【第1回暗峠王はオレだ選手権 レポ中編】

大阪側からのアタックを終えたメンバー達は
奈良側からのアタックをする為に、ぽよよさんに
しばしの別れを告げてゆるゆると走り出す。

4人ともこれから登る坂を試走するように、
またゆるゆるのダウンヒルになって楽しく
おしゃべりRUNとなる。

でもぐんぐん気温は高くなって、体中から
汗は噴き出る。

そうこうして、ようやく南生駒へ到着。
なんと今日も山ちゃんさんがエイドしてくれるとの事で、
集合地点に向かうとそこには
梅雨時の快晴を連れてきたような
夏を先取りの アロハシャツを着たえーかわさん
サプライズしてくれはった。

IMG_0936.jpg


やまちゃんエイドでは、
給食は塩昆布のおにぎり、大福、ドーナツ
給水はコーラ、アクエリアス、お茶
そして水筒には氷まで常備にて

往路から一滴も給水給食していない僕らを
向かてくださりました。

そしてえーかわさんは、アロハシャツの下には
いびがわマラソンTシャツを仕込んで靴もしっかり
ランシューなので、奈良のえーかわさんだけに
IMG_0937.jpg
暗峠王(奈良側)アタックの
さぁ復路は参戦かと 

思われましたが、山ちゃんさんと生駒ボルダーへ挑戦との事で
したので、復路も参戦は4人でした。
やまちゃんエイドでしっかり補給した後、

暗峠(奈良側)アタックが開催されたのでした。
暗峠(奈良側)距離3.8㎞ 標高差346m 斜度9.1%

じつは奈良側アタック 
主催者のやべっちさんですら初めてとの事で、、、

奈良側からの登坂は最初はまだ走れそうな程度の坂ですので、
4人それほど差が出るわけでもなく登り始めます。

でもね、、、
みんな一度下りながら走って試走した割に前にでてくれない、、、(涙)

というわけで、とりあえずペーサーを務めて
走ることに、、、

ただやっぱりすぐにきっつい坂が現れ、
周りに気を使うこともできず、自分のペースで
走り出します。

でも斜度がゆるいから差がつかないの、、、

自分の呼吸は当然 「んはー、んはー」
って身体精いっぱいで呼吸しようとするんだけど、、、

ちょっと後ろから聞こえる
 
「んはー、んはー」

「んはー、んはー」

「んはー、んはー」

おっさんたちの吐息、、、

後ろ振り返らなかったけど わかりましたよ、、、
これ 団子 だな って

暗峠(奈良側)のアタックは最後が激坂になるのを
分かっていたので、、、

それまでは斜度がきつかろうが、、、ゆるくなろうが、
マイペースでひた走っていました。

中腹の峠に唯一あるゆるい斜度の区間で

そこをめっちゃピッチの速い足音をが
近づいてくるのが分かりました、、、

怖いから後ろを振り返れない私は

「やべっちさん 来た~」って
背筋が震えるのを感じながら進みましたが、、、

足音はどんどん大きくなり、その距離が近づいているのを
感じいました。

そしてとうとう、、、

横にならんだ瞬間

追いついた~」 って話しながら
長身のサトさんが私を抜き去ります。

私 サトさんに 「来るかぁ~」

って息絶え絶えで話し、、、
サトさんに先頭を許してしまい、
ギアを入れ替えようって思った瞬間

サトさん「でも脚使ってしまった~」
ってずるずる後退されてしましました。

そうサトさんは、どんなコースでも、どんなタイミングでも
どんな走り方でも、 フル3時間15分~20分で走られる
安定のランナーでした。


サトさんからすれば一度下りながら試走されれば、
得意のルートファインディングで後ろから
虎視眈々と勝負する機会をうかがい、
差すことは容易なはず、、、

後退されたとはいえ、吐息が聞こえた為、
kenは 後ろにサトさんが張り付き
こちらが撃沈するのを待っているか、
ラストスパートで抜き去る準備をしているのでは
と恐怖に駆られながら走るのでした。

そうして、我慢の走りを続けレースも終盤となり、
峠茶屋が見えてきたところで、
最後の激坂を渾身の力を振り絞り、
どうにか 後ろから差されずにゴール!!

したとおもったらすぐにぽよよさんが
カメラを構えだす。

やばぁ~ サトさん ずっと追撃してたか~
ほんまに差されるところやったやんか~

って登っているランナーを見ると
青いゲイターの「やべっちさん」だった。

えぇ~ いつの間に 順位入れ替わっていたの???
まじで やべっちさん 漁夫の利を、、、
虎視眈々と狙っていたなんて、、、


そしてサトさん、じぇーてぃーさんも走って登られて、
全員ゴール!!

ぽよよさんにアンパンをいただいて、
仲良くゆるゆると 暗峠から新石切までゆるランで
帰ったのでした。

IMG_09291.jpg
ガードレール自撮りカーブミラー自撮り
やり残した課題もしっかりこなして、、、

暗峠【大阪側】の陸橋地点に帰ってきたときにはもうくたくた、、、
どうにか新石切駅まで帰ってきたのです。

選手権はこれで終了 
アフターの後編へ続きます!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中編も面白いですね^^
楽しく、手に汗握って読ませていただきました。
結果を知ってるのにドキドキするというのは、レポが素晴らしいからと思います。

ガードレール自撮り
どうみてもカーブミラーwww
嗚呼、奈良ではこれをガードレールって呼ぶんですねw

Re: No title

おっとーさん 買いかぶりすぎですよ。
元ネタが秀逸なんですよ。
でも楽しんでいただけて嬉しいです。

楽しい事しか書いてないですけど実際は
あの坂 大阪側、奈良側の両アタックですからねぇ
最後 もうヘロヘロです。

Re: タイトルなし

季節外れさんに指摘されるまで
おかしいってまったく気づかなかったです。
訂正しときますね。

ほんとカーブミラーだった。
今度一緒にガードレール自撮り
じゃなかった。 カーブミラー自撮りしましょうねwww

フフフ、狙うならここって決めてましたよ〜! まぁ、オレの実力って、あんなもんです^^;

Re: タイトルなし

サトさん わかっていたなら先頭阻止したんですけどねぇ
末脚の程度が分からなかったので、サトさんつぶれるまで
ついて行こうと考えてました。
コースを知っている知っていないでは相当なハンデありますよ。
次回はもう勝てる気がしませんwww
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示