京都マラソン レポ1

前日の雨も当日はやみ、
雨が降ったおかげか、朝の冷え込みもましでした。
少し暑いくらいのスタート地点。

11℃あるよっていってたかな。
あついじゃん、、、

スタートブロックへは
8時10分くらいに並んだかな。

ネットでいけて、グロスでいけなかったら
悔やんでも悔やみきれないと思ったので、、、

前回の奈良同様、じぇーてぃーさんと同じブロックでしたので
じぇーてぃーさんと一緒にスタートに並ばせてもらいました。

やはり一人より二人、安心感あるわぁ~

同じブロックにはゆるりんさんや他にもおられたんですが、
見つけられず、、、

10℃を超えるレースにはアンダーにロングTは暑いと思ったのですが、
やはり暑かったです。これからはアームゲイターにするか???

まぁ記事にも何も書かなかったけど
今年は去年より遅いわけには
行かないなと思って去年のペースは
上回ろうと考えていました。

スタートしてから順調に走ることができて、
1㎞の表示ごとにラップを確認しましたが、
4分10秒程度でペースを刻むことができ、
好調だな と勘違いしたほどでした。

しかも4分10秒程度で集団が出来上がるので、
少しきついくらいについていくのが
ちょうどいいやと考えて走りました。

5㎞、20㎞のブログ村応援団の前は
元気いっぱいで通過したのですが、

ハーフの通過が 1時間28分51秒
この時点で前の集団から自分だけこぼれているのが
わかりました。

あぁペース落ちてるわ と
ハーフ過ぎから抜かされているのが
わかりとてもじゃないですが、
上げることができませんでした。

27㎞の植物園前には
去年はかおりんさんが応援してくれた地点で
ボランティアに扮する
あ 違った 京都マラソン ボランティア
で参加のし~やんさんにエールをいただき、

タッチして通過するも、瞬間的に元気になって
植物園を走るも、植物園の中をおち行くラップを
見ながら、
30㎞地点にいるやべっちさんにどのツラ下げて
顔合わすねん と考えながら走っていました。

鴨川河川敷沿いを走ると、
初めましてのぐわぁTを着たハマーさんにエールを
いただき、河川敷に突入。

河川敷は疲れた足にやさしく、それに甘えて
ペースが下がり、30㎞通過時に貯金を食いつぶしたのを
確認しました。

そして登場、同県のやべっちさんに
エールをいただき通過するも、この時点から
足が動かず、ペースを上げられず、
昨年の二の舞を感じていました。

1㎞の通過するタイミングが体感的に遅くなると、
やはりだめですね。

ここからはもうランナーも非常にまばらなため、
ぐわ や けん といった感じで声援を
くださるんですが、それにもこたえられないくらい
になってました。

鴨川河川敷沿いを終えると、すぐに
レインボーアフロ着用のえむさんにエールをいただき、
京都御所そばを通りぬけ、
京都市役所を通過した35㎞時点では、
2時間30分

そして36㎞目の1㎞ラップが5分30秒を見て、
もう足が前に出ていませんでした。

肺が広がらず、ちょうどこの地点で
ランナーさんからエールをいただきましたが、
お返事できず申し訳ありません。

また31㎞付近でゆるりんさんにもエールをいただきましたが、
やはりお声掛けできず申し訳ありません。

いわゆるゾンビがボロボロになって一応走ってました。
そして37㎞で再度やべっちさんにエールをいただきながら
京都大学、今出川通りを目指して走り、
その地点では、おなかが痛くなって、
トイレに行こうかどうか悩んでいました。

39㎞地点ではトイレは見つけられず、40.5㎞地点では
さすがにあと2㎞は走ってから行こうとおもい
がまんできました。

そして41㎞地点ではやべっちさんに併走しながら
エールをいただき、どうにか、
3時間一桁を死守してゴールできました。

もちろんゴールしてからすぐにトイレに駆け込みました。
満身創痍でのゴール 

ゴール後にインタビューを受けましたが、
去年のタイムを更新できず悔しいです
っていったので カットされているでしょうね。

いい絵ではありませんから、、、

レースは終わりましたが、
12時10分にゴールしてから
17時30分スタートのアフター会場までの
珍道中がここからはじまるのでした 。

続く。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

kenさんお疲れ様でした。フルは難しいですね。データだけ見ると後半のスタミナになりますが、絶対的スピードがあると走りに余裕が生まれて来ます。スピード、スタミナ両方取り組んでください。まだ若いのでチャンスはいくらでもあります。

Re: No title

k.takaoさん いつもありがとうございます。
富士登山の前にサブ3いけるかなと
思いましたが、実力不足でした。

アドバイス通り、最大速度の向上と、後半のスタミナ作り
をしっかりやっていきます。

今回、大都市マラソンだから救護していただけましたが
富士登山でこのような走りをすると生死に関わりますので
4時間30分のフルより長い山頂コース 今から
作戦立ててトレーニング積んで富士山頂目指します。

No title

北山通を左折して、人垣もなくなって、あのあたりちょうどジェル補給にいいポイントですね。ハイタッチしたことでジェルを落とされないか心配しました。
こちらは勝手なものであの時点で達成を確信しておりましたが、いやぁマラソンは奥深いですね。レポ2を拝見すると、そこまで追い込まれたんですか。すごいです。

Re: No title

タムタムさん 毎年ありがとうございます。
今年も会えるかなぁ~ って思いながら走っていました。
来年もお会いできるように今から祈っておきます。

鴨川沿いに入る手前は応援とランナーの距離がホント
近くて応援 励みになりました!!
ありがとうございます!!!
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示