【京都マラソンレポ3】スタート~10㎞迄 サブ3ペースにトライ!!

東京マラソン、姫路城マラソンに参加の皆様
お疲れ様でした。改心の走りでPB更新された方も多く
刺激をたくさんいただきました。
次戦は来年となりますが、気持ちを切らさずがんばらねばと
改めて思った次第です。

【本編】
号砲がなると同時に一斉にランナーが走り出す。
そして自身もスタートゲートをくぐる。
その間 10秒未満、、、

前年の京都マラソンでは約50秒かかっていましたので
やはりAブロックはすごいな と思った次第です。

今年で2回目となる京都マラソン
しかも前半はコース変更なしなので、
走りながらデジャブを感じながら走り始める。
そしていかに効率よく走るかを考えるようになる。

例えば、スタートしてすぐ右折して9号線に入り、左折する。
だから最短距離を取るためにスタートしたら、コース右側に
身体を持っていく。そして9号線に出たら、光華女子大学を
越えて左折するので、今度は左側へ身体を持っていく。
考えて走りながら、突き進むと、
周りのランナーからGPS時計が1㎞を知らせるラップ音が
耳に入ってくる。

GPSを持たない私にとってこれは本当に便利だ。
GPS時計の1㎞を知らせるラップ音は実際の距離表示より
短めにほとんどなる。これは精度の問題と
ランナーが本当の最短距離を走れていないせいで
実際の距離表示より事前になるんだろうな
コース両脇に目をやると1㎞の距離表示が、、、
4分15秒程度、、、

おっとペースが速すぎたようだ、、、
いいペーサーがいたと思ってついて行ってたら
これは違う、、、 なんてギアを落としていかないと
って考える。

気持ち控えて走っていると、ぐわぁTが颯爽と
抜いていく。 あやたさんだ!!
4分15秒で行くっておっしゃってたし、
ここは無理してついていくとペースが違うしね
って感じでどんどんあやたさんの距離が遠ざかる。

四条通りに入るとコース右側に去年
えーかわさんとTHさんが応援してくださっていたところを
思い出す。そうして身体を右側に寄せていくが、

この四条通り全6車線を通行止めになっているのに、
ランナーは車の進行方向左車線ばかりをはしり、
右側はほとんどいない。走っていると2㎞地点コース右側に
目立つ黄色のぐわぁT軍団を発見する。
THさん、し~やんさん、やべっちさん、りょうたさんが
固まって応援してくださった。

応援団から
「あやたさんに追いつけるぞ!!ついていけ!!」
ってニュアンスの声援をいただいたんだけど、、、
ついていったらつぶれるちゅーねんって
心の中で突っ込みを入れて

あやたさんも応援団に気付いて右側により
ハイタッチをかわして進まれる。
当然私も元気をもらうためにハイタッチをかわす。
ここいらで2㎞の通過 8分30秒程度、、、

えぇ、、、 あやたさんの背中は小さくなっているのに、
これサブ3ペース、、、
どんだけあやたさん速いねん って突っ込みを入れながら、
前の知らないペーサーをロックオンして走り続ける。

そうしてようやく3㎞手前にしてあやたさんの姿が
視界から完全に消える。

あぁ落とさんとなぁ 落とさんとなぁ なんて頭では
身体に自重せよ と命令を出しているつもりだが、
身体は勝手に走り続ける。

羅原堤四条の交差点を北上し、桂川沿いを走り
渡月橋を目指す。今年も屋上で応援してくださっていた。

やはりデジャブ!!!

今日のレースは暑くなるのか、、、額に汗を感じていた。
4.5㎞地点に最初のスポーツドリンク給水があったが、
ここはパス、、、 

【5㎞通過 21分08秒 AVG4分14秒】

渡月橋を先に見据えながら、今年は天気があまり
よくないな なんか思いながら走る。
6㎞の通過も4分15秒程度、、、

この辺からペースを落とすことをあきらめた。
このいい調子、あとから撃沈するのはわかっているけど
このまま、ついていけるところまでついていこう!!
そう思った。

4分15秒なんて速度、1㎞のインターバルの時くらいしか
味わってないので、長くは持たないと思っていたけど、
足も心肺も気持ちも絶好調
ただお腹だけ重かった。
(前日、当日食べ過ぎた、、、後日詳細記入)

6㎞を超えて右折すると嵐山高架橋が見えてくる。
ここから京都マラソン名物 上り坂の始まり!!

でも気にしない。6㎞走ったところなんて、
全然足も残っているので、心持ち、より
ミッドフット気味にふくらはぎを使う走りに切り替え、
ぐんぐん上る。ただサブ3ペースで走る人間は
こんな上り坂も特に得手不得手はこの距離では
ないみたいで、、、上り坂でもペースは維持しているのに
ほとんど追い抜きはできない。
あとここら辺ともなると走る周りのメンバーはほぼ固定されている。

20㎞以降までブログ村応援団はないことがわかっていたので、
たんたんと前のペーサーについていきながら走る。

8㎞地点くらいから見慣れたTシャツをみる。
先行していたあやたさんだ。

後ろのペーサーについていきながら、じりじりとその差が
縮まり、あやたさんの背中が大きくなってくるのを実感する。

自分がジャスト4分15秒イーブンで走っていたために
調子悪いのかな?のぼりだから4分20秒程度に
抑えているのか なんて考えながら走る。

そうして10㎞地点くらいで、横に並ぶ。
息遣いが少々荒い。自分はというと
登りにまだ強いのか前のペーサーの方が
心地いいので、無謀とはわかっていても
4分15秒ペースで走ることを継続することに、、、

あやたさんより少し前に出た後、
腕でガッツポーズをしたり、ジェスチャーをして
エールを送った(つもり)。
あやたさんまた会いましょう!!」(心の中で叫ぶ)

【0~5㎞区間 21分08秒 AVG4分14秒】
【5~10㎞区間 21分19秒 AVG4分16秒】

登り坂の影響ほとんどなしで走っていますね。
むしろ5~10㎞の区間 上り坂を考慮すると
ギアをさらに1段上げている感じ!!
この時まだまだ余力はありました。

次回
【京都マラソンレポ3】10~20㎞ 京都マラソン名物仁和寺の和尚
に続く。

京都マラソンきつかったけど楽しかったよ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示