【四万十川ウルトラマラソン レースレポ4】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ4

【疲労で突然のハンガーノック!!自分との勝負が始まる サブテンへの攻防 岩間沈下橋を通過!!!】

今日はマイコース14㎞を走ってきました。
14㎞ 74分 AVG5分18秒
脚の重みはやはりあるものの、翌週には普通通り走れそう、、、

それを考えるとすごいな
 じぇーてぃーさんの京都マラソン、東京マラソン 2週連続フル3.5達成や
 仮装しての丹後100と白山ウルトラ100を2週連続で完走されただれやねんさん
 (しかも膨大な写真の数々、、、)
明日もう一回100㎞走るなんてムリムリ、、、

【本篇】
【60~65㎞】
60㎞を通過してサブ10への貯金34分をゲットして、
ブルーさんに引っ張ってもらって最高の状態ではしれて
居ました。この辺からときどき、脚の攣りそうになって
きたので、ときどきエアサロ休憩を入れる。

あぁもっててよかったぁ、、、 公式パンフにも
筋肉消炎鎮痛剤はおいてないって書いてあったから
持ってこうと思ったんだよねぇ

岩湧山でえむさん
が携帯されているのをみていいなぁって思っていました。
持って行って大正解。

DSCF8407.jpg
60㎞までは小さな方をポケットに入れました。
ジャストサイズでちょうどよかった。

60㎞の手荷物預かり後は大きい方を
ポケットに、、、 ポケットに入りきらないよ、、、(涙)

ブルーさんについていくととうとう第2関門で
そしてレストステーション(手荷物を受け取れる)に到着

PA193778.jpg

DSCF8175.jpg
下のテントの写真は前日 コース下見の際に撮影した写真です。

ウエストポーチの中はほぼすっからかん、、、
ここでの補給、休憩の取り方が今後のレースを左右する
そう思って入っていったけど、、、
余りにもランナーが少なくて、初めての為、勝手がわからない、、、

とりあえず給食エイド途中以外に給食できるように
ウエストポーチに入れるように
アミノバイタルパーフェクトエネルギーを2つもらう。
きんきんに冷やしてある。嬉しい!!
まぁ今食べないからぬるくなるんだけど、、、
給食には鉄板のアンパンを1個頂く。他にもおにぎり、バナナ、チョコレート
などいろいろあるのだが、ただエイドの方に「あんぱんっ」と
アンパンのみのを要求 しかもたったの1個、、、

せっかくのエイドだけど、周りには5~6人ぐらいしかランナーがいない
勝手がわからない、、、

まぁその辺に敷いてあるブルーシートに腰かけて、
手荷物袋から
ウエストポーチに入れてあった
アミノバイタルプロを飲み、イオンウォータ(中身はアクエリアス)
で流し込む。次いでにロキソニン2錠目を投入。
そしてエアサロ(大)をポケットに投入。

本当に痛いってわけではなかったので、ここでの投入は
しなくて良かったかな?

手荷物袋には練習靴のGT1000を入れていたけど、
このままターサージールで行くことに、、、

ウエストポーチに補給食を詰め込み、
小さなエアサロを脚全般にぶっかけて、
手荷物袋にお世話になった軍手とエアサロ突っ込み、

休憩をそこそこにして手荷物を預け出撃!!
あぁ あんまり楽しい思い出が無いんだよねぇ、、、

そして出発後間もなく、同郷の奈良県民ランナーさんに
抜かされる。そしてまったくついていけない
あれっ あれっ まぁマイペースで、、、
またブルーさんも私より先に行かれたのかそれとも
まだ休憩されているのかわからないんだよね

PA193779.jpg
奈良県民ランナーさんにぶち抜かれおいて行かれる写真

【60~65㎞:通過32分33秒 AVG6分31秒 】
手荷物補給があった割にはタイム的にはそこそこでしょ
でもとうとうキロ6分を超える事に、、、

【65~70㎞】
この辺から実は脚が動かなくなってきていました。
そしてこれまでウォークマンで音楽を聴きながら
走っていましたが、その音すらも煩わしくなり
ウォークマンを外すことに、、、自分の殻に
閉じこもっていたのを
四万十のみなさんの応援に応える事に、、、

そうすると、私に対して直接語りかけるような
多くの応援を頂くことが、、、

ぐわぁTを見て、「ぐわぁ」
「ぐわぁぐわぁぐわぁ」など
Tシャツを見て「ぐわぁ」と声掛けしてくれはる。

中には双眼鏡でゼッケンナンバーを確認して
個人名を検索されて通過する際に
「ken(本当は苗字)さんファイト―」

それとか「奈良からよく来たなぁー また来てやー」

応援の方を抜いて背中越しでも「頑張って~」なんて
応援してくれて

私は声はもうでないものの、動く上半身でお声がけ頂くと
片腕でガッツポーズをとったり、両腕を上げたりして
ジェスチャーする。すると後ろで歓声が上がった時もあった。

背中の「死ぬ気で走らんかい」って書いてあるよ
とかなどなどそれはもう直接の応援がうれしくてうれしくて、、、

こんなにもランナーとして応援して下さる人と一瞬の交流
が本当に楽しかったんです。

もちろん身体はボロボロ、歩いてもいいけど、ゴールまではまだまだ
だから少しでもちょっとでも走って歩いて前進あるのみ!!

そうこうすると四万十川ウルトラマラソン
2つ目の沈下橋が見えてきました。
69㎞地点
PA193780.jpg
通過の途中にて
PA193781.jpg
沈下橋の橋上にて 1
PA193782.jpg
沈下橋の橋上にて 2
PA193783.jpg

沈下橋通過後 後ろを振り返り撮影

そうして70㎞まで到着。
すでに歩きを入れないと走れない。

絶好のタイムで駆け抜けてきていた私はここら辺からサブ10
を達成したいと思うようになる。
今回逃すとサブ10達成するまで後悔するだろうなって
思うようになってきた。それを気力に走っている時は
前向きに走る。脚の底が痛くても走る。
頭の中では、「痛くても、気にせず走る 痛くても、気にせず走る」
と呪文のように繰り返し繰り返し、つぶやいて走る。
でもそんなおまじないも吐き気が襲いかかり、
それに抗えずに歩くことになる。一度歩いてしまうと
もう何回も歩くことに抵抗感はなくなる。
これまで補給やトイレ、激坂などは戦略的に歩いたものの
歩くことが普通となる。
そしてここからずっと歩くと、キロ10分で なんて考えて
あぁまだ12時間でゴールできるやぁ なんて考えるようになる。
 
そしてもちろん私のみ急激なペースダウンをしているので
後ろからはまだまだ元気な人が駆け抜けていく。

PA193784.jpg
その中に、一人 高知の29歳以下のランナーが私を抜いていく。
彼とは、「がんばれ」等のエールのやり取りをしながら少しご一緒させて頂いた。

この70㎞地点では二人まだサブテンのはざまにいた。
私は運よくサブ10の側に立てたが、彼は、、、
ゴール後に調べてみると80㎞以降復活はなかったようで、
惜しくもサブ10ならずだった。
後から考えても私が彼と同じ立場になることも十二分にあった。
レースは終わるまでわからないんだ、、、

PA193785.jpg


【65~70㎞:通過34分59秒 AVG7分00秒 】
【70㎞通過時点:6時間34分】
この10㎞で67分30秒 借金7分30秒、
そして貯金は残り26分減少する。
残り30㎞ サブ10 達成する為には、、、
どんな風に走る必要があるのかをぐるぐる考えることになっていた。

【70~75㎞】

PA193786.jpg

anzaisensei11.jpg
走りながら安西先生のセリフが
頭の中を何度もリフレインされる。
5㎞毎にラップを取っていた。
キロ7分ペースだと
1㎞:7分、2㎞:14分、3㎞21分、4㎞28分、5㎞35分

PA193787.jpg
追い越す背中を見ては走り出す。
少しでも引っ張っていただいて、見えないサブ10のボーダーを
越えるために、、、一歩一歩走り出す。

今まさに歩きと走りを混ぜて進む私には、そのボーダーとなる
1㎞毎の表示で手元の時計とキロ7分のはざまであることを
確認する。歩いて休憩を織り交ぜて無理やり走り出す。
崩れた私を追い越すランナーの背中を見ては
走るあの人はサブ10を達成されて、歩く私は悔し涙を飲む

PA193788.jpg


そんな事を抜かれる度に考え、また走り出す。
少しでも走るために、、
だれかの後ろについていく、、、

【70~75㎞:通過31分47秒 AVG6分22秒 】
タイム的には少し復活していたのかなぁ、、、

【75~80㎞】
どのへんだったか記憶がすでに有りませんが、、、
私は水分補給が下手なのでいつでも水分補給できるように
250mlのペットボトルを持って走っていました。
そしてウエストポーチには、アミノバイタルパーフェクトエネルギー2つを
入れていました。
しかしすでに吐き気が襲い、ゼリーすら取れなくなっていました。
また水分補給のペットボトルは持っているだけで、あまり効率よく
取れていない、、、 エイドでコーラもらうのでいいんじゃないか
って思うようになりました。

どこかのエイドで、ポットボトル250mlを捨てアミノバイタルパーフェクトエネルギー
2つ(130g×2ヶ)をほとんど取らずにゴミ箱へ入れました。
そうまでして軽量したかった。
ウエストポーチが軽くなると、腹の締付は緩くなり
若干吐き気は収まりました。
そしてこの辺からはエイドまで歩いてエイドではしっかり
給水を取るようにしました。

PA193789.jpg
そして79.5㎞の関門及び給食エイド、、、

ここでは吐き気の為、給食は取らずにコーラを1杯とアミノバイタルをとり
またロキソニン(3錠目)を取りました。

PA193790.jpg

【75~80㎞:通過32分00秒 AVG6分24秒 】
【80㎞通過時点:7時間38分】
サブ10への貯金は、残り22分に!!!
サブ10まだまだサブテンのボーダーに、、、
もしここから全て歩きになれば、3時間20分はかかる、、、
まだ全然余裕はない、、、

レースは終盤へと続く レースレポ5へ続きます。

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

思いの外ラップが落ちてますね
レース中は相当ジリジリしたんじゃないですか?
何度も諦めて、そして諦め切れなくて

Re: タイトルなし

季節外れさんありがとうございます。
遅いでしょw ビックリするくらいww
未経験距離は弱いんですよ。

サブ10のボーダーの狭間をずっとさまよってました。
諦めて、でも諦めきれなくて、、、
諦めきれず足を前にだせて良かったです。
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示