暗峠再アタック!! 箱殿から暗峠から南生駒から砂茶屋の往復走 後編

砂茶屋から矢田丘陵の丘もやっぱりしんどい。
最初の南阪奈の下をくぐる橋までの坂は
すんなり登れるのだけど、それからの坂がきつい。

でもなんとなく走って登れるため、
追分の本陣やパン屋さんが見えてくるのを
楽しみに登る。あ いやちゃんとランニングフォームは
取ってますよ。 いろいろトライしながら走りましたよ。

そして矢田丘陵を攻略。
IMG_0622.jpg

そして少し下ったところにある
貯水タンクくらいから
南生駒を一望でき、次の目標の暗峠を確認
IMG_0629.jpg


さぁって今から行きますか!!
とウィダーインゼリーで少しずつ補給しながら
進んでいきます。登りを走るため、
下りは温存、

南生駒駅を通過して、奈良側から
暗峠をアタック。

大阪側から2回下っているため、
ところどころフラットになる区間を知っているため、
息を整える事ができることを知っていると、
頑張れる。まぁ奈良側から走ってもそれなりの斜度は
あるんですけどね。

奈良側からは
南生駒から暗峠3.8㎞
標高110m⇒455m(標高差345m)
平均斜度9%

南生駒から1.9㎞ 約半分
藤尾峠 阿弥陀石仏を祀る小堂
とのルート分岐あたりから
急に斜度がきつくなる。

暗峠の谷合に広がる綺麗な棚田や
うどん屋さんや鶏舎を目の楽しみに
しながらそれでも一歩一歩
ランニングフォームで頑張る。

そして到着。時刻は8:28分程
かれこれ2時間20分は走ってきたなぁ。

後は下るだけ、、、
暗峠のコースを紹介したくて
下りは写真を撮りながら進んだので、
登りは約22分で行けたところを、
下りは約35分もかけてしまった。

下っている道中、
ランナー、自転車、でトライしている方が
おられ、朝の挨拶と頑張ってください!
と一言かけていくと
皆さんきついはずなのに、元気にあいさつを
返してくれる。嬉しい瞬間です。

また暗峠を下っている道中、
やっぱり車はそれなりに通り、
また自転車を手押しで進む
中学生やこの付近の住人の方が
通らはるのをみて、やはり国道、生活道
なんだと実感した次第でした。

そうして、スタート地点に戻って、
約3時間にわたる
箱殿⇒暗峠⇒南生駒⇒矢田丘陵⇒砂茶屋
砂茶屋⇒矢田丘陵⇒南生駒⇒暗峠⇒箱殿
の往復走を終了しました。

自宅に戻る最中にコーラを飲みましたが
本当においしかったです。

でも気づいたことが一つ、、、
炭酸一杯のコーラ苦手でした。
私 炭酸の抜けたコーラが好きなようです。

あと朝寒かったので、ウィンドブレーカを着て走ったら
最初の暗峠で暑くて後悔した
いい天気の一日でした。

次は大阪側からの暗峠のご案内をしたいと思います。
仮題)kenと行くランナー目線で 暗峠アタック
    雰囲気だけでも掴んでもらえたら、、、

朝は寒かったけどやっぱり走り出したら暑かったね。
そうそうって思われた方は1プッシュお願いしますね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ついに走る暗峠案内人!ですか~~
凄いですねぇ。
参加者多数でしょう.+*:゚+。.☆
私は歩く暗峠案内人のままになりそうです。
来週こそは、春日大社から石切まで、逆打ちしたいなーと企んでます。

Re: タイトルなし

ぽよよさん 暗峠は走って登っちゃいかんですよ。
だって楽しくないんですから、、、
昔のお伊勢参りを偲びながら歩いたほうが楽しいです。
歩く暗峠の方が絶対いいです。
超絶筋肉痛でつま先立できません(涙)

イメージとしては世界の車窓からです。
あまり暗峠の紹介では当てられなかった
ポイントを紹介したいと思います。
明日をお楽しみに(笑)

No title

大阪側から暗峠まで21分39秒で行くのかあ。さすが。
自分にはちょっとそのタイムはムリだなあ。

近々、もう一度チャレンジしに行ってみようw

Re: No title

やべっちさんスタートポイントあってましたか?
それが一緒じゃないとタイム比較意味なさないので、、、
 むしろ富士登山競走5合目コースって
やべっちさんの4分30秒ペース走がいい練習ですよね。
あらら 最近ロードでミドル距離を速く走ってないや、、、
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示