【四万十川ウルトラマラソン レースレポ2】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ2

【怒涛の下り坂! 私今日 絶好調ですか? 四万十川との出会い】

仕事が終わりません。今日から走ろうと思いましたが
きっとレポ書いていたらいい時間になって
今日もランオフだろうなぁ
ウルトラ翌日の筋肉痛が懐かしい、、、
走ってみて まだどれだけ疲れたまっているかを知りたかったんだけどなぁ

【本篇】
【20~25㎞】
20kmを過ぎてもあと少しのぼります。
天気は快晴!
PA1937511.jpg

そうして登ると初の給食エイドが出てきます。
PA1937521.jpg

ちなみに四万十川ウルトラのエイドですが、
2.5㎞毎に水のエイドが、、、
5㎞毎に 水、スポーツドリンク、軽食のエイドがあります。
ちなみに5㎞毎のエイドでの
スポーツドリンクはアクエリアスでした。
またコカコーラも用意されていました。

私はというと手に持っているイオンウォータを
自分のペースでのみ、ウエストポーチに入れた
アミノバイタルゼリーにて補給していました。

楽しみにしていた20㎞の給食では、
給水で水、スポーツドリンク、コーラ
給食で、カステラ、おにぎり、あんぱん(薄皮アンパン)、
バナナ、チョコレート菓子が準備されていました。

もちろん私は20㎞の給食では薄皮アンパンを1個もらい
イオンウォータで流し込む。ついでに
アミノバイタルプロを1袋補給
いままでどおりを続けることこそ大切。
楽しみにしていた割にこの程度の楽しみ方、、、
今思えばおにぎりを食べてもよかったかなぁ、、、

PA1937531.jpg

21㎞付近の頂上をすぎるといきなりの急な下り坂、、、
傾斜がきついので、ペースは自然と速くなるだろうと
思っていたけど、思いのほか、脚が前に出る!出る!!
今日の私は絶好調ですか?
前の人についていってるだけですが、、、

【20~25㎞:通過26分52秒 AVG5分23秒 】

【25~30㎞】
走りながら感じたのは、10㎞の峠に入ってから、
全然日差しがない。天気は快晴なのだが
直射日光は全然なく、下りは風が少し冷たいくらいだった。
道路上の脇にも苔が少々生えているくらいなので、
熱くなる身体には非常にやさしかった。

ちょうどこの頃イオンウォータがなくなりかけたので
エイドで、アクエリアスを入れてもらった。
イオンウォータとアクエリアスが混ざる。
味は関係ない、、、

キンキンに冷えているのが、軍手越しにもわかる。
まだ若干涼しいので軍手は着用したまま、、、

PA1937541.jpg
やっと30㎞まできた。

ペースはとんでもなく速い。
脚を使いすぎていないか?
まだ序盤だよ、、、 この先持たなくなるよ
そう考えるものの、脚は自然と前に出る。
前の人を見ると追っかけたくなる。
このころ位には、前後に数人程度と
ランナーがばらけてきていて、ついていけるところは
ついて行った方が楽なのはわかっていたので、
前のランナーについていかせて頂いた。

貯金は19分。 まだサブテンは恐れ多くて考えないようにする。
むしろ60㎞以降の撃沈を心配、、、

【25~30㎞:通過25分09秒 AVG5分02秒 】
【30㎞通過時点:2時間41分】

【30~35㎞】
四万十川ウルトラマラソンでは、
エイドの他にあらかじめ決められた間隔で
大会ジャンパーを来たスタッフが応援してくれていました。
もちろんほとんどのスタッフがランナーに向けて
エールを送ってくれます。

私はというと、まだ序盤だったので、
元気な挨拶はできませんでしたが、
帽子のつばに手を添えて頭だけ垂れる程度ですが
一礼をするようにすると、スタッフさんも
こちらを目を合わせて一礼を返して下さることが
ほとんどでした。
ランナーがばらけていたこともあるでしょうが、
自分に向けての応援と、それに応えてさらに
応えてくれる大会でした。


そんな風にスタッフにお礼を返しながら走ると
目の前には黒ずくめの人?が立っている。
なんか誘導している

ちがう、あれはライトセーバーだ!!

あれっ あれっ
まじでぇー、、、 あれは歴史上最後のシスの暗黒卿様じゃないかぁ

PA19375511.jpg









せっかくなので拡大!!

PA1937552.jpg
素敵すぎる!!
クオリティ高い!!!
思わず立ち止まってピンボケしないように
カメラ構えてしまったよ。

せっかくならダースベイダー様にコーラのお酌を
してもらえばよかった (後から後悔、、、)

たぶん私がカメラ持って行ったのは
この1枚を取るためといっても過言ではないだろう、、、
(いいすぎました。)

ダースベイダー様がいたのは33㎞付近
もちろん下り坂なので、絶好調!!

はっきり言ってペース速すぎ、、、
自分でも頭の中では、このままで行くべきか、、、
それとも思いっきりブレーキをかけるかを
の2択を考えてしまう、、、

それでも考えている間は、このままのペースを
維持してしまう。どうも下り坂で得られる速度を
殺すなんてもったいなさすぎる。
いくぞ!!今日の俺は絶好調!!!

【30~35㎞:通過25分13秒 AVG5分03秒 】

【35~40㎞】
この付近手前でとうとう四万十川が見え、川沿いを
走る事になります。とうとう四万十川が見えるように
なりました。
PA1937561.jpg


ちょうどこの頃に、前を歩くランナーが見えました。

今から歩くの、、、この人、完走 大丈夫かな?
トレーニング不足だったのかな

いろんな思いが頭の中でよぎります。

そして、、、オーバーペースで走っている私も
いつ あのようになるか、、、

「走りたい」
心は走ろうと思っているんだろうけど、
身体が、 脳が、、 拒否反応を起こすと走れない、、、
たぶんそんな状況なんだろうなぁ

自分はまだ60㎞までは走れる、、、
50㎞までは走ったことあるから+10㎞までは走れるはず、、、

歩く人をパスして心の中でエールを送り、前を走る、 走る。

最初の関門が見えました。
PA1937581.jpg

関門の時間は全く気にせず、、、
ただの通過点、、、
ここのエイドでバナナを頂いた。
普段は食べないバナナ しかも皮はむいていない

軍手はまだしている。
皮をむけない。 軍手外すか?
皮をむけない。 もう一回トライ
皮むけた。 食べる。

食べたり飲んだりしている間は歩いている。

これは練習で得た教訓だ。
むせてしんどくなるより、
食べるときは食べたほうがよい。
バナナ おいしかったなぁ。

関門を通過すると橋を渡る
橋では四万十川が綺麗に見れる。
写真を一枚。

PA1937601.jpg

またこの地点では応援のツアーバスが出ていたようで、
参加者の応援の人たちに多くのエールを頂き
元気をもらう。

まだこの時点では
朝の9時前

空は雲がかかっている。

「あれ今日は放射冷却で快晴のはずだけど、、、
曇りにかわったのかなぁ」

なんて甘い事を考えていた。
もちろんまだ軍手は外していない。
もう寒くないんだが、、、

このころになるとなぜか貧乏根性が働いてしまい
捨ててもいいはずの軍手が惜しくなって
61.5㎞のカヌー館で手荷物預けに預ければ
捨てなくてもすむじゃん なんて考えていた。

寒くもないのに、まだ軍手を付けて走る、、、

そして川沿いを走り、トンネルをくぐり、ようやく
40㎞地点が見えてきた。

PA1937621.jpg

【35~40㎞:通過26分42秒 AVG5分21秒 】
【40㎞通過時点:3時間33分】

サブテンへの貯金は27分!!
サブテンを意識しだしたのはこの辺かな、、、

レースは中盤へと続く レースレポ3へ続きます。

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ゼッケン165の者です

四万十おつかれさまでした。

終盤少しだけご一緒したゼッケン165の上田と申します。ようやくブログを見つけました。レースレポ、引き続き楽しみにしております!

むっちゃ速い!
私にとってのフルペース以上。
絶好調にのって攻めましたねー。
まだ余裕ありなんですか?

いやいや、軍手は棄てようよ(笑)
棄てないなら軍手じゃなくて良いし
そこら辺、走りながら考えようね(ハート)

Re: ゼッケン165の者です

上田さんコメントありがとうございます。
終盤で上田さん出てきますよ。楽しみにしておいてください。

Re: タイトルなし

らぴゅたびとさん コメントありがとうございます。
私自信にとっても想定以上のペースでして、、、
どうも本番になるとぶっこんでしまうようでして
自重できないみたいです。

Re: タイトルなし

季節外れさん コメントありがとうございます。
そしてマイブログタイトル使って頂きありがとうございます。
走りながら考えれてないっすね(ハート)

オールスポーツの写真アップされたんすけど
やっぱ軍手ってダサいんですよねぇ、、、
軍手はやっぱダメっすよ
レースはやっぱウェア決めていかないと
ピンクの新75T あれかっこいいっすね
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示