ken 北アルプスを目指す 1(槍ヶ岳)

とうとうこの日がやってきた。
お盆に挑戦しようとした槍ヶ岳登頂。
あいにくの雨と準備不足で断念、、、

今シーズンアタックするなら、この日しかないと
決め打ちしていた。

北アルプスは そのランドマーク的存在
〇槍ヶ岳 (標高3180m)

9月21日(月) シルバーウィークのど真ん中
もちろん車が止めれるかどうか心配もしていたが、
そんなことは行ってみないとわからない。
まずは行かないとってとことで、

21日(月)午前0時30分起床
1時頃 石川県を出発。
高速を利用し、富山ICでおり、
後は 下道をひた走る。

途中、コンビニで補給食を購入。
おにぎり3個。 いつもなら薄皮あんぱんなどを
持っていくのだが、パンは体積の割に
軽く、大きいので、 7Lのトレランバックには
場所を多くとってしまう。その為、
おにぎりに変更。

山の上でしゃりばてだけは許されない。
動けなくなっても自力で動くしかないんだから、、、

初めて行くので、余裕をもって走ったが、
2時50分頃、新穂高温泉
登山者用無料駐車場 第1パーキングに到着。

そこには 満車 の文字が、、、
そして警備員の方がいる。
あぁ これは入れないな、、、

そこで、警備のおじさんにお話を伺う。

警「ここは一杯だよ。鍋平も一杯になったって
 連絡がきた。だからその横にある
 有料駐車場に止めて 300円だから」

第1駐車場に止めれなかったため、
警備のおじさんに質問する。

私「第2駐車場はあいてますか?」

警「そちらは行ってみないとわからないよ」

との事で、お礼をいい、第2駐車場のある
新穂高登山指導センターへ向かう。

そこでもやはり駐車場は 満車 の表示
なので、教えていただいた有料駐車場を目指す。

トンネル通過点まで戻り、上り坂を登っていく。
道中、路肩には、駐車できなかった車であろうか
路駐している車で幅2車線の道路の両脇に止められ、
実質1車線程度の幅しか残されていなかった。

これ指導センターまで舗装路で行くのもしんどいな
そう思った。 そして行きはいいが帰りは辛いな
とも思った。帰りの際は、鍋平へのロープウェーが
動いている時間に帰りたいな。そう思った。

ロープウェー駐車場横の登山者用駐車場は
奥にはまだスペースがあり、その場でようやく
車を止めた。 まだ3時
夜明けは5時30分頃 

夜明けまではまだ時間があるが、、、
山の渋滞がわからなかったのでスタートする事にした。
のちのち これが良くも悪くもなった。

鍋平から登山センターまで山道を使って30分
って聞いたときは正直びっくりした。

まず最初にあたりは真っ暗でその登山センターまでの
道の入り口がわからない。

ロープウェー搭乗者用に舗装された駐車場を見ると、
看板が、、、

P9211885.jpg


夜RUN用のマグライトを照らすと、

センターへの近道をどうにか発見して、
いきなり下ろうとすると沢沿いに
歩くため、道が濡れてぬかるんでいる。

そして結構 急な下り坂をシングルトラックで
進むことになる。

この道だけでも十分なコースになるな。
っておもえるぐらい。

でも約13分ぐらい下ったところで、
登山センターへ到着。

意外とスムーズに来れたな。
まぁ離合渋滞もなかったしね。

ということで、登山センターで
入山届と、1泊2日のドコモの山岳保険に加入。
遭難救助費用 200万までってだけど、
一体いくらぐらいあれば安心なんだろうね。
今度調べておこう。

手洗いを済ませる。

P9211888.jpg

さぁようやくスタート
時刻は 午前3時40分を指していた。

続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

随分早くにスタートしたんですね
渋滞さえなければまだまだ行けた感じでした?

Re: タイトルなし

季節外れさん 渋滞さえなかったら、
島田食堂に寄って、巨大オムライス食べてましたよ。
って今 調べたら 月曜 定休日でした(涙)
ここもリベンジしないといけなくなりました。
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示