動かすことを
目的に頑張る。

本番、写真は非常に少なくなります。
なぜならガチだからwww

もしくは渋滞にはまって、写真撮っているかもしれません。
いやそんな余裕があるなら、前進めよって
感じなので、本番のレポはきっと文字ばっかり、、、

もしくはこの試走時の写真を使い回すはず、、、

下から本編始まりますが長いので、
まずは先に押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

**********************
ここから本編へ

佐藤小屋を無事に通過したkenが目指すは
もちろん山頂

初めてのkenにとって、不安箇所は一杯

◎八合見えてから関門のある
 本八合の富士山ホテルは長いよ
 
 
 それって、東海道新幹線でいう
 静岡県入ってから抜けるまで長いって感じ???

◎高山病になるかも、、、

 一応去年槍ヶ岳(3180m)には登頂したけど、、、
 やっぱり一年前だしねぇ

◎花小屋からの岩場は厳しいよ
 
 三点支持をしながらの登頂って
 どんなんなんだろう

ってことが心配でした。

【五合目から山頂まではこんな感じで
山小屋があります。】


20110728002.jpg
山頂までの地図 

IMG_6333.jpg
まず目指すは星観荘だって
ことで進む、すぐに着いたwww
 まぁ写真を一枚撮り通り過ぎる、、、

IMG_6337.jpg
んで進むとまだここはトレイル路の延長
ただ道幅は非常に狭くて、ペースが遅いと
渋滞してそうなコースですね。
せっかく走れそうなんですが、、、
あせらず足と心肺を休憩させるのがいいと思います。

IMG_6341.jpg
銅像を越えると、、、

IMG_6343.jpg
六合目手前で一気に視界が開けます。
天気がいいと山頂まではっきり見えます!!!

あの山頂まで登るのかと思うと少し不安に、、、

IMG_6348.jpg
正面に見えるプレハブ小屋で
協力金を支払うと今年は木札がもらえます。
去年は缶バッチでしたね。
富士登山の記念にするのもいいかもしれませんね。

IMG_6354.jpg
ここから花小屋の手前までは
砂礫の九十九折を進みます。

IMG_6356.jpg
この砂礫が非常に足を滑らせ、
歩くにしてもペースが上がりません。
両端を歩くのがいいかもしれません。

道幅は広くなりますので、
人のいないところでは追い越しのチャンスになりますね

すいません 自分は全然走れませんでしたけど、、、

IMG_6360.jpg
んで山小屋が近づいてきたら、
とうとう岩場が出現。

岩場 結構楽しい。
砂礫 嫌い
岩場 やっぱり楽しい


岩場に知らぬ恐怖心を抱いていましたが、
全然大丈夫でした。

去年 南岳から北穂高を進んだルートの
方が怖かったなぁ と思いながら
岩場をつかんで楽しんで進みます。

NEC_0877.jpg
んで 花小屋到着

NEC_0878.jpg
んで 日の出館 到着

一度山小屋が現れ始めると、
群をなしているので、気分転換になりますね。

NEC_0879.jpg
んで七合目トモエ館に到着。

IMG_6362.jpg

時計を見ながら、25~30分おきに給水を
心がける。

標高が上がるにつれ、気温が下がり、
汗はあんまりかいていないけど、
身体を動かし続けているので

不感蒸泄により知らず知らずに水分を失い
給水を怠り、脱水になるのを防ぐために
のどが渇いていなくて給水・給食をとる。


IMG_6364.jpg
んで鎌岩館に到着 

IMG_6366.jpg
んで 赤い鳥居の鳥居荘に到着
 あれ 富士一館 見逃してますねwww

IMG_6367.jpg
ここの登山道は砂礫が少なく
履いてきたトレランシューズが岩場にグリップして
登ることができました。

また登山者はこちらの気配に気づくと
道を譲っていただけましたので
助かりました。

まぁほっそい岩場ではもちろん待ちがありますけど、、、

IMG_6368.jpg
んで やべっちさん注目の東洋館に到着

しきりとやべっちさんが
東洋館は 標高3000m!!
っておっしゃってはりました。

まぁそんな東洋館も通過して

NEC_0883.jpg
とうとう八合目 太子館3100mに到着
やっと来た八合目に嬉しくなる。

残り標高約600m

標高だけで言えば、八経ヶ岳での
天川村役場から道路合流までの地点で
あと40分くらいかな って思えるようになる。

IMG_6376.jpg
身体は動いてくれるので、岩場は
身体がきついながらも進める

IMG_6377.jpg
んで蓬莱館へ到着

IMG_6378.jpg
岩場は少しなくなり、砂礫の道になったりしながら
とりあえず、息が切れない程度に前進し続ける。

IMG_6382.jpg
んでとうとう白雲荘へ到着

IMG_6388.jpg
ここまでくると本八合目の
富士山ホテルはあと少し

写真右上に トモエ ってかいてあるの読める?

NEC_0889.jpg
【拡大】
ここが本八合目 富士山ホテルの上にある
本八合目トモエ館


ちなみに私はこの時、トモエ館が
2つあることを知らずに少々パニックに
なってました。

なんでさっき通ったトモエ館(七合目)が
また出てくんねん

もしかしてクッパ城の無限ループに
はまってしまったか 


ちゃんと八合目に進んでいるのに不安になる。

NEC_0887.jpg
んで八合目トモエ館の下の下の
元祖室に到着

IMG_6392.jpg
そんで kenは気付けず、
本八合目 富士山ホテルを通過しました。

IMG_6393.jpg
他の山小屋に比べて富士山ホテルの表示が
kenにとってはわかりにくかったです。

なのでラップ取り損ねました (汗(汗
写真の時刻から

五合目から本八合目まで
約1時間40分 程度で到着しました。
ペース的には ぎりぎりの感じですね。


ここまで息が苦しくなることはあれど、
脚攣りなどの兆候はなく、まだまだ
動くには支障ないような感じでした。


次はとうとう山頂へ!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東洋館!去年弟家族と宿泊しました。
なつかし~♪
去年のブログ読み返しちゃった。

それにしても登るの速いね(笑)
私ら東洋館まで3時間40分もかかったよ^m^

続きも楽しみにしています♪

Re: No title

かおりんさん 私もかおりんさんの
記事読み返しましたよ。

子供のサポートお疲れ様です。
この日も小さな子(一番小さくて幼稚園年長さん)
連れの登山の方 いました。

かおりんさん 富士山の山小屋で泊まって
星空、ご来光を見るのは格別やと思います。

こちら登山客に比べてペースが速いせいかもう
すでにルート忘れてます (汗)

コメありがとうございます。
やっぱりコメントいただけると続きも
頑張ろうって思えます!!
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示