月間走行距離 節目のはざまで、、、

あなたは6月残す所1日で
累計月間走行距離が 239㎞ です。

そして6月30日 残り1日ですが、
天気はあいにくの雨です。
どれくらい雨が降っているかというと
「間欠ワイパー」 です。

これは一度ワイパーが動いた後
しばらく休憩があり数秒後また動くを繰り返すワイパーです

小雨のときに使うワイパーですね

そこであなたは分岐点に立ちます。

前提条件として、、、

6/29にあるお方の記事に
迎えジョグ頑張りますってコメント書いたのに、
ランオフしています。

6/28・・・30㎞走 (累計走行距離239㎞)
6/29・・・走るっていってたのにランオフ
      ランオフしているので脚は当然軽いです。
6/30・・・分岐点

上の前提条件として
その分岐点とは
A:雨の中、走って 累計250㎞を突破
B:雨だからランオフして 累計239㎞

さぁあなたならどっちを選ぶ、、、

最近の私は、、、
●二日ランオフするのを少しためらいがある。
 ランオフは極力1日で収めたい、、、

●前の記事で今月は230~250㎞程度で落ち着きそうですと
 書いていました。

●きっと1年後練習日誌を読んだときあと少し頑張ったほうが
 よかったんじゃない って後悔するなぁ

●夏の雨は濡れてもすぐに風呂に入れば大丈夫だろ

●ランニングに関してはより厳しい方を選ぶ自分でいたい

結果としては、
A:雨の中、走って 累計250㎞を突破
を選びました。

おかげさまで、4か月ぶりに月間走行距離250㎞を超えました。
1月・・・251㎞ 走行日数16日
2月・・・180㎞ 走行日数14日
3月・・・ 91㎞ 走行日数 8日
4月・・・195㎞ 走行日数12日
5月・・・236㎞ 走行日数16日
6月・・・253㎞ 走行日数18日

2015年上期累計1206㎞ 走行日数84㎞
AVG 14.3㎞/1日

ちなみに2014年上期の走行距離は
633㎞ / 43日 でした。

7月の大会である富士登山競走を
入れているおかげで
無練習期間をなくすことができていますね。

今年の年間走行距離は
2500~2700㎞位になるのかな?

さらっと書くつもりがかなり長い記事に、、、
富士登山競走 試走のレポ またこれから書きますね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 レポ2(市役所~富士パインズパーク)

すいません。レポ遅くなりすぎてますね。
どうやらこの日、同じく試走されていた
ブロガー sadaさんとは、時間軸が違うようで、恐らく
sadaさんがスタートされ、馬返しに向かっている際、
僕らは車での試走で 馬返しから市役所に向かう道中で
すれ違いのみのようでした。


話を前回レポまで戻して
市役所の駐車場は県外ナンバーで一杯でした。

他にも富士登山競走の試走をされる方がおられたので、
団体さん(6名位かな?)がスタートされるのを待って、
少ししてから2~3分程???


私もやべっちさんも用意をして、市役所前をスタート。
富士登山競走五合目 試走の始まりです。


20150628-120906(3)1.jpg
左手側に市役所が見えます。

まずはこの中央通りを月江寺入口交差点まで
500m直進します。

この時初めて知りました。
最初の500m 登山していねぇ、、、 下山しているじゃん、、、
平坦と表現されていますが、私の感覚では若干下っている感じですよ。

まぁ標高2~3M程度の差なので、
下っている感じはしないんですけどね。

20150628-120906(1)1.jpg
とまぁその直線を駆け抜けて
月江寺入口交差点を左折しますと、

20150628-120906(2).jpg
富士山がこんにちわ!!
これからアタックする富士山が突如現れます。

そしてここからは見るからに登っています。
まぁ普通に走れますよ。しんどいですけど、、、

20150628-120906(5).jpg
中曽根(セブンイレブンがある)の交差点からの
富士山が綺麗に見えると思います。
そこから先はそれまでは建物のかげに隠れて、、、

20150628-120906(7)1.jpg
富士急 富士山駅側の交差点、金鳥居です。
立派な鳥居が構えられ、テンションも上がります。
もちろんこの登りですでに息も上がってますが、、、

でもねたったの1.3㎞程度しか進んでいないんですよ。
しかも傾斜はまだまだユルユルなんですよね、、、

ここでレポ2に続きます。




って書くと試走なのに、レポが間に合わず本番に
なりそうですので、頑張って書く。

20150628-120906(8).jpg
鳥居をすぎても直線を頑張るとT字路に当たります。
上宿の交差点です。
ここを左折します。約2.5㎞

20150628-120906(9).jpg
左折すると、高速バスの付近に林が見えます。
そこに北口本宮富士浅間神社があります。
ここの直線はフラットで走りやすかったですよ。

20150628-120906(11).jpg
そこを右折すると、エイドが置かれる浅間神社の
境内横を走ります。
ここから富士山に向かって一直線!!
市役所から3.0㎞ 一応80m登ったことになります。

20150628-120906(12).jpg
この日はホント多くの富士登山競走の
試走の方が多かったです。

やっぱり富士登山競走の練習は富士山が
一番って実感しました。

20150628-120906(13).jpg
そして道なりに進むと
富士パインズパーク(諏訪の森自然公園)
を右手に気が遠くなるような登りのストレートが
現れます。
このストレートって木陰が多く日差しは
きつくなかったですね。

本格的に登坂路に差し掛かります。
私とやべっちさん まだまだ元気???
ちょっと息切れしていそう???

何か気になる点があれば、コメントくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 レポ番外編

富士登山競走は
市役所から馬返しまではアスファルト路を走ります。
10.8㎞ 標高差680m

そして中の茶屋から馬返しまでは
3.6㎞ 標高差340m
暗峠(奈良側)アタックと同じくらいです。


KIMG1140_convert_20150521212053.jpg
写真は長居の女神様から拝借

なので急坂ということで、
きっとコンクリートに〇がついているだろう
って思っていました。

なので、、、
長居の女神様がおっしゃられる通り、

結構な急坂でコンクリートに〇が付いたら
歩いてもイイよ!のサイン(笑)
女神様のいうことは絶対ですwww


富士登山競走の試走でも斜度がきついんだから
っていうことでコンクリートに○が出るまではがんばろうっ
って中の茶屋から馬返しまで走ります。


坂がきつくなってきても、、、
走ります。

やべっちさんと私、息が切れていますが、、、
走ります。


歩いていいよのサインがでるまで
走ります。



なんかだんだん斜度がきつくなっていますが
〇はまだないので、走ります。




歩くのとほとんど変わらないペースに
なっていますが、〇はまだないので
走ります。



























馬返しに到着しました。

○ は出てきませんでした。

【教訓】
中の茶屋から馬返しの坂には
○のコンクリートはありません。
ところどころひび割れしたアスファルト路でした。

ということは〇がでないので、走れってことらしいです。
これが書きたいだけで、途中番外編を書いちゃいました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 レポ3(富士パインズパーク~馬返し)

ここら辺から先に試走を始められた
団体さんを一人ずつかわしていく。

団体さんも各々のペースで走られるようで
個人個人で走っておられました。

まぁこの富士登山競走で走力が
近い人が固まる方が難しいかもしれませんね。

こちら奈良からの試走組の2人は
二人頑張って走って登っていますよ
でも会話はないです。

無言、、、

いや違った。必死で走っているので
吐息 「んはー んはー んはー」
が聞こえるのみです。

20150628-120906(14).jpg
そして突き進むと東富士五湖道路が見えてきます。
まぁ関係なく突き進みます。

20150628-120906(15).jpg
東富士五湖道路の下をくぐったあたりで
5.0㎞です。

20150628-120906(16).jpg
そして進むと五合目まで車で行ける
富士スバルラインへの入り口の三叉路の看板が見えます。

今回は大丈夫ですよ。
道 間違えませんでしたよ。

20150628-120906(18).jpg
それなりに暑いので、やべっちさんは今回、
トレランバックに500mlのペットボトルを入れてはって
給水を取ろうと思うと
バックを下ろさないといけなかったようです。

やべっちさんから
給水するから先行ってください

って話しかけられました。

そしてkenが取った行動は



ペースを緩めて、やべっちさんが給水終わるのを待つ。
そしてやべっちさんが給水を終えて、バックを担ぎなおすと
ペースアップ、、、


馬返しまで一人で行って迷子になったら困るじゃーん
熊に襲われたら困るじゃーん
ってことでやべっちさんと一緒に登ります。

20150628-120906(21).jpg
そうして走り続けると
とうとう見えてきました。

中の茶屋

ここまではアスファルトですし、
私もやべっちさんも暗峠アタックで練習を積んできたので
なんなく到着することができました。

20150628-120906(23).jpg
中の茶屋
7.2㎞ 40分21秒
標高1110m 標高差340m

富士登山競走において、
ここから斜度がガラッと変わるポイント
そしてエイドがある場所です。

20150628-120906(24).jpg
ここから先は斜度がぐっと厳しくなるので、速度優先よりは
心肺優先にて、心拍を一定に心かけ 走れる速度で走る。

走っていると後ろのやべっちさんが
やべっちさんから
「給水するから先行ってください」

って話しかけられました。

そしてkenが取った行動は


やっぱりペースを緩めて、やべっちさんが給水終わるのを待つ。
そしてやべっちさんが給水を終えて、バックを担ぎなおすと
ペースアップ、、、


意地でもやべっちさんと一緒になって走る。

20150628-120906(26).jpg
車で走って登るランナーを見ると
応援したくなりますね。
一緒に頑張ろうって、、、

そして写真には写っていませんが、
次のポイント
大石茶屋 9.6㎞ 標高1300m(標高差530m)
に到着 55分06秒

でもね大石茶屋っていいますが
今はなく、ここがそうですよって看板があるのみです。
まっすぐ前を向いて走ると見逃す程度でしたよ。

20150628-120906(27).jpg

そして馬返し手前には上の写真のような
分岐路が出現します。
馬返しへのコースは右手側ですよ
気を付けてくださいね。

20150628-120906(29).jpg
分岐点を超えますとほどなくして
左奥に馬返しが見えてきました。

中の茶屋から馬返しまでは、
3.6㎞ 標高差340mです。
暗峠(南生駒)は3.8㎞ 標高差346mなので
ほぼ同一ですが、南生駒からの手洗いから
上のようなどぎつい傾斜はありませんので、
頑張ればやっぱり走れるんだな と思います。

ただ、アスファルトの登り、トレイル路、ガレ場の
3パターンの道が混在する富士登山競走では
力の入れところは選手それぞれだと思われます。

kenはまだ暗峠で練習できるので、ここは
頑張りところですね。

馬返し 10.8㎞ 標高1450m(標高差680m)
に到着 1時間4分49秒


暗峠(大阪側、奈良側)でペースは遅くとも
走りきれるようなら馬返しまでは行けますよ!!

何か気になる点があれば、コメントくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 レポ4(馬返し~五合目佐藤小屋)

馬返しまで到着したkenとやべっちさん
ここまでは車で下見しているので、よかったが、
ここからは初めてのコース。

馬返しで1分30秒程給水、休憩を取りスタート
1時間5分54秒 五合目スタート

ここからはトレイル路になる為、
いつから歩こうか考える。
トレイル路でも、土で傾斜がきついだけで
段差がなければ心肺がアップアップに
ならない程度にジョグで走る。

まぁすぐに段差が現れて
歩かざるを得ないんですけどね。

自分がおもっている以上に脚は上がっていなくて
すり足で登っているので、ほんの少しの段差で
足を取られて転倒するのも怖かったですので、、、

suzuhara.png
馬返しからスタートすると感覚的に
10~15分程度で建物が見えてきます。
一合目:鈴原社(写真:拾い物)

建物が建てられるほど、フラットな部分がある為、
そこは若干走ることができます。
当たり前に走る箇所なのでここでは差はつきにくいはず、、、

むしろフラットから登坂に代わるところで1歩でも速く走り始め
1歩でも歩くのを遅める事がタイム短縮の鍵かなと思います。

IMG_4783.jpg
二合目 まだ二合目なんですけど、(写真:やべっちさん)
小刻みに建物があり、進んでいる実感が得られますので
気が楽ですね。ここら辺から雨水枡ときつい段差と歩道の幅が
狭くなったりしますので、前後のランナーにペースを
影響される可能性が高そうです。

1206.jpg
エイドが開かれる細尾野林道交差点(写真:拾い物)
ここには仮設トイレも2基ありました。
ここいらを1時間33分位で通過したかな?

sankentyaya.jpg
三合目 三軒茶屋を通過します。(写真:拾い物)
ここが賑やかであった当時の事に思いを馳せます。

daikokuten.jpg
四合目 大黒小屋跡(写真:拾い物)

1228.jpg
四合五勺 御座石(写真:拾い物)

富士登山競走のコース紹介では、
この御座石で次が五合目:佐藤小屋なんですが、

五合目まで、
中宮、たばこ屋、不動小屋跡や表示があったりします。
アスファルト路の林道に合流したりと、
飽きさせません。 というかもうそろそろって思って
建造物が出て、あぁ違うわぁって思いながら
進みます。

そして2回目のアスファルトに出ると五合目コースは
佐藤小屋へ登坂せず、アスファルト路を走り
その奥に設置されているであろうゴールへ飛び込みます。

時計をストップ
試走されている方にお声掛けさせていただき、
五合目コースのゴール地点を教えて頂きます。

やべっちさんへ伝える為に、
アスファルトへの入り道で待機

ほどなくしてやべっちさんが駆け上がってきます。

「ファイト!!やべっち ラスト!!」
二人でゲートで締められたアスファルト路の脇をくぐり、
やべっちさんと併走して改めてゴール!!

IMG_4751.jpg
同じく試走ランナーに写真をお願いして一枚
【写真はやべっちさんより】

この日は天気が良くて、また五合目で一気に視界は開き、
上を見上げれば
雄大な富士の頂上が、、、
彼方に見えるのは、八合目等の山小屋か、、、
下界の富士五湖に目を奪われます。

富士登山競走五合目コース 試走 終了

市役所スタート~五合目佐藤小屋 ゴール
市役所~中の茶屋:40分21秒
中の茶屋~馬返し:1時間4分49秒(24分28秒)
馬返しにて休憩:1時間5分54秒(1分6秒)
馬返し~五合目:1時間58分11秒(52分17秒)


ゴールしましたが続きます レポ5へ、、、

何か気になる点があれば、コメントくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 レポ5【富士下山競走五合目コース】

佐藤小屋で少し休憩を取った二人
 さぁ出発です。
これから山頂へ向かおうとする試走ランナーに
背を向け、向かった先は下山ルート

やべっちさんと試走は往復いきましょうねって
打ち合わせしていました。

なので2時間かけて来た道を引き返します。
富士登山競争五合目コースって
距離15㎞ あります。
それを往復なので30㎞ 時間にして4時間30分はかかります。

やべっちさんと二人で、建築物や走り方などを
いろいろ実際の登山道で打ち合わせしながら
走ります。

またコースには多くの試走ランナーや
ハイカーで一杯。

かれこれ100名以上の方とご挨拶をさせていただきました。
お互い、エールを交換しあい、非常に清々しい気持ちに
なれました。

かれこれ、運動時間が3時間を超えたころ、、、

きました ハンガーノックにかかりました。
そりゃそうですよね、、、


スタート前に
定番の薄皮アンパン×3つを食べて、その後は
ウィダーインゼリー×1ヶ 180kcalしか
取っていませんでしたので、
身体の中のエネルギーが枯渇していました。

まだ馬返し 市役所まであと10㎞もあります。

隣のやべっちさんを見ると  めっちゃ元気!!
なんか 今からもう一本 登ろうかって感じの
声の大きさなんです。

ほうほうのていで市役所に向かいます。
そこで体感したのが、
登山競走の最初の交差点である月江寺交差点
20150628-120906(1)1.jpg
から市役所へ向かう道路

これ微妙に登っているんですよ。
浅野試走の際は 平坦って思ったけど、、、
これ若干傾斜あるよねwww
地味にきつい、、、

ぼろぼろの状態だからこそ、このほぼ平坦に思える
登り坂がきつく思えたのでした。


そんなこんなで、市役所まで帰ってきました。

もうお昼近くになっていましたが、
今から試走するってランナーがちらほらいました。
気温は29度くらいまであがり実践練習にはちょうど
良い気温にまで上昇していましたね。

やべっちさんと試走を無事完了できたことを
お互いたたえ、ハイタッチをかわす。
本当にこの日に一緒に走れたことに感謝です。


試走レポはあと1回続きます。
お付き合いくださいね。

何か気になる点があれば、コメントくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 レポ6【アフター編】

試走を完了させたkenとやべっちさんですが、
すぐに着替えて、帰る準備。

そして向かった先は
紅富士の湯
日帰り温泉を頂き、
HPに10%入湯料 割引クーポンがあります。
行かれる際は忘れずにお持ちください。
大きなお風呂で脚を伸ばして、試走の疲れを癒します。

そしてお風呂で汗をさっぱり流した後はご飯!!

山中湖にある 「小作」さんで
山梨名物 ほうとう を食べてきました。


ちなみにこちらもHPにアンケートに答えて5%割引クーポン
がありました。こちらはプリントアウトしなければ
いけないので注意が必要です。
今回 私は持参し忘れました。(涙)

P6280842.jpg
お店外観

お昼13時を過ぎたころですが、
多くのお客さんでお店は大繁盛していました。
でも座席数が多いのと、回転が速く、
あまり待つことなく通してくださいました。

P6280837.jpg

今回いただいた 豚肉ほうとう 1400円

相当お腹減っていたはずなんですが、
これ一杯で(汁まで飲み干す)お腹一杯になりました。

最初は ほうとう 大盛り にしてくださいって
言おうかと思っていました。
(ほうとう大盛りなんてあるのかどうか知りませんが)

あまり山梨に行ける機会がないとしたら、
少々お高めでしたが、食べる価値あるわ~
本当 美味しかったです。

だって豚肉ほうとう1杯1400円って書いてあって、
その横には 海老天重1300円 てあったので、

同じお金払うのなら海老天重の方がいいのでは
なんてことを考えてしまったのですが、
いやはや ほうとう美味しかったです。

今度は ほうとう不動で 大盛りにできるのなら
挑戦してみたいかな、、、


P6280826.jpg
やべっちさんと打ち上げ
kenはもちろん帰りの運転があるので飲まず。

やべっちさんと今日の試走や本番について
あれやこれやと楽しく打ち合わせさせていただきました。

ご飯を食べ終えて、二人、奈良へ帰るのでした。
奈良に帰ると真っ暗になっていました。

一応 日帰りで五合目コース往復の試走は可能でしたよ。
山頂コースはってなると自信ないなぁ、、、

もっと詳しく紹介してほしい内容があればコメントくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

津で名物グルメを堪能したよ。 うな丼と津ぎょうざ

三重県 津市に行ってきました。
前回の記事でかおりんさん、NGさん、から素敵なお店やグルメを
紹介いただきましたので、行ってきました。

かおりんさんご推薦の
津うなぎ の新玉亭さん
 「デカ盛うな丼」


そういえば思い返せば、いつ以来うなぎ食べてないだろう、
家でも外でも、、、
家内があまり得意ではありませんので、食べる機会が
ありませんでした。明確に思い出せるのが、
4年前に名古屋の東山動物園に行った際に
あつた蓬莱軒さんでひつまぶしを食べたのが最後かなぁ、、、

津で仕事を終え、そそくさとお店へ向かう。
店内は広く、すぐに通してもらえました。

IMG_4488.jpg
IMG_4483.jpg


御品書きを見て、、、
おぉ、、、
「デカ盛うな丼」 を探す、、、
ない、、、ない、、、

IMG_4473.jpg


かろうじて見つかるのは、
「各種中盛100円増し」の一文のみ、、、

店員さんに問い合わせると、どうやらかなり前に
大盛り(デカ盛)は終了したとの事、、、
どうやら御残しが多かったようで、、、

で ないものねだりをしてもだめなので、
 「並丼(二切、肝吸付)中盛り 1400円(税別)」
を注文しました。

店員さんから
ご飯倍ありますけど大丈夫ですか?」
って聞かれました。

自信はありませんが、とりあえず、
大丈夫ですっ」って自身まんまんに答えます。




うなぎなのでしばらくかかるだろうと思っていましたが、
10~15分位で持ってきてくださいました。

持ってきてくださったお盆に乗っているどんぶり
IMG_4477.jpg


あれ、、、
あれれ、、、

あの どんぶりのふた 浮いているんですけど、、、、
IMG_4478.jpg

別アングルから一枚、、、

中盛りでも日本昔話に出そうな位 ご飯が盛られていました。

IMG_4479.jpg

IMG_4480.jpg

ふたをあけると
ウナギの香ばしい匂いが食欲をそそります。
また甘いウナギのたれを口いっぱいにほおばりながら、
美味しくいただきました。

IMG_4482.jpg
完食です!!

新玉亭さんの うなどん中盛りですけど、
先日の 小作の ほうとう 御汁まで飲み干せるなら
食べきれますよ。
P6280837.jpg
上 写真は 小作のほうとう

例えが悪くてすいません。

ちなみに
shintamaoomori.png
namimori.png
大盛りはこんなに盛ってあるそうです。
右の通常サイズがかわいく見えますね。

さすがに大盛りは食べきる自信ないなぁ、、、



こうして津のうなぎを堪能して奈良に戻ります。

お腹一杯ではありましたが、
15分も過ぎると少しは食べられそうでしたので、

高速のサービスエリア安濃で、
NGさんより教えていただきました
「津ぎょうざ」を食べようと
IMG_4490.jpg

IMG_4499.jpg
フードコートの入り口からもう待ちきれません。

IMG_4492.jpg
津ぎょうざ・・・290円

IMG_4494.jpg
子供のげんこつ以上のサイズで
食べごたえ十分です!!

小学校でこれ出た日にはほんと、給食の時間が
待ちきれなくなりますよね。

休みの子が出て余った分はほんと 2、3個食べたくなりますね。
美味しかったです。今度はラーメン屋で
揚げたてを食べてみたいですね!!

こうして津のグルメを堪能して、奈良に帰ったのでした。

え、、、
亀山B級グルメの『亀山みそ焼きうどん』
はといいますと、、、
亀山は名古屋に向かう際に通過地点ともなりますので、
またチャンスはあると思いますので、今回はパスしました。

先日の山梨の 「ほうとう」 といい、日本にはまだまだ
食べたことのない美味しい名物が一杯ありそうですね。

ほんとうに今回は素敵なお店を紹介していただきまして
ありがとうございます。

ぜひ皆様も伊勢に行かれる際は
津にお立ち寄り頂き
新玉亭さんのうな丼を中盛りにして
お腹いっぱい ウナギのたれご飯を食べてくださいね。
さすがに2切れは少なかった。3切れの中丼がいい感じです。

津ぎょうざもいろいろお店がありますので
お気に入りの1店を探しにお店めぐりされるのもいいかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

四万十ウルトラマラソン 抽選結果は落選

*当ブログの右部 リンクサイトについて更新しました。
 リンクサイトへの更新まで手が行き届かず、先様へのリンク切れなど
 起こしていた為に、一旦削除させていただきました。
 なお現時点で残しているのは、先様にてこちらを
 リンクしていただいているところについては相互リンクという
 恰好で残させていただきました。
 記事で手一杯なので、ちょっと管理項目減らしてみました。

本編
2014年 第20回四万十ウルトラマラソンで
初ウルトラを走らせてもらいました。

今年2015年は 60㎞の部に出場しようと思っていました。

7月上旬当選発表とされていた四万十ウルトラマラソン
について昨日七夕に当選結果が発表され、落選しました。

これで2015年の抽選レースは2連敗です。
2015 金沢マラソン フル 倍率約3倍
2015 四万十ウルトラマラソン 倍率約3倍

当落の結果のみ二連敗する確率は
0.5×0.5=0.25 25% 4人に1人は二連敗

倍率からの確率は
2/3×2/3=4/9=0.44 44.4%
9人に4人は二連敗

さぁ年内のレースは富士登山競走五合目、奈良マラソンの
2本に確定しました。

2016年1~3月は 京都、東京、姫路の抽選レースに
申し込もうかなと思います。

さぁ この3レース どれか一つは当たりますように、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

冷やし中華ははじめません。 富士登山競走に向けて付け焼刃の筋トレ 始めました。

タイトルの通りです。
富士登山競争の試走に行った際に、

登坂路を速く登るためには、
息切れしない程度にペースを緩めて、
できる限り、フォアフットで走り続けることが
重要かなって思っています。


日常生活で階段を上る事はほとんどない為に、
いわゆる階段トレーニングはできていません。

階段登る際って、走って速く登ろうとすると息は切れるし、
登れば登るほど太ももの前はだるくなり、
速く走るために、つま先(フォアフット)走りが多くなります。

なので、走り始めてから継続できていなかった筋トレ
まぁ今回はスタミナ系を強化なので
筋持久力を鍛える為に、

10㎏のシャフトを担いで、
スクワット 50回 ⇒ 30回 ⇒ 20回 計100回
カーフレイズ 50回 ⇒ 50回

走った後に筋トレを始めました。
筋トレした翌日 筋肉痛になりました。

その状態でつなぎジョグしてきました。
走り出すと、筋肉痛が痛みます。
あぁ 強化されている実感!!
嬉しいです。


これを7/20位まで継続して
付け焼刃ながら最後のひと踏ん張りで
五合目コース 最後のアスファルト路を
短距離走なみにダッシュできるように頑張ります!!

スクワット35~40回目くらいの所で
家内が部屋のドアを開けて、
必死の形相でスクワットしているのをみて一言

「顔 怖い、、、」

って言って、ドアをそっと締めたのでした。

登山競走本番も、必死の形相で怖い顔して
ゼイハァ息を切らして登りますよ!!


たぶんもう少し継続すると、継続による慣れで100回くらいは
できるようになるかもねぇ~
そのかわり筋肉痛もしないようになるけどね。

ウエイト10㎏、回数50回などに今回は
考えた理屈はありません。
とりあえず、日常生活では得られない負荷を
身体にかけれたらいいと思った程度です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示