ken 北アルプスを目指す 2(槍ヶ岳)

今回の登山計画を計画するにあたって参考にした本は
定番の 昭文社の 「山と高原地図」 ではなく

買いに行ったときにピンポイントで売り切れていたので、
JTBパブリッシングの 「山歩き安全マップ2」
の北アルプス南部・中央アルプス・御嶽山 ベストを購入して勉強

この本、見開きに 北アルプス南部の登山地図が切離しできるように
なっていたので、カラーコピー等取りやすいなと
思いました。

槍以外の山々も乗っているので、槍周辺を今後も登る
場合は使えるなって思いましす。

んでその登山地図に記載されている歩行時間は、
「休憩時間を含まない、30~40Lバックを背負って
 40~50代が歩くこと」
を想定との記載があったので、

この時、kenの登山スタイルは
7Lのトレランバックに、30~40代ということで、
歩行時間の記載から約半分から2/3程度かなと
考えていました。

登山センター ⇒ 穂高平小屋
3時43分    ⇒ 4時9分 (区間時間26分) 

この区間は車も走れるような、2車線幅の
ある未舗装、舗装された若干の林道を行きます。
イメージ的に富士登山競走でいうと
中の茶屋から大石茶屋程度の斜度で
ほとんど未舗装区間のような感じです。

走れるので、走りました。

P9211890.jpg

穂高平小屋 ⇒ 奥穂高岳登山口
4時9分 ⇒ 4時27分 (区間時間18分)

穂高平小屋から奥穂高岳登山口も
林道歩きとなるので、ガシガシ進む。
夜明けまで時間がありますが、LEDライトで
十分に足元の明るさが確保できて、
走ることができます。
ここらはまだまだ余裕です。

P9211894.jpg

奥穂高岳登山口 ⇒ 滝谷避難小屋
4時27分 ⇒ 5時6分 (区間時間39分)

ここらで看板を見ると、渡渉ポイントを確認。
P9211895.jpg

奥穂高岳登山口を超えると、
しだいに道は細くなり、登山道となる。

いい感じで走れる程度のトレランコースに変わっていく。
そして進むと渡渉ポイントが出現。

白出沢の渡渉ポイントは 前に先行者がいたので、
その方たちに進むルートを教えてもらい、難なくクリア。

そして時計を見ながらまだ夜明けには早いなって時刻に
滝谷避難小屋に到着。

ここは夏にコッコさんから危険ポイントであると教わった通り、
無理やり渡渉しないように慎重にあたりを見回す。

あった。 あった。 橋が架かっている。
無事に見つけて難なくわたることができた。

そして渡渉した先には 槍平小屋にて
設置された 滝谷ライブカメラがありました。

橋の状況や沢の水量などを確認できるよう
設置されたようです。

どんどん便利になりますね。

P9211897.jpg

滝谷避難小屋 ⇒ 槍平小屋
5時6分 ⇒ 5時32分(26分)

槍平を目指す道中、夜が白んできます。
LEDライトを片付けて、視界が確保されると
ペースが上がっていきます。

P9211900.jpg

P9211901.jpg

朝焼けをぱちりと1枚

そしてほどなくすると、木製の
歩道が出てきて、槍平小屋に到着しました。

P9211902.jpg

ここまでは斜度もきつくなく、一気に来てしまいましたが、
スタートからすでに2時間。

まだまだ序盤なので、ここで
おにぎり1個と水分をとり、ここから先の
登山に備えるのでした。

P9211903.jpg

そうそう 季節外れさんが9/20 にアタックされた
南岳へは 槍平小屋から 南岳新道を進みます。

私は槍ヶ岳へ登るために進みました。

続く(次はいよいよ 槍へ登るのかな?)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示