【いまさら速報】四万十川ウルトラマラソン結果

【体裁を整えるため、若干編集】

速報値100km 9時間53分

初ウルトラ 初四万十 初サブテン‼
コース コンディション 応援してくださった皆様
練習内容からアドバイスを頂きました皆様
大会に携われた皆様
ランナーでありながら応援してくださった出場者の皆様
送り出してくれた家族

本当にありがとうございます
普段のやり方とは別のため以上

もしよければおめでとうのクリックいただいてもよろしいですか?

お休みなさい 明日朝が恐怖です

四万十川ウルトラマラソン レースレポ1

四万十川ウルトラマラソン レースレポ1

【堂ヶ森の峠を駆け抜けろ!!】

先日は中途半端な速報で申し訳ありません。
編集して調整したいと思います。
コメントも遅くなりますが返信していきます。

では大阪マラソンが始まるまでに
レポを書き上げてしまわないと、、、

【本篇】
NEC_0419.jpg

shimanto-course.jpg


いろんなところは端折って
5:30のスタート1時間前

私の勝負靴
ターサージール(アスリートクラブ カスタムインソール入り)
pa193729111.jpg
そして勝負服
やっぱ恥ずかしい、、、

nec_042011.jpg

pa193734111.jpg


開会式はグランドで始まっているけど、
荷物を預けたら、そうそうにスタート地点に移動

かがり火がたかれ、和太鼓を打ち鳴らし
今から走る(戦う)ランナーを送り出してくれます。
PA1937371.jpg

んでなんか早く並びすぎたみたい、、、
PA1937391.jpg
スタートゲート近すぎ、、、
四万十川はブロックはないんですけど、、、
たとえるならAブロック 前から10列目程度、、、

いやそんな前にいるようなもんじゃないんすけどねぇ、、、
初めてなんですけど、、、 
といってもわざわざ後ろに行く気もさらさらないので、、、
スタートまで待機。

ちなみレース当日の前日はいい天気で
放射冷却により朝5時30分はめっちゃ冷え込んでいた。
ノースリーブ+ぐわぁTだと震えるくらい、、、

朝は冷え込むことを予想して、使い古した軍手を着用
そしてゴミ袋を着用
そしてスタートまでの間に暖を取るためのホッカイロ
これがめっちゃ役に立った。


全ては季節外れさんの白山ウルトラの記事から学んだ事だ。
まさか本当に10月中旬で冬の恰好するとは、、、

スタート前の装備は
ソニーのコードレスウォークマン

左手には、250mlのイオンウォータ(好きなタイミングで給水する為)
右手には、デジタルカメラ(280g)(写真を撮れたら楽しいだろうな)
左脚ポケットには、エアサロジェットα(きっと役に立つ)
右脚ポケットには、ホッカイロ

そしてウエストポーチには
アミノバイタルパーフェクトエネルギー×1ヶ
ザバスピットインリキッド ピーチ味×2ヶ
アミノバイタルプロ×2袋
ロキソニン×3錠
現金(500円玉×3枚)
トメダインフィルム×1枚

あれよあれよと時間がたってスタートの号砲がなった。
さぁスタートだ、、、
ちなみに有名人がいるわけでもないので、、、
丹後のような有名人渋滞はない、、、
スタート地点まで約10秒で通過、、、
ボタン押すのがめんどくさい、、、

今日の夜明けは6時14分
スタートは5:30 くどいようだが、、、
周りはまっくらだ、、、

等間隔で松明がかがり、キャンドルが足元を照らす、、、
そして2㎞程進んだころには、まだ真っ暗な道を走り出す。
ところどころにスタッフや近隣住民の方が車のヘッドライトで
道路を照らしてくださる。

pa193740111.jpg
写真は6時4分頃
スタートして30分ぐらい、、、
【5㎞:通過25分43秒 AVG5分9秒】
アドレナリン全開、ターサージールはいて、
前にはペーサー(勝手についていってるだけ)がいるだけで
こんなに速く走れるなんて、、、

おいおい速すぎませんか、、、
自問自答するも脚は勝手に動く、、、

私はランナーについていく方が自分の力以上を
引き出すことができるので、少しきつめを狙いながら
ついていくことにしています。

【5~10㎞:通過26分34秒 AVG5分19秒 】
【10㎞:52分25秒】

いやいやちょうど走っている所、みんな速すぎでしょ、、、
しかも登っているからね、、、
最初の給水ポイントで冷え防止用のビニール袋を
捨てさせてもらう。

ちなみに奈良や京都マラソンにあるスタート地点で
ゴミ袋をもったスタッフはいないので、、、
こういったものはゴミ箱があるまで
自分で責任を持って持つ。
ポケットに突っ込んでいた荷物が減って喜ぶ。

pa193742111.jpg
10㎞地点にて撮影
前の人(勝手に命名:以降ブルー)、
時計を見ながら私にとってもいいペースで走ってくれる。
青のサンバイザー、青シャツ、青ゲイター 後姿がかっこよすぎる、、、
そのすぐ後ろを走るぐわぁT 面白Tシャツで走る私、、、
はぁはぁ言いながらブルーについていく。
この後20㎞のトイレにブルーが駆け込むまで勝手について
行かせてもらいました。

というかこの堂ヶ森の峠
shimanto-course.jpg
地図で見ると急な登坂なのに、走れるよ、、、
周りがガンガン走って登っているので
まだサボるわけにはいかない、、、

【10~15㎞:通過27分13秒 AVG5分27秒 】
いい感じに、ペースが落ちてきた。
そうそうこののぼりの10㎞は60~65分程度で
無理しない程度に攻略するんだった。

pa193743111.jpg
このような車1台しか通れないようなコースをガンガン登る
まだ歩いている人はいない、、、
ばらけてきたとはいえ、まだまだランナーの数珠つなぎは続く。
抜かれる事も抜かすことも少なくなってきた、、、

pa193744111.jpg
道中に奈良県ランナーさんに抜かれた。
追い抜きざまにご挨拶を交わさせて頂きました。
ゼッケンの登録してある県が記載しているだけで、
こんなに親近感が持てるなんて、、、

pa193747111.jpg
わかるかなぁ 仮装ランナー
後ろにウルトラマンのお面をかぶって
走っておられました。荷物持って
仮装してなんでそんなに速いのですか、、、
謎だ、、、

というかペットボトルもって、デジカメもって
走っている私のような人もいなかったなぁ、、、



【15~20㎞:通過30分01秒 AVG6分1秒 】
【20㎞通過時点:1時間50分】

pa193749111.jpg
きつい坂だけど、、、
走れないことはない、、、
20㎞通過 貯金は10分、、、
ちょっときつかったけど、、、

きつい分だけ、、、まだ朝は涼しいのに
身体はあったかい、、、
身体はあったかい、、、

特に右脚部分が、、、
しかも右脚のポケット部分が、、、

ん ん なんで、、、そこだけあったかいの、、、
手を突っ込んでみるとスタートからその存在を
忘れていたホッカイロがひょっこりと現れた。

おいおい、、、少しでもウェイトを減らしたいのに
50gの重りを20㎞も担いでしまったじゃねーか、、、

次のエイドで捨てようと決心した。
でもまだ軍手は捨てない、、、

登り坂はあと少しつづく、、、
そしてレースはまだはじまったばかり、、、
レースレポ2へ続く、、、

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【四万十川ウルトラマラソン レースレポ2】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ2

【怒涛の下り坂! 私今日 絶好調ですか? 四万十川との出会い】

仕事が終わりません。今日から走ろうと思いましたが
きっとレポ書いていたらいい時間になって
今日もランオフだろうなぁ
ウルトラ翌日の筋肉痛が懐かしい、、、
走ってみて まだどれだけ疲れたまっているかを知りたかったんだけどなぁ

【本篇】
【20~25㎞】
20kmを過ぎてもあと少しのぼります。
天気は快晴!
PA1937511.jpg

そうして登ると初の給食エイドが出てきます。
PA1937521.jpg

ちなみに四万十川ウルトラのエイドですが、
2.5㎞毎に水のエイドが、、、
5㎞毎に 水、スポーツドリンク、軽食のエイドがあります。
ちなみに5㎞毎のエイドでの
スポーツドリンクはアクエリアスでした。
またコカコーラも用意されていました。

私はというと手に持っているイオンウォータを
自分のペースでのみ、ウエストポーチに入れた
アミノバイタルゼリーにて補給していました。

楽しみにしていた20㎞の給食では、
給水で水、スポーツドリンク、コーラ
給食で、カステラ、おにぎり、あんぱん(薄皮アンパン)、
バナナ、チョコレート菓子が準備されていました。

もちろん私は20㎞の給食では薄皮アンパンを1個もらい
イオンウォータで流し込む。ついでに
アミノバイタルプロを1袋補給
いままでどおりを続けることこそ大切。
楽しみにしていた割にこの程度の楽しみ方、、、
今思えばおにぎりを食べてもよかったかなぁ、、、

PA1937531.jpg

21㎞付近の頂上をすぎるといきなりの急な下り坂、、、
傾斜がきついので、ペースは自然と速くなるだろうと
思っていたけど、思いのほか、脚が前に出る!出る!!
今日の私は絶好調ですか?
前の人についていってるだけですが、、、

【20~25㎞:通過26分52秒 AVG5分23秒 】

【25~30㎞】
走りながら感じたのは、10㎞の峠に入ってから、
全然日差しがない。天気は快晴なのだが
直射日光は全然なく、下りは風が少し冷たいくらいだった。
道路上の脇にも苔が少々生えているくらいなので、
熱くなる身体には非常にやさしかった。

ちょうどこの頃イオンウォータがなくなりかけたので
エイドで、アクエリアスを入れてもらった。
イオンウォータとアクエリアスが混ざる。
味は関係ない、、、

キンキンに冷えているのが、軍手越しにもわかる。
まだ若干涼しいので軍手は着用したまま、、、

PA1937541.jpg
やっと30㎞まできた。

ペースはとんでもなく速い。
脚を使いすぎていないか?
まだ序盤だよ、、、 この先持たなくなるよ
そう考えるものの、脚は自然と前に出る。
前の人を見ると追っかけたくなる。
このころ位には、前後に数人程度と
ランナーがばらけてきていて、ついていけるところは
ついて行った方が楽なのはわかっていたので、
前のランナーについていかせて頂いた。

貯金は19分。 まだサブテンは恐れ多くて考えないようにする。
むしろ60㎞以降の撃沈を心配、、、

【25~30㎞:通過25分09秒 AVG5分02秒 】
【30㎞通過時点:2時間41分】

【30~35㎞】
四万十川ウルトラマラソンでは、
エイドの他にあらかじめ決められた間隔で
大会ジャンパーを来たスタッフが応援してくれていました。
もちろんほとんどのスタッフがランナーに向けて
エールを送ってくれます。

私はというと、まだ序盤だったので、
元気な挨拶はできませんでしたが、
帽子のつばに手を添えて頭だけ垂れる程度ですが
一礼をするようにすると、スタッフさんも
こちらを目を合わせて一礼を返して下さることが
ほとんどでした。
ランナーがばらけていたこともあるでしょうが、
自分に向けての応援と、それに応えてさらに
応えてくれる大会でした。


そんな風にスタッフにお礼を返しながら走ると
目の前には黒ずくめの人?が立っている。
なんか誘導している

ちがう、あれはライトセーバーだ!!

あれっ あれっ
まじでぇー、、、 あれは歴史上最後のシスの暗黒卿様じゃないかぁ

PA19375511.jpg









せっかくなので拡大!!

PA1937552.jpg
素敵すぎる!!
クオリティ高い!!!
思わず立ち止まってピンボケしないように
カメラ構えてしまったよ。

せっかくならダースベイダー様にコーラのお酌を
してもらえばよかった (後から後悔、、、)

たぶん私がカメラ持って行ったのは
この1枚を取るためといっても過言ではないだろう、、、
(いいすぎました。)

ダースベイダー様がいたのは33㎞付近
もちろん下り坂なので、絶好調!!

はっきり言ってペース速すぎ、、、
自分でも頭の中では、このままで行くべきか、、、
それとも思いっきりブレーキをかけるかを
の2択を考えてしまう、、、

それでも考えている間は、このままのペースを
維持してしまう。どうも下り坂で得られる速度を
殺すなんてもったいなさすぎる。
いくぞ!!今日の俺は絶好調!!!

【30~35㎞:通過25分13秒 AVG5分03秒 】

【35~40㎞】
この付近手前でとうとう四万十川が見え、川沿いを
走る事になります。とうとう四万十川が見えるように
なりました。
PA1937561.jpg


ちょうどこの頃に、前を歩くランナーが見えました。

今から歩くの、、、この人、完走 大丈夫かな?
トレーニング不足だったのかな

いろんな思いが頭の中でよぎります。

そして、、、オーバーペースで走っている私も
いつ あのようになるか、、、

「走りたい」
心は走ろうと思っているんだろうけど、
身体が、 脳が、、 拒否反応を起こすと走れない、、、
たぶんそんな状況なんだろうなぁ

自分はまだ60㎞までは走れる、、、
50㎞までは走ったことあるから+10㎞までは走れるはず、、、

歩く人をパスして心の中でエールを送り、前を走る、 走る。

最初の関門が見えました。
PA1937581.jpg

関門の時間は全く気にせず、、、
ただの通過点、、、
ここのエイドでバナナを頂いた。
普段は食べないバナナ しかも皮はむいていない

軍手はまだしている。
皮をむけない。 軍手外すか?
皮をむけない。 もう一回トライ
皮むけた。 食べる。

食べたり飲んだりしている間は歩いている。

これは練習で得た教訓だ。
むせてしんどくなるより、
食べるときは食べたほうがよい。
バナナ おいしかったなぁ。

関門を通過すると橋を渡る
橋では四万十川が綺麗に見れる。
写真を一枚。

PA1937601.jpg

またこの地点では応援のツアーバスが出ていたようで、
参加者の応援の人たちに多くのエールを頂き
元気をもらう。

まだこの時点では
朝の9時前

空は雲がかかっている。

「あれ今日は放射冷却で快晴のはずだけど、、、
曇りにかわったのかなぁ」

なんて甘い事を考えていた。
もちろんまだ軍手は外していない。
もう寒くないんだが、、、

このころになるとなぜか貧乏根性が働いてしまい
捨ててもいいはずの軍手が惜しくなって
61.5㎞のカヌー館で手荷物預けに預ければ
捨てなくてもすむじゃん なんて考えていた。

寒くもないのに、まだ軍手を付けて走る、、、

そして川沿いを走り、トンネルをくぐり、ようやく
40㎞地点が見えてきた。

PA1937621.jpg

【35~40㎞:通過26分42秒 AVG5分21秒 】
【40㎞通過時点:3時間33分】

サブテンへの貯金は27分!!
サブテンを意識しだしたのはこの辺かな、、、

レースは中盤へと続く レースレポ3へ続きます。

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【四万十川ウルトラマラソン レースレポ3】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ3

【限界突破!!脚はまだもちますか? 半家沈下橋を通過!!!】

もう明後日には大阪マラソンですね。
出場される皆様頑張ってください。
記録狙うのもいいですし、エイドなんかをじっくり楽しむ
のもレースの一つだと思いますよ。

【本篇】
【40~45㎞】
40㎞を通過してサブ10への貯金27分をゲットして、
ここでサブ10が見えてきたといいたかったけど、
これまでの私は50㎞走を3回トライしたけど、
いつもこの40㎞から撃沈していたので、、
どうしてもサブ10の現実味はまだなかった。

40数キロの給食エイドが見えてきた。
ここでトイレが2基見える。しかも扉があいていて
すぐ入れそう。

ここまでノートイレで過ごしてきたが、
実は20㎞位からトイレ(小)に行きたかった。
でも四万十川ウルトラはトイレの数が少なく、
エイドなどでは1基しかなく、しかもたいていは使用中だった。

やっぱり貧乏根性が働く。
トイレで時間ロスするのももったいないのに
さらにトイレ待ちなんかできるかよって
思ってずっと走ってきたんだ、、、

私で少ないって思うぐらいだから後ろの人たちはもっと
少ない、混んでるって思ったことだと思う。
もう少し増設してもいいんじゃないかぁ

そうしてとうとうすぐに入れるトイレを見つけた。
飛び込む。ここで初めて軍手を外す。
ペットボトルを置く。

トイレ小を済ませて、軍手を装着して
また走り出す。そして給食エイドで補給を取る。

40㎞なのでしっかり取る。
エイドの方に向かって「あんぱん」って話しかけると
エイドの方が 「これっ これっ」
て出してくれる。安定のあんぱん。
美味し過ぎる。
丁寧に「あんぱんくださいっ」ていうべきなんだろう。
ご免 そこまで余裕が無かったです。

そこまで痛むわけではないけど、
ロキソニン1錠目を投入。
アミノバイタルプロ×1袋を
コーラで流し込む。

コーラの炭酸がむせる、、、
そしてこれまでポケットに入れていた
エアサロを思いっきり吹きかける。
しっかりと休憩を取ったよ。
さぁ走り出そう!!

PA193763.jpg

今日は脚が動く、ガンガン動く
そうしていくと 着いた!!!
フル 42.195㎞
PA193764.jpg

通過タイムは3時間47分位

pa1937651.jpg


【40~45㎞:通過29分03秒 AVG5分49秒 】
トイレ・エイドでそれなりにゆっくりしたなぁ

【45~50㎞】
ここでの記憶はさっぱり
でも写真はしっかり取っている
50㎞地点
PA193767.jpg

【45~50㎞:通過26分31秒 AVG5分19秒 】
【50㎞通過時点:4時間29分】
そして貯金は31分へ積みあがっていく。

【50~55㎞】
そしてとうとう自己最長記録へ突入。
四万十川ウルトラマラソンの醍醐味である
半家沈下橋を走って渡れる所に来た。
写真では橋に人がいっぱいいるけど、、、
サブ10ペースでは橋はガラガラだ、、、
PA193769.jpg

PA193770.jpg

PA193771.jpg

PA193772.jpg

この橋は往復する。オールスポーツのカメラマンがポーズしてって
サインを送ってくれる!!
ガッツポーズを送る。でもその手にはイオンウォータのペットボトルを
握りしめている。もちろん軍手はまだしている。
もうこの時点ではレストステーションで預ける事にしていた。

じつはここらへんで堂ヶ森の峠でお世話になった
ブルーさんの背中を見つける。

あれっ あれっ 抜かれた覚えないのになぁ、、、
なんで? なんで? がいっぱい出てくる。

また沈下橋を過ぎると、2つ目の登坂がくる。

shimanto-course.jpg
赤枠の位置がおかしいのは気にしないで、、、

PA193773.jpg

pa1937741.jpg
ブルーさんの背中は走りやすいので、
追いついて御一緒させてもらう。

でもこの急な登坂、、、走って登れない、、、
いつもなら走るけど、、、
ここで無理して潰れたら、、、と考えると
スピードハイクに切替!!
両腕を大きく、両足を大股で歩く。

ちなみにブルーさんとはレストステーションのある
61.5㎞までご一緒させてもらいました。

【50~55㎞:通過29分05秒 AVG5分49秒 】

【55~60㎞】
そうして登りきるとあぁ 奈良県民ランナーさんに追いついた。
PA193775.jpg

結構速かったけどこうして出会えるとすごい嬉しい。
そうして関門2が出現する。通過時刻は気にしない。
でもこの辺からしんどくなってこのようなイベントごとでしか
撮影をしない、、、 関門が見えたから写真撮るみたいなもん、、、

PA193776.jpg

またこの途中でスタッフジャンパーを着た中学生かな
が吹奏楽で応援してくれる。

pa1937771.jpg

そしてとうとう60㎞を通過した。

【55~60㎞:通過28分31秒 AVG5分43秒 】
【60㎞通過時点:5時間26分】
そしてサブ10への貯金は、34分に!!!

60㎞通過まで全て6分/㎞を切って
貯金が出来た。
サブ10 見えてきたよ!
残り40㎞ でもここらへんから脚に違和感が、、、
そして初体験 レストステーションへ

レースは後半へと続く レースレポ4へ続きます。

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【四万十川ウルトラマラソン レースレポ4】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ4

【疲労で突然のハンガーノック!!自分との勝負が始まる サブテンへの攻防 岩間沈下橋を通過!!!】

今日はマイコース14㎞を走ってきました。
14㎞ 74分 AVG5分18秒
脚の重みはやはりあるものの、翌週には普通通り走れそう、、、

それを考えるとすごいな
 じぇーてぃーさんの京都マラソン、東京マラソン 2週連続フル3.5達成や
 仮装しての丹後100と白山ウルトラ100を2週連続で完走されただれやねんさん
 (しかも膨大な写真の数々、、、)
明日もう一回100㎞走るなんてムリムリ、、、

【本篇】
【60~65㎞】
60㎞を通過してサブ10への貯金34分をゲットして、
ブルーさんに引っ張ってもらって最高の状態ではしれて
居ました。この辺からときどき、脚の攣りそうになって
きたので、ときどきエアサロ休憩を入れる。

あぁもっててよかったぁ、、、 公式パンフにも
筋肉消炎鎮痛剤はおいてないって書いてあったから
持ってこうと思ったんだよねぇ

岩湧山でえむさん
が携帯されているのをみていいなぁって思っていました。
持って行って大正解。

DSCF8407.jpg
60㎞までは小さな方をポケットに入れました。
ジャストサイズでちょうどよかった。

60㎞の手荷物預かり後は大きい方を
ポケットに、、、 ポケットに入りきらないよ、、、(涙)

ブルーさんについていくととうとう第2関門で
そしてレストステーション(手荷物を受け取れる)に到着

PA193778.jpg

DSCF8175.jpg
下のテントの写真は前日 コース下見の際に撮影した写真です。

ウエストポーチの中はほぼすっからかん、、、
ここでの補給、休憩の取り方が今後のレースを左右する
そう思って入っていったけど、、、
余りにもランナーが少なくて、初めての為、勝手がわからない、、、

とりあえず給食エイド途中以外に給食できるように
ウエストポーチに入れるように
アミノバイタルパーフェクトエネルギーを2つもらう。
きんきんに冷やしてある。嬉しい!!
まぁ今食べないからぬるくなるんだけど、、、
給食には鉄板のアンパンを1個頂く。他にもおにぎり、バナナ、チョコレート
などいろいろあるのだが、ただエイドの方に「あんぱんっ」と
アンパンのみのを要求 しかもたったの1個、、、

せっかくのエイドだけど、周りには5~6人ぐらいしかランナーがいない
勝手がわからない、、、

まぁその辺に敷いてあるブルーシートに腰かけて、
手荷物袋から
ウエストポーチに入れてあった
アミノバイタルプロを飲み、イオンウォータ(中身はアクエリアス)
で流し込む。次いでにロキソニン2錠目を投入。
そしてエアサロ(大)をポケットに投入。

本当に痛いってわけではなかったので、ここでの投入は
しなくて良かったかな?

手荷物袋には練習靴のGT1000を入れていたけど、
このままターサージールで行くことに、、、

ウエストポーチに補給食を詰め込み、
小さなエアサロを脚全般にぶっかけて、
手荷物袋にお世話になった軍手とエアサロ突っ込み、

休憩をそこそこにして手荷物を預け出撃!!
あぁ あんまり楽しい思い出が無いんだよねぇ、、、

そして出発後間もなく、同郷の奈良県民ランナーさんに
抜かされる。そしてまったくついていけない
あれっ あれっ まぁマイペースで、、、
またブルーさんも私より先に行かれたのかそれとも
まだ休憩されているのかわからないんだよね

PA193779.jpg
奈良県民ランナーさんにぶち抜かれおいて行かれる写真

【60~65㎞:通過32分33秒 AVG6分31秒 】
手荷物補給があった割にはタイム的にはそこそこでしょ
でもとうとうキロ6分を超える事に、、、

【65~70㎞】
この辺から実は脚が動かなくなってきていました。
そしてこれまでウォークマンで音楽を聴きながら
走っていましたが、その音すらも煩わしくなり
ウォークマンを外すことに、、、自分の殻に
閉じこもっていたのを
四万十のみなさんの応援に応える事に、、、

そうすると、私に対して直接語りかけるような
多くの応援を頂くことが、、、

ぐわぁTを見て、「ぐわぁ」
「ぐわぁぐわぁぐわぁ」など
Tシャツを見て「ぐわぁ」と声掛けしてくれはる。

中には双眼鏡でゼッケンナンバーを確認して
個人名を検索されて通過する際に
「ken(本当は苗字)さんファイト―」

それとか「奈良からよく来たなぁー また来てやー」

応援の方を抜いて背中越しでも「頑張って~」なんて
応援してくれて

私は声はもうでないものの、動く上半身でお声がけ頂くと
片腕でガッツポーズをとったり、両腕を上げたりして
ジェスチャーする。すると後ろで歓声が上がった時もあった。

背中の「死ぬ気で走らんかい」って書いてあるよ
とかなどなどそれはもう直接の応援がうれしくてうれしくて、、、

こんなにもランナーとして応援して下さる人と一瞬の交流
が本当に楽しかったんです。

もちろん身体はボロボロ、歩いてもいいけど、ゴールまではまだまだ
だから少しでもちょっとでも走って歩いて前進あるのみ!!

そうこうすると四万十川ウルトラマラソン
2つ目の沈下橋が見えてきました。
69㎞地点
PA193780.jpg
通過の途中にて
PA193781.jpg
沈下橋の橋上にて 1
PA193782.jpg
沈下橋の橋上にて 2
PA193783.jpg

沈下橋通過後 後ろを振り返り撮影

そうして70㎞まで到着。
すでに歩きを入れないと走れない。

絶好のタイムで駆け抜けてきていた私はここら辺からサブ10
を達成したいと思うようになる。
今回逃すとサブ10達成するまで後悔するだろうなって
思うようになってきた。それを気力に走っている時は
前向きに走る。脚の底が痛くても走る。
頭の中では、「痛くても、気にせず走る 痛くても、気にせず走る」
と呪文のように繰り返し繰り返し、つぶやいて走る。
でもそんなおまじないも吐き気が襲いかかり、
それに抗えずに歩くことになる。一度歩いてしまうと
もう何回も歩くことに抵抗感はなくなる。
これまで補給やトイレ、激坂などは戦略的に歩いたものの
歩くことが普通となる。
そしてここからずっと歩くと、キロ10分で なんて考えて
あぁまだ12時間でゴールできるやぁ なんて考えるようになる。
 
そしてもちろん私のみ急激なペースダウンをしているので
後ろからはまだまだ元気な人が駆け抜けていく。

PA193784.jpg
その中に、一人 高知の29歳以下のランナーが私を抜いていく。
彼とは、「がんばれ」等のエールのやり取りをしながら少しご一緒させて頂いた。

この70㎞地点では二人まだサブテンのはざまにいた。
私は運よくサブ10の側に立てたが、彼は、、、
ゴール後に調べてみると80㎞以降復活はなかったようで、
惜しくもサブ10ならずだった。
後から考えても私が彼と同じ立場になることも十二分にあった。
レースは終わるまでわからないんだ、、、

PA193785.jpg


【65~70㎞:通過34分59秒 AVG7分00秒 】
【70㎞通過時点:6時間34分】
この10㎞で67分30秒 借金7分30秒、
そして貯金は残り26分減少する。
残り30㎞ サブ10 達成する為には、、、
どんな風に走る必要があるのかをぐるぐる考えることになっていた。

【70~75㎞】

PA193786.jpg

anzaisensei11.jpg
走りながら安西先生のセリフが
頭の中を何度もリフレインされる。
5㎞毎にラップを取っていた。
キロ7分ペースだと
1㎞:7分、2㎞:14分、3㎞21分、4㎞28分、5㎞35分

PA193787.jpg
追い越す背中を見ては走り出す。
少しでも引っ張っていただいて、見えないサブ10のボーダーを
越えるために、、、一歩一歩走り出す。

今まさに歩きと走りを混ぜて進む私には、そのボーダーとなる
1㎞毎の表示で手元の時計とキロ7分のはざまであることを
確認する。歩いて休憩を織り交ぜて無理やり走り出す。
崩れた私を追い越すランナーの背中を見ては
走るあの人はサブ10を達成されて、歩く私は悔し涙を飲む

PA193788.jpg


そんな事を抜かれる度に考え、また走り出す。
少しでも走るために、、
だれかの後ろについていく、、、

【70~75㎞:通過31分47秒 AVG6分22秒 】
タイム的には少し復活していたのかなぁ、、、

【75~80㎞】
どのへんだったか記憶がすでに有りませんが、、、
私は水分補給が下手なのでいつでも水分補給できるように
250mlのペットボトルを持って走っていました。
そしてウエストポーチには、アミノバイタルパーフェクトエネルギー2つを
入れていました。
しかしすでに吐き気が襲い、ゼリーすら取れなくなっていました。
また水分補給のペットボトルは持っているだけで、あまり効率よく
取れていない、、、 エイドでコーラもらうのでいいんじゃないか
って思うようになりました。

どこかのエイドで、ポットボトル250mlを捨てアミノバイタルパーフェクトエネルギー
2つ(130g×2ヶ)をほとんど取らずにゴミ箱へ入れました。
そうまでして軽量したかった。
ウエストポーチが軽くなると、腹の締付は緩くなり
若干吐き気は収まりました。
そしてこの辺からはエイドまで歩いてエイドではしっかり
給水を取るようにしました。

PA193789.jpg
そして79.5㎞の関門及び給食エイド、、、

ここでは吐き気の為、給食は取らずにコーラを1杯とアミノバイタルをとり
またロキソニン(3錠目)を取りました。

PA193790.jpg

【75~80㎞:通過32分00秒 AVG6分24秒 】
【80㎞通過時点:7時間38分】
サブ10への貯金は、残り22分に!!!
サブ10まだまだサブテンのボーダーに、、、
もしここから全て歩きになれば、3時間20分はかかる、、、
まだ全然余裕はない、、、

レースは終盤へと続く レースレポ5へ続きます。

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【四万十川ウルトラマラソン レースレポ5】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ5

【私を前へ突き動かすのは、ランナー、スタッフ、地元住民の暖かなエールのおかげでした。】

どうにか大阪マラソンが始まる前にレポを終えることが出来そうです。
レースレポは6で最終です。

【本篇】
【80~85㎞】
80㎞を通過してサブ10への貯金22分を残して、
残り20㎞をキロ7分で走れば、サブ10達成できるが、、、

依然として脚はいつでも攣るようにびくっ びくっ て
走りながら痙攣をし始める。

無茶すると完全につってしまうと、、、
もう終わってしまう、、、 でも歩くとキロ10まで落ちるから
その時点で達成できない、、、

サブ10ランナーのボーダーはまだ私の少し たったの少し後ろに
いるだけだ、、、

この頃に後ろから私を追い抜くランナー(仮に山田さん)に声をかけていただく。
nec_04271.jpg
背中のゼッケン左上に貼られた

私は初心者シールを貼っていたので、

山田さん「このペースだとサブ10行けるね」
私「そうっすね」

山田さん「ウルトラ 何回も走っているの?」
私「初めてっす、四万十も初めてっす」

山田さん「そりゃすごいね、初めてでサブ10狙えるなんて」
私「いやきびしいっす。さっきから歩いたりしてるんで、、、」

山田さん「これからもっともっとウルトラにはまるよ」
私「やっぱそうなりますかね、、、」

山田さん「どこか痛むところあるの?」
私「脚が痛みます。着地衝撃が耐えられなくなってきてます。
  あと吐き気があります。」

山田さん「そりゃまずいなぁ、、、熱中症かもしれない、、、
      これから先のエイドでかぶり水して
      水分はしっかり取ってね」
私「はい。ありがとうございます。」

山田さん「歩かなければサブ10いけるよ、、、」
私「ありがとうございます。ついていけるところまでついていかせてください」

それから引っ張っていただいている最中に
後ろから美女ガーに颯爽と抜かされる。

山田さんが美女ガーと話し始める。

山田さん「早いですね サブ10はこれまでしたことあるんですか?」
美女ガー「実はいつもあと少し余分にかかっちゃって、、、
       4分、、、5分、、、 はみ出るんですよ、、、
      だから今回こそは、、、
私「・・・ (無言 話す体力すらない、、、走るので精いっぱい、、、)

山田さん「今日は本当にいいコンディションですものね
      ここで無理しなければいけますね、、、」
美女ガー「そうですね。無理せず行けるところまで行きますよ」

山田さん「後ろの彼ですけど、初ウルトラでサブ10行けそうですよ」
美女ガー「すごーい、 あと少しがんばりましょうね」
私「はい ありがとうございます。」

そこから少しご一緒させて頂く。

でも脚はずっと痙攣しており、休憩かねてエアサロを吹き付ける、、、
3人で少し走っていくも、、、
私「すいません。痙攣しそうで、、、歩き入れます。
  先行ってください」
山田さん「わかった。まだサブ10行けるからね がんばって」

PA193791.jpg
私が離れると一瞬で遠くに(山田さんと美女ガー)

ここからまた歩いたり走ったりを繰り返し、抜かれる際は少しでも
ついていこうと走る。

【80~85㎞:通過34分11秒 AVG6分51秒 】
キロ7の攻防は続く、、、

【85~90㎞】
80㎞以降のエイドでは山田さんのアドバイス通り
エイドで冷水のかぶり水を頭から1杯

らぴゅたびとさんのこうすればよかったにあった通り、

~引用
「⑤水かけはほどほどに
 シューズがずぶずぶになってしまって、
靴擦れでえらいことになりました。
もう少し、やりようはあったと思います。」
~引用終わり

のある通り、頭を90°位しっかり御礼して
頭を突き出し頭のみかけてもらう。
頭の水を御礼したままブルンブルンして
水気をとる。それからキャップをかぶる。

靴は濡れないように細心の注意を払いました。
靴擦れの外傷が生じると走れなくなりゲームセットに
なる可能性が高いからです。

でもあんだけの冷水頭からかぶっているのに、
あんまり冷たい と思わなかったのはやはり
かなり体温上昇していたんだろうなぁ

「かぶり水最高に気持ちいい!!」
そして必ずエイドの方は
「もう一杯いる?」と聞いてくれます。

私は「1杯でいいです」とこたえ
給水所にてコーラがあればコーラを
無ければ、水を1杯 歩きながらしっかり取る。
また塩があればそれをねぶる。

各エイドこれでしのぎました。
もう固形物は入らない、、、

そう思っていましたが、次の86.9㎞の関門手前の
民家で応援されておられる方が
梨を提供していてくださり、一切れ頂きました。
本当に甘くておいしかったです。

またみかんかなんか私設エイドされている方から
みかんを1房頂きました。

この梨1切れ、みかん1房が60㎞以降で食べることが
できた固形物です。

60㎞以降は水とコーラと塩しか取れていませんでした。
そうして86.9㎞の第6関門を通過
PA193793.jpg
残り13㎞ 残された時間は 約94分
キロ7の攻防は続く、、、

PA193794.jpg
90㎞通過地点

【85~90㎞:通過33分513秒 AVG6分39秒 】
【90㎞通過時点:8時間45分】

ゴールは目前 レースレポ6(最終)へ続きます。

四万十川ウルトラ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【四万十川ウルトラマラソン レースレポ6(最終)】

四万十川ウルトラマラソン レースレポ6(最終)

【帰ってきたよ。四万十川ウルトラマラソン 最高の1日をありがとう!!】

明日の大阪マラソン天気が暑いくらいになりそうで、
フルでタイムも狙う方には少し厳しいかもしれまんね。
超大都市レース 出場される皆さん楽しんでくださいね。

【本篇】
【90~95㎞】
あと残り10㎞ 貯金は、14分
残された時間は74分、、、

キロ7分で行けば大丈夫!!
ようやく勝負に勝てそうな感じがしたころで、
70~90㎞区間でも大幅に遅れていなかったため、
すこしずつサブ10を手繰り寄せている実感はあった。

PA193795.jpg
91㎞地点の通過

そしてここらあたりから沿道の声援も
「おかえり~」「えらかったねぇ、、あと少し」
と変わっていった。

私はというと、走っている際の着地衝撃の痛みのみであったので
歩きを混ぜている時や、エールを送ってくださると
大変うれしくて、自然と笑顔になっていたようだ。

沿道からも「顔に余裕があるねぇ」
とおっしゃっていただいたくらいだ。

いやいや皆さんのエールで顔がほころんでいるだけなんです。
自然と笑顔になっているだけなんです。

でもここまできても油断すれば
一気にやられるのはわかっていたので
ここでも歩きと走りを混ぜながら、追い抜かれるたびに
エールをいただき、勝手についていこうともがいて
どうにかキロ7以下を死守する。

PA193796.jpg
コース上最後の関門
残り6㎞を50分で走ればOK。
キロ8分でもOKになってきていた。

【90~95㎞:通過31分38秒 AVG6分20秒 】
【95㎞通過時:9時間17分】
いつの間にか復活していたようだ。
ウルトラに復活はやはりあるみたいだ、、、

【95~100㎞】
残り5㎞で43分 キロ8分でもお釣りがくる。

こうしてサブ10をほぼ確信し始めた際も
ペースはキロ7分近くまで落ちているので、
ランナーに抜かれていく。

60㎞以降 ごぼう抜かれだ、、、
悔しい、、、 彼らは走れて、 私は走れない、、、
何が違うのか、、、
自分のレースプラン以上の走りができているはずなのに、、、
悔しい、、、 

そしてランナーは追い抜きざまに私に声をかけてくれる。
「サブ10行けるよ!」「あと少し!」
残り5㎞でみんなしんどい時にどうしてこんなに
声をかけてくれるんだろう。

私を追い抜くランナーのみなさんにとって
やはり歩く私の後ろ姿は勝負(サブ10)をあきらめた姿に
しか見えなかったのかもしれない。

そしてランナーである皆さんもランナーご自身がサブテンのボーダーに
いつ追いつかれるか戦っているからこそ
私のようなボーダーぎりぎりのランナーについては
自分を鼓舞する事も含めて 意識した「サブ10」の
単語を使ってエールを送ってくれたのかもしれない、、、

私を追い抜く中に一人のランナーがいた。
PA193797.jpg
Uさん 追い抜きざまにエールを送ってくださる。
「サブ10いけるよ!!!」

Uさんのエールと後姿が
「ついてこい!俺についてこれば、サブテンだ!!」
そうおっしゃってくださっている気がして
無意識で歩いている自分は前のランナーについていこうと
走り出す。 すぐに引き離されるけど、、、
見えなくなる迄走り出す。

もうはっきり言って残り5㎞の記憶なんて
あやふやだ、、、
96㎞、、、 97㎞、、、 98㎞、、、

1㎞の表示毎に残り時間を計算している。
そして98㎞地点を過ぎたころ、
最後の激坂が現れる。
前を進むランナーも歩いている。

私もご多忙にもれず歩く。
でも時間的には大丈夫。
ここで脚が動かなくならない限り、大丈夫。
確かな1歩を前に振出し歩く。

沿道の応援はがぜん増えて、
「おかえり」「もう歩いてもゴールにつくよ」
「10時間切れるよっ」て声をいただく。

激坂の途中で99㎞の表示が現れる。
時間はまだ9時間45分ぐらい

ここでようやくサブ10を確信する。

サブ10を目指す気持ちはスタート前から
練習時より的確な指導・アドバイスをくださったK.takaoさんの
コメントの一つに「私にはサブ10の目はある」
とおっしゃっていただいた一言である。

過大評価をいただいていると思っていたが、
ご自身の経験から裏付けされた記録は
なによりも私に自信を与えてくれた。

そしてレース当日
レース40㎞通過時点より狙い始めたサブ10。
40㎞通過後から約6時間20分が経過して
それがようやく確信に変わる。

激坂は突然 急な下り坂に変わり、
ゴールのある中村高校のグランドを囲むフェンスが見えてくるけど、
グルグルとその周辺を走る。

「まだか まだか、、、」

そうして高校の周りをひた走り
沿道の声援をいただきながら

中村高校の正門をくぐり、
グランドへと伸びるコースを最後 走る。

アナウンスが聞こえてくる。

「次の完走者は 奈良から、、
kenさんです。笑顔でゴールをしてください。」

やっぱり沿道の皆さんの暖かなエールで顔が
ほころんでいたらしい、、、

大型モニターには私がでかでかと映し出される。
恥ずかしい、、、でも嬉しい、、、

私の前後には人がいない。ゴールを独り占めである。

でもまだゴールは見えない
この直角カーブを曲がればゴールか?
PA193798.jpg

ゴールゲートが見えてきた。
サブ10できた!!
帰ってきた!!!
自分でもできた!!!

ゴールテープが用意され、ゴールに飛び込む!!!
ゴール!!!

ゴールに向かって一礼、、、
本当に楽しかった。

初ウルトラ、初四万十、初サブ10
初めてづくしで本当に嬉しい、、、

pa1937991.jpg
ゴールした後、ゴールシーンを一枚

DSCF8416.jpg
完走メダル。

【95~100㎞:通過36分??秒 】
【100㎞ゴール時点:9時間54分迄】

初めてのレースレポで稚拙な文章となりましたが、
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

この四万十川ウルトラマラソンが
今後もランナーに、応援者に、地元の皆様にとっても
愛され大切なレースになることを願ってやみません。

たくさんの感動をありがとうございます。

レースレポはこれで終わりですが、、、
あと少し四万十の後日談をアップしていきたいと
思います。四万十川初出場者にとって
いい情報になれば嬉しいのですが、、、
そしてブログのサブタイトルを考えないと、、、

四万十川ウルトラレースレポ お疲れ様の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

財布の紐 緩んでるwww フィニッシャー商品買っちゃった。

四万十川ウルトラマラソンから1週間がたち、
筋肉痛も癒え、大阪マラソンや大井川マラソン、和歌浦ハーフなどの
レースが繰り広げられる中、
幼稚園のバザーに行って、アサヒスーパードライ350mlの缶が
市価約198円+税ぐらいのものを100円でゲットできて
ひさびさの晩酌を楽しみました。

そして今日は「第20回四万十川ウルトラマラソン」  フィニッシャー商品
の締切日でした。

レース後からずっとどうしようかと悩んでいましたが、
自分のご褒美にメダルホルダー 白木を買いました。

どうも12月末ごろに送付されるみたい。
自分へのクリスマスプレゼントだな。

ここが天井ではなく通過点であるように頑張ろう。


応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【勝利の美酒】(メガネくんさんのパロディ)

kochi1.jpg

kochi2.jpg

kochi3.jpg

kochi4.jpg

kochi6.jpg

皆さん こんばんわ
四万十川ウルトラマラソンレースレポ楽しんでいただけましたでしょうか?

まだの方は是非読んでいただければ、嬉しいです。

四万十川ウルトラマラソンが終わってフルへの切り替えに苦慮している
またこの記事をミスって投稿してしまって来訪者に迷惑をかけているkenの
ブログへようこそ。

いやこの記事を皆さんがご覧いただくときはこんにちわ! になる頃でしょうか


この記事はメガネくんさんが丹後ウルトラマラソンにて
グループ対決の際の罰ゲームにて有志で行われた投稿に
感銘を受けたkenにおけるパロディの記事になります。

ブログ村グループ対決での両グループの皆様、
ブログ村の皆様にはお見苦しい文章と画像でお騒がせしまして
誠に申し訳ありません。

どうか寛大な心を持ってご笑覧頂ければ幸いです。


kochi501.jpg

そう そういうわけで僕は今、勝利の美酒に酔っているわけなんだよ。
本当にみんな 頑張ったよね。

3倍の0次関門を抽選で突破して当日は
朝の2時30分には起きて、5時30分からスタートして
速い人で6時間45分から14時間をかけて走り抜ける
ウルトラマラソン、、、

今回走ってみて僕は思ったんだ。
まだまだウルトラマラソン楽しめていないなって、、、

実は14時間の制限後には打ち上げ花火が上がったっていうしさ
夕焼けに染まる四万十川を見ることもできなかった。
給食エイドでは満足に補給も取らなかったんだ。

タイムばかりに気を取られ時計ばかり見ていた為に、
心のアルバムに残すべき四万十の情景が少ないんだよ。

また応援してくださる皆さんへもっとランナーとして
お応えするべきだったんじゃないかって、、、
やりたいことはまだまだあるじゃん って、、、

でもレースレポを読んでくれた人は
うすうす感じている人もいるかもしれないけど

文章 無駄に長いよね、、、
自分でもまとめ切れていない
本当に稚拙な文章なんだ、、、

文章力のある皆様が羨ましい。



おいおい
京都マラソン君
人がいい気持ちで酔っているのに、、、
横から入ってこないでくれよ、、、

なになにちゃんと案内しなきゃだめだって
そうだよね、、、

とっくの昔(10月7日)に抽選結果が発表されていた
京都マラソンですが、
kyoto.jpg

ありがたいことに当選しておりました。
京都マラソンについては、四万十、奈良と決まっていたので、
家族の了承がとりずらかったのですが、
どうにかエントリーさせてもらいました。
出場される皆様 どうぞ宜しくお願いします。

なんか今日は飲むピッチがはやいなぁ
一日頑張ったからねぇ、、、
kochi8.jpg

おーい 今日はもう一本飲んでもいいかなぁ
持ってきてくれよ。

kochi9.jpg

ありがとう 本当に今日のはおいしいよ。
みんなも味わいにおいでよ、、、

kochi10.jpg

ウルトラマラソンの先にあるものを見においでよ、、、



輝く星と輝いてたランナー、大会に携わった皆さんに…乾杯!

kochi7.jpg

いつも読んでくれてありがとう!
kochi1300.jpg

また来てね!絶対だよ?

「了」

ふぅ終わった 終わった、、、

えぇ今から次の店に行くから来いって、、、
 そんな今日は朝からウルトラ走って
2杯も飲んでそろそろホテルで休ませてよ、、、

引っ張らないでよ、、、


とういわけで次のお店へ、、、
kochi1301.jpg

おいおいどこへ連れて行くんだよ、、、

kochi1400.jpg

ほら見ろ真っ暗じゃねーか 危ないよ、、、

kochi1401.jpg

kochi15.jpg

kochi16.jpg


「日本の夜明けぜよ」
DSCF82671.jpg



これが言いたかったのかよ、、、
竜馬さん、、、





おいおい飲んでたら本当に夜が明けてしまったじゃん、、、眠いよ、、、
ウルトラ走った後くらいゆっくり眠らせてよ、、、



いやいや今日は奈良まで帰らないと、、、
やばい   まぶたが重い、、、




だから、、、





タウリン2000㎎を含む
栄養ドリンク「ゼヨ」を飲んで頑張ろう!!

DSCF83890.jpg

本当に 「 了 」


~ご連絡~

また来てね!絶対だよ?って書きましたが
諸事情によりいったん休止(休憩(約1週間くらい))を頂こうと思います。

休止と書くと=閉鎖的な意味合いがあるような感じがするので
期間を決めてお休みいただきます。

自分なりにいろいろと反省すべき点があります。

頂きましたコメントにはしっかり返信していきますので、
この記事についても感想なりご意見なりをいただければ幸いです。
さすがに2番煎じは2番煎じが否めません。

むしろメガネくんさんのあのインパクトはメガネくんさんだから
こそですね。記事にしながら難しかったです。

ちなみに、高知城から桂浜への間の夜はホテルで休んでおります。
ウルトラマラソン後の当日に四万十から高知まで移動して
その夜には高知城で撮影しましたが、

その後ホテルにていったん休み
夜明け前に起きて桂浜にて夜明けの写真を撮影しました。

本当にウルトラマラソン後に高知城、桂浜で飲み続ける体力は
ありませんので、、、

再開しても今回の四万十ウルトラのレース前後の件も
書きたい内容はあるので、再開しても四万十を話題にしている
かもしれません。

大阪マラソン以降急に寒くなりました。
これから本格的にフルマラソンのシーズンとなります。
皆様がこれまで練習で培われた努力が結果につながるよう
祈念いたします。

ありがとうございました。(やっぱり文章長くなった。)

渾身のパロディ 楽しんでいただけましたでしょうか
クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2014四万十川マラソン後日談

今日のRUN
7㎞・・・37分37秒 AVG5分23秒

7日間ランオフが続いたけど
それなりに走れたかな、、、
とおもったけど最初の2㎞まで走り方わすれてたw

四万十川ウルトラマラソンが終わって季節も
秋から冬へフルマラソンのシーズンインしました。
こちらもご多忙にもれず、地元奈良マラソンが約1ヶ月後に
開催ですが、、、

大阪マラソン開催までの間に一気に四万十川ウルトラの
レースレポを挙げましたが、その前後については全くでした。
初めての遠征とか、いろいろあったので 小出しに
書いていこうと思います。

10月20日(月)
ウルトラマラソンの翌日は仕事のお休みをいただきまして
お写真見てもらった通りですが、桂浜の夜明けを
撮影しに行ったり、高知城を観光したりしていました。

お土産も地元スーパーのサニーマートで調達したりして
高知を出ようとしたのが、朝11時

DSCF8391.jpg

じつは今回狙っていたお土産がありました。
四国で頑張るTHさんが岩湧山トレランで
みんなをあっと驚かせた
「霧の森大福」

霧の森菓子工房さんのHPをじっくり見てみると、、、
愛媛県での販売が多いのですが、

高知自動車道 馬立PA
「高知⇒高松・松山」方面でのみ
限定販売していました。

DSCF8392.jpg

HPを見てみるとしばしば月間売上No.1に輝くほど売れに売れていて、
在庫はかなり品薄状態。

との事でしたので、あったらラッキー程度によってみると
やっぱり店内には ない、、、

いろんなお土産があるんだけど、、、
霧の森大福のみない、、、、

がっくりして適当なお土産を買おうとレジに行くと、
「霧の森大福」のPOPが、、、

店員さんに聞いてみると「ありますよ」
との答えが、、、、

冷凍保存しているから店頭には並んでなかったんだねェ
おひとり様1箱との事で、1箱のみ購入。

DSCF8393.jpg

運よくゲットできたので、かおりんさんに 
「いいブツが手に入ったから長居まで届けにいくぜ」

ってメールをしようと思ったけど、、、
そんなことしたら、THさんのお株を
奪いかねないのと

またそもそもかおりんさんにしても、
いきなりそんなんされても迷惑だろう

っていうので、無難に会社の皆さんに食べてもらった。
会社受けめっちゃよかったです。
好評すぎて自分の分取り損ねた、、、(汗)

家族は抹茶系のお菓子苦手なので
別のものをちゃんと準備しましたよ。

DSCF8427.jpg

DSCF8434.jpg

THさんいいお土産情報ありがとうございました。
お株を奪うどころかTHさんのふんどしを
借りて社内での株をちょっこし上げることが出来ました。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示