富士登山競走試走 レポ3(富士パインズパーク~馬返し)

ここら辺から先に試走を始められた
団体さんを一人ずつかわしていく。

団体さんも各々のペースで走られるようで
個人個人で走っておられました。

まぁこの富士登山競走で走力が
近い人が固まる方が難しいかもしれませんね。

こちら奈良からの試走組の2人は
二人頑張って走って登っていますよ
でも会話はないです。

無言、、、

いや違った。必死で走っているので
吐息 「んはー んはー んはー」
が聞こえるのみです。

20150628-120906(14).jpg
そして突き進むと東富士五湖道路が見えてきます。
まぁ関係なく突き進みます。

20150628-120906(15).jpg
東富士五湖道路の下をくぐったあたりで
5.0㎞です。

20150628-120906(16).jpg
そして進むと五合目まで車で行ける
富士スバルラインへの入り口の三叉路の看板が見えます。

今回は大丈夫ですよ。
道 間違えませんでしたよ。

20150628-120906(18).jpg
それなりに暑いので、やべっちさんは今回、
トレランバックに500mlのペットボトルを入れてはって
給水を取ろうと思うと
バックを下ろさないといけなかったようです。

やべっちさんから
給水するから先行ってください

って話しかけられました。

そしてkenが取った行動は



ペースを緩めて、やべっちさんが給水終わるのを待つ。
そしてやべっちさんが給水を終えて、バックを担ぎなおすと
ペースアップ、、、


馬返しまで一人で行って迷子になったら困るじゃーん
熊に襲われたら困るじゃーん
ってことでやべっちさんと一緒に登ります。

20150628-120906(21).jpg
そうして走り続けると
とうとう見えてきました。

中の茶屋

ここまではアスファルトですし、
私もやべっちさんも暗峠アタックで練習を積んできたので
なんなく到着することができました。

20150628-120906(23).jpg
中の茶屋
7.2㎞ 40分21秒
標高1110m 標高差340m

富士登山競走において、
ここから斜度がガラッと変わるポイント
そしてエイドがある場所です。

20150628-120906(24).jpg
ここから先は斜度がぐっと厳しくなるので、速度優先よりは
心肺優先にて、心拍を一定に心かけ 走れる速度で走る。

走っていると後ろのやべっちさんが
やべっちさんから
「給水するから先行ってください」

って話しかけられました。

そしてkenが取った行動は


やっぱりペースを緩めて、やべっちさんが給水終わるのを待つ。
そしてやべっちさんが給水を終えて、バックを担ぎなおすと
ペースアップ、、、


意地でもやべっちさんと一緒になって走る。

20150628-120906(26).jpg
車で走って登るランナーを見ると
応援したくなりますね。
一緒に頑張ろうって、、、

そして写真には写っていませんが、
次のポイント
大石茶屋 9.6㎞ 標高1300m(標高差530m)
に到着 55分06秒

でもね大石茶屋っていいますが
今はなく、ここがそうですよって看板があるのみです。
まっすぐ前を向いて走ると見逃す程度でしたよ。

20150628-120906(27).jpg

そして馬返し手前には上の写真のような
分岐路が出現します。
馬返しへのコースは右手側ですよ
気を付けてくださいね。

20150628-120906(29).jpg
分岐点を超えますとほどなくして
左奥に馬返しが見えてきました。

中の茶屋から馬返しまでは、
3.6㎞ 標高差340mです。
暗峠(南生駒)は3.8㎞ 標高差346mなので
ほぼ同一ですが、南生駒からの手洗いから
上のようなどぎつい傾斜はありませんので、
頑張ればやっぱり走れるんだな と思います。

ただ、アスファルトの登り、トレイル路、ガレ場の
3パターンの道が混在する富士登山競走では
力の入れところは選手それぞれだと思われます。

kenはまだ暗峠で練習できるので、ここは
頑張りところですね。

馬返し 10.8㎞ 標高1450m(標高差680m)
に到着 1時間4分49秒


暗峠(大阪側、奈良側)でペースは遅くとも
走りきれるようなら馬返しまでは行けますよ!!

何か気になる点があれば、コメントくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スピード落とさなくてよかったですのに。
きっとずっと本気で走ったら、本番では1時間50分切りいけますよ!

Re: No title

やべっちさんと一緒に走ったから
撃沈することなく走れたのかなって思います。
タイム短縮なんですが、いくら考えても
50分切りには至らないんですよねぇ。
詳細は自身の記事にて机上の空論を広げますね。

もう三週間切りましたね。もう目前です。
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示