大晦日 季節外れさんとの32キロ サドンデスラン レポ3

魚津城の戦い 野戦 
季節外れさんとの32㎞サドンデスラン

【ken】
21㎞:4分25秒
22㎞:4分24秒
23㎞:4分21秒
24㎞;4分37秒


登り坂を利用して、20㎞のラップが
落ちたため、それを利用して、前を
引っ張る形でペースダウン、、、

そして、堤防の登りとトンネルをくぐるための
短い下り登りの際に、季節外れ氏との距離が
広がっているのを、足音、呼吸音で知る。

たいていはトンネルをくぐってからの登りで
少し引き離して、長大な緩やかな下りで、
季節外れさんが追いついてくるのだが、
どうも追いついてくる気配がない。

そして時計が示すラップは
下りが4分25秒程度 

当初の設定ペースということで、
イーブンペースを心掛ける。

後ろを走る季節外れさんとの足音、呼吸音は
一定距離を刻んでいるように感じる。

緩やかな下りを終えて堤防を降りると、
ペーサー交代まで残り1㎞

今の距離だと、ペーサーの交代をするには
少し無理があるか、、、

自分も決して余力があるわけではないので、
すこしずつペースを下げて、季節外れ氏との
距離を縮めていく。

そして6周目 先に私のGPSウォッチが
24㎞の鳴動を鳴らすと同時に、
そのあと約150m程度で季節外れ氏の
GPSウォッチがなるまでの間に
急速にペースをダウンさせ、季節外れ氏との
距離を極端に縮めて走り、

季節外れさんの時計が鳴るのを聞いて
すぐに先頭を譲る。

【季節外れ氏】
25㎞:4分45秒
26㎞:4分37秒
27㎞:4分38秒
28㎞:4分58秒

ラップタイムを確認すると、いつもの
季節外れさんの30㎞走の後半10㎞の
ラップタイム付近になっていることを
確認し、ここから最遅ラップ5分を
切らないように走るだろうと踏んだ。

そしてこちらも疲れで身体は非常に縮こまり
脚は出ない、腕は触れない、肺は広がらない、
ペースが下がったからか若干寒い、、、

と奈良マラソンの35㎞以降のペースダウン
の再現となった。
それでも、まだゴールはまだ6㎞先、、、
走り続けないと、、、

前を走ってくださる季節外れさんに甘えて
完全にくっついて走らせていただいた。

もちろん、季節外れさんもこの7周目を
ペースダウンさせ、体力回復させているかも
と考えていた。

この考えが生じたのはやはり先の
18㎞、19㎞での パンを食べながら
サブ55ペースである4分一桁で
いきなりのペースアップに恐怖してのものだった。

いま思い出しても恐怖。

30㎞走ラスト2㎞での フリーでのタイムではなく、
なんで途中、なかだるみする真ん中で
あそこまでペースアップできるのか???

しかも食べながら、、、 
ウルトラC級の技を見せつけられるとさすがに
身体は恐怖を覚える。




ペーサーを譲るというとこちらに余力がありそうだが、
こちらもギリギリで、次の1周で終わりにしますか
と提案しようかとも考えたが、

ここはサドンデス、、、
つぶれるまでやるだろう、、、


そして前を走る季節外れさんはまだ勝負している。
当初の作戦通り、この7周目を食いつけば
と愚直に後ろをひた走る。

すでに走り始めて1時間45分が経過
会話はまったくないが、楽しい。

相手の足音、呼吸音を感じながら走ることができ
各自の目標に向かって頑張る同士を
肌で感じられることが嬉しかった。 


【ken】
29㎞:4分48秒
30㎞:4分28秒

やはりエネルギーはまったく残っていなく、
ミッドフットを意識するが、堤防への登りに
力強さはなく、それがそのままペースが伸びない
結果になっているが、

この堤防への登り、トンネルへの下り登りで
季節外れさんの足音、呼吸音は聞こえなくなり、
勝利を意識し始めた。

【フリー】
31㎞:4分37秒
32㎞:4分40秒
32.6㎞:2分54秒(AVG4分54秒)

堤防への下りで折り返して、季節外れさんとの
距離を目視。

かなり距離は外れているが、こちらもペースは
相応にダウンしており、フリーで1キロ4分で
走られたら追いつかれるな。 

そう思いながら、フリー とはいいつつも、
動かない身体をペースアップは無理としても、
ペースを維持しつつゴールして辛勝。

ほどなくして季節外れさんもゴール。

二人にとって、長い32㎞サドンデス走が終了、、、

合計32.6㎞ 2時間22分43秒 AVG4分22秒/㎞
赤字 1㎞当たりサブ3ペース以上にて塗り分け



しばし休憩をして、今回の勝負を振り返りながら、
ダウンを兼ねて攻城戦の地であるキッチン季節外れまで
約2㎞のダウン、、、

ダウンジョグをしながら
季節外れさんが話しかけてくださるが、
力を出し切った私は、ダウンジョグですら精一杯、、、

そんな中、横断歩道の手前で、

季「赤信号になる前に渡りますよ!!」
いきなりのペースアップ

千切られると、キッチン季節外れに行けないので、
涙ながらについていく。

やべっちさんなら
わかっていただけると思いますが、

富士登山競走試走で
登りの試走で出し切った為、帰りの
富士下山競走(五合目から吉田庁舎)の
下りのRUNで力なく、やべっちさんについていけず
千切られそうになったあの感じ、、、

富士登山競走 五合目コース本戦で
本戦で出し切って、五合目の下りの
シャトルバスの中で倒れこむ、力尽きたあの状態

この日も力を出し切り、
同じ距離を走った季節外れ氏に
ダウンジョグで千切られ、
待っていただきながら
ほうほうのていで、キッチン季節外れに到着。

この時点でお腹のみならず身体の調子が
あまり良くないことは実感していました。

野戦の部 完了!! レポ4に続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやいや、富士山試走で下山するとき、kenさんまだまだ余裕でしたでしょ?w
あれだけ自分と走力に差があるのに何言ってるんだかw

Re: No title

やべっちさん今年も宜しくお願いします。

富士下山の時、中の茶屋以降、
ほんと危なかったんですよ。
異様に無口になった時、大抵ピンチですww

そういや生駒ボルダーでも、やべっちさんに
千切られましたね。

今年もいっぱい遊んでくださいね!
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示