剱岳 早月尾根 登頂 憧れ

季節外れさんのブログを見てから
記入してますので、後だしじゃんけん

今まさに旬な季節外れさんから
出てきたポイントは、
●剱岳登頂 3時間アタック
●朝4時集合
●お昼ご飯のお店の営業は2時30分までなので
  そこで食べれるように下山
  12時までには下山

ということで朝は遅刻してはいけない
ということで朝3時30分に到着すると、
若干あわてていはったなぁ、、、

正月以来の挨拶をかわし、
出発時刻まで互いに準備を進める。

剱岳 早月尾根コースの登山口で
ある馬場島へ到着。

手洗いを済ませ、季節外れさんが
している手洗いから
タイムアタックのスタート

IMG_1681.jpg
登山口より遠い側のトイレ、

ちなみに有名な石碑
IMG_1684.jpg
試練と憧れ

そして登山口
IMG_1685.jpg

の石碑でも登山口の表示でもなく
僕らのスタートは
IMG_1681.jpg
馬場島のトイレ。

過去に何度もアタックされている季節外れさんに
先導をお願いし、後ろにつかせてもらう。

IMG_1677.jpg
登山口からの急登を越え、
唯一の平坦路 松尾平

マラソンと同じようにピタッと後ろにつく。
ほんとに最初はピタッと付きすぎて、
プレッシャーを与えてしまっていたようだ。

私も少々 魔闘気を 出せるらしいwww
お世辞がどうかは別として、

後続にぴったりくっつかれるという
普段の登山ではなかなかされない状況を
楽しんで頂けたと思う。

後ろにつく自分はプレッシャーをかけるつもりはなく、
千切られると追いつけなくなるだろうな
ってつもりで、背後に張り付いていた。

走るかどうか微妙なところで歩きを取り入れておられ、
本気ではないな ってことは感じていた。

距離にして約7㎞、 しかし3時間はかかる。
ペース配分が非常に難しい。

斜度が急峻になると、
どうしても、後ろにピタッと付きすぎると
脚で顔を蹴られかねない範囲になったり、

ロープが張ってある所では、
私はロープは活用する方なので、
それを触ると季節外れさんのルート妨害を
するかもと思い、

登山で後ろにピタッと付きすぎると危険だと
思い、急峻なところでは、若干距離を開けて
いくと、やはり徐々にその差が広がってしまう。

IMG_1672.jpg
こんな感じで200mごとに案内板が
表示されるんだけど、見逃してしまうこともしばしば、

ペースの目安にしようとしたけど、見逃したことで、
一気に自分のペースに自信がなくなる。

あぁ これはペースを作ってもらっているなと
改めて感じながら、季節外れさんの背中に
私の息切れの吐息が聞こえる範囲についていくことに
集中する。

この登頂へのアタックについて、
ほぼ二人の間に会話はない。

むしろ、そこまで多くない20名位の先行者をパスするための
ご挨拶の方が多かったと思うくらいだ。

でも会話がないんじゃなくて、
私は会話ができなかったといったほうが正確で、
呼吸のリズムの乱れを抑えるべく、自分から
話しかけることはほぼ無かった。

そして、二人黙々登ることが気持ちよかった。
年末のペース走と同様、
会話がないだけで、駆け引きを感じていた。

話を戻して、登山中
季節外れさんが先行者に挨拶をされるとそのオーラ(魔闘気)
にふれてだからか

大概の先行者「先にどうぞっ」
って感じで道を譲っていただけるので、
先行者渋滞もほぼ皆無。

二人黙々と登り、
最初は季節外れさんのルートファインディング通りに
歩みを進めたが、それでは、差を縮めることができないので、
岩や木の根など掴めるものを利用しながら、
上半身を積極的に使い、直登することで、
季節外れさんの背中を追う。

IMG_1675.jpg


あと自分の給水・給食のスタイルとして、
25分毎にゼリーを二口、イオンウォーターを二口
定期的にとり、ハンガーノックを防ぐ。

背中にずっとついていくと、補給のタイミングが難しい。
補給をすると、差が広がり、
補給をしないと、後半 バテテ動けなくなる。

後者になっても仕方ないので、補給をしながら、
季節外れさんの背中を追っかける。

IMG_1645.jpg
ちなみに登頂の際に 一度、
スマホを取り出し、撮影するが、
その出し入れに手間取り、
一気に差が開いた。
やばい、、、 コレ 後で何言われるかわからん、、、

これ以降、登りは写真をとれず、、、


1時間38分が過ぎようとした頃に
平均斜度が30%を越えるこのコースで
いきなり、下り道が現れて焦る。

そして季節外れさんが走り出し、
その速さに驚いていると、
眼前にいきなり 早月小屋が現れた。

IMG_1670.jpg


ここまで1時間40分
ペースが速いのかどうかわかりもしないが、
トイレを済ませて、

季節外れさんから
「休みますか、行きますか?」

と質問されたので、
走っているわけではないので、
歩き続けることは可能なので、

「行きましょう」
「全然余裕ないです、きついっす」

といったつもりが、
とんでもない方向に聞き間違えられていた(涙)

「全然、余裕です」

大丈夫 まだ活動時間は1時間40分
ばてるにはまだ早い、、、

また季節外れさんを先頭に、トイレと軽い補給を済ませて
2分後には早月山荘から剱岳を目指して
二人 スタートした。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

剱岳 早月尾根 登頂 憧れ2

登山口から1時間30分が経過し、
2分ほど、その場で休憩して、 二人 また登山道を進む。

先ほどの休憩で季節外れさんは特に何も食べていなかったが、
ここでようやく補給食を取られるような感じ。

確かにこの補給時のちょっとした間のペースは
一段落ち、 呼吸が乱れるのは、ほんとよくわかる。

こちらも、携帯ゼリーが無くなると、
あんこ餅を用意していたのだけど、固形食を食べようとすると
食べるか、登るか どちらも集中できなくて、
結果的にペースが一段下がる。

早月小屋の標高2200mを超えて、
残すところ、
水平距離2.3㎞、(後日GARMINデータ調べ)
標高約800m

サブスリーまで残り時間 約1時間15分程

前日が山の日で、連休を取った人であろう
早月小屋からスタートした先行者を
先ほど同様にパスしながら、先を進む。

早月小屋を超え 2600mの森林限界を超えると
途端にルートが岩場へと切り替わる感じがする。

IMG_1668.jpg
IMG_1667.jpg

IMG_1662.jpg
【下山の際に撮影、 圧倒的な高度感を感じる。】
登りの際は、写真を撮る余裕はまったくなし

富士登山競走での花小屋を超えた感じ、、、

ただし富士吉田ルートみたいにきっちり整備された
登山路ではないので注意が必要。

残り時間が少なくなるにつれて、
身体の切れが無くなっていることを実感。

また早月小屋を超えると、
まだ登山路には太陽がさしておらず、
風が吹くと それまでの汗が冷えて
若干 涼しさを超えて、寒さを感じたりする。

それでも、Tシャツ、アンダーシャツ、ランパン、CW-X、
で十分。 ちょうど暑くもなく、寒くもないいい状態。

ただ一点、 自分のかいた汗が完走して、
抜群に汗臭い、、、

汗臭さを気にしつつ、季節外れさんを追いかけるが、
2時間30分を超えたあたりで、若干の差がつくように
なる。

IMG_1666.jpg
目印となる標高2800mのプレート
登りでは完全に見落とし、ペース感覚を誤った
(写真は、下山の際に撮影)

完全に千切られたのは、 剱岳登頂の為の
早月尾根コースと別山尾根コースが
合流する地点から剱岳山頂までの間。

合流を示す標識
ここで悔しくも時計は2時間58分前後を指していた。
そこから目視できる範囲では
祠は見えず、、、

残念な気持ちを隠せず、テンションダウン

また別山尾根からの登山者で
ルートは渋滞。

また 今回、急峻な岩場を直登することが
多かったからか、両太もも前側の
一番大きな筋肉が攣りそうなけいれんを
感じていた。

こんなところで攣ると厄介なので、
ペースを遅くしながら、季節外れさんより
遅れる事 20秒程度で

早月尾根、別山尾根から目と鼻の先にある
剱岳山頂へゴール

早月尾根、別山尾根の分岐を示す標識から
山頂まではほんと目と鼻の先

IMG_1658.jpg
山頂には30~40名程の登山者が
登頂を喜び、写真を撮り、思い思いに過ごされていた。

IMG_1656.jpg
富山平野、富山湾が眼下に広がる。

IMG_1651.jpg
山頂の祠では、撮影待ちが常に5~7組位いました。


IMG_1648.jpg
今日の天気は快晴
剱岳山頂からは富士山がはっきりと見えていた。

写真でいうとちょうどセンター
奥側の山の少しくぼんだ所の
さらに奥のかすんでいるけど
見えました。

ってこんな小さな写真では
わかりにくいですよね すいません

でも自分には、まだここでも富士山を
探すくらい、富士登山競走に憧れを
頂いていることを感じました。

去年 槍ヶ岳から富士山を見たときと同様
「来年 待ってろよ」
と心の中で叫んでいました。

剱岳サブスリーを目指して
登頂までに要した時間は、
3時間4分 微妙に足りない。

4分も遅れると完全なる実力不足、、、
前太もも 両方の攣りの傾向を見ると
今回 余力はない。

もしかしたら、2回目、3回目と同様にチャレンジすれば、
今回 初挑戦との事で、
次は3時間を切れるかもしれないが
山頂で季節外れさんが
(サブスリーできなかったのは)
「僕たち らしい ですね」

の一言に素直に笑ってしまいましたwww

そして剱岳山頂では写真はすぐに撮っていただき、
あまりの人の多さで、すぐに晴れ渡っていたので、
富士山、槍ヶ岳、を見つけることができたので、
給食、給水を素早く摂り
季節外れさんからの声掛けを待つ。

そして声がかかる
季「(下山)行きますか?」

当然のごとく、
私「行きましょう」

今来た道を早々に下山に向かう。
本当に不安だったのはここからの下山路でした。

下山編へ続く。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

剱岳 早月尾根 下山1

今回は剱岳をピストンでしたので、

下山を開始して早々に
先ほど登山路で追い越した登山者に
登山マナーについてお怒りを頂いた。
お怒りの詳細については季節外れさんの
レポを読んで頂ければと思います。

今回のお怒りの内容はすでに記載頂きましたので、
私の側面からは書きませんが、

改めて、怒られる側にも原因があると
認識し、今回の教訓を配慮して山に入りたいと思います。

さて登頂については、二人、写真を撮ることもなく、
ただひたすら登頂まで頑張りましたが、

下山については、
少々 遊びが出るかなって思っていました。

また下りはそこまでっていわれる季節外れさんと、
こちらも3時間を過ぎて、疲れからペースダウンは否めない
と思いましたが、

季節外れさん ペース 落ちてねぇし、、、

急峻な登山路 下山するの めっちゃ怖いし、、、
ちなみに早月小屋に到着するまでの間に
のどは渇くし、異様に遠く感じるし
で、、、

やっぱり会話は若干増えるものの、
もくもくと二人 下山、

他の登山者をパスするときに交わす
ご挨拶の時に声を出す程度。

登山者の中には、トレラン姿の僕らに
興味深々で、
「何時間で登ったの?」
「往復で何時間なの?」
「さっき追い越したよね~
 速いね~!!」


って質問してくれる方もおられ、
若干の会話を楽しむこともできました。

下界に近づけば近づくほど、気温は高くなり、
疲れ、気温上昇、急峻な足場 に
気を抜けない走路が続いておりました。

それでもここまで先頭は季節外れさんに
お任せし、ルートファインディングをお願いし、
後ろを走らせていただくことで、
安全に配慮して進むことができました。

その下山のさなか、季節外れさんが
途中 足をぐねられたようで、
痛がる様子は結構ひどくぐねったようです。

それでも早月小屋までは、先頭を進んでくださり、
早月小屋まで帰ってきました。

スタートして、早くも4時間30分程度が経過、、、

私の唇は渇き、脱水の予備症候を感じていました。
この時感じたのは、ここまでになると、

スポーツドリンク系は全然飲みたくないこと、、、
でもここで補給をしないとなおさら動けないこと

やべっちさんからいただいたカロリーメイトと
お茶で復活したのを
先日の富士登山競走試走で学んでいたので、

IMG_1670.jpg


早月小屋で お茶500ml 500円を購入

そしてもっていたあんこ餅を食べて、お茶を飲んで補給。


水分があり止まって食べれるのならあんこ餅 補給にいいですね。

走りながらは絶対無理だし、
登りながら食べるのもきつかったなぁ。

歩きながら薄皮アンパン食べるは
ウルトラ対策にやってみましたがこれはまだできますよ。

奈良には
でもやっぱ凄いのは夏に40㎞のロング走されて
その途中に補給として赤飯にぎりを食べながら走る
おぐらさんがいはります。
すごいよ!! おぐらさん

あと奈良には奈良県民なのに
(兵庫の)武庫川まで走っていく
やべっちさんがいたり、、、

と奈良県民 ちょっと頑張ってるよね、、、?
自分も頑張らないと、、、

んで
話を戻して、早月小屋で
小屋前にあった椅子でしっかりと休憩をとって
スタート地点である馬場島を目指しました。

4時間30分が立ち、唇の乾燥はあれど、
まだばててる感じはしない、、、

早月小屋を過ぎると急峻な岩場もほぼなくなるので
少しは走れるのかな? とちょっと期待しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

剱岳 早月尾根 下山2

早月小屋を出立して、
足にダメージを抱えた季節外れさんに
やっぱり先頭を引いてもらいながら、
下山。

会話がようやくできるくらいになってきたので、
下山しながら、会話を楽しむ。

登山路の無言の心理戦と同じく
下山路の和気藹々とした感じも楽しい。

そういえば、お互い、山に入ることは
ソロが多いので、前に走られることも、
後ろにつかれる機会も少ないので、

標高1800mまで下山した際に、
季節外れさんに
「前に出ますよ」

と先頭を交代して進む。
後ろついてくるかな って思ったけど、

思った以上に足の捻挫がひどいようで、
すぐにその差が広がっていってしまいました。

前に出た手前、行けるところまで行こう
ってことと、

手持ちの補給食・給水がぎりぎりだった為、
ペースをあげて、早くゴールすることに切り替えて
進みました。

時間をかけると、のども渇き、腹も減るだろう
ってことで、走っているか早歩きしているか
のギリギリを狙って進んで、

標高1000m地点程の松尾平まで到着
ここから約1.0㎞程平坦なトレイル路が
続きます。

すでに5時間30分が経過し、
ここで気持ちよく走れるかどうか
で体力の減り具合がわかるかなと思います。

しんどかったら走ろうとしないもんね。
気持ち良いトレイルを走って、
スタート地点の

「試練と憧れ」の石碑まで到着

おぉっと ここが、ゴールじゃない

ゴールは  そう 季節外れさんの指定した手洗いwww

11時20分にゴールに到着して
5時9分にスタートして 往復6時間10分

往路:3時間3分
山頂休憩:5~8分
復路:3時間程度

往路も復路も同じくらい

下山路ですが、
○急峻な岩場での下山
○すれ違い渋滞
○体力低下によるペースダウン

などがあり、復路のタイムも往路と同じくらいになりました。
登りに比べ、下山路の長かったこと

復路も気を付けないといけませんね。
先に登山口に到着し、
水かぶりと水分補給をし、季節外れさんの
到着を少しの間待ちました。

あと1回 下山編を記入します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

剱岳 早月尾根 下山3

一足先にゴールして、
ちょっと戻って、 「試練と憧れ」の石碑の前に立つ。

6時間前のスタートの時なんか、
季節外れさんがジョグで進むから、
 
季「これがかの石碑です!」

って一言、 立ち止まるまでもなく、登山口にアタックしました。

IMG_1683.jpg

なので、季節外れさんの到着までの間に撮影
もちろんソロなので、石碑だけ。

んで少ししてから季節外れさんも帰還。

二人仲良く、駐車場まで移動。
馬場島荘の駐車場も1つ空いていたし、
下の駐車場も十分止めれる。

シルバーウィークの新穂高に比べると、
登山口まで気にせず歩いていけるぐらい。

んで、車に到着!!

季節外れさんから運動を終えてから
30分以内に補給しないとって

車の中をごそごそ されて

取り出したのは、

IMG_1688.jpg
キムチ だった

いやいや ラン後にキムチはないでしょう
白菜キムチは 炭水化物ないよね~

ってそんなものが出ないのは百も承知

入れ物が白菜キムチなだけであって、
中身は 

パティスリー季節外れ特性
バターサンド


IMG_1692.jpg

口に頬張ると、
まだ渇きを感じる口の中で、クッキーを口いっぱいに
入れすぎて むせた、、、

申し訳ありません、、、

味は、芳醇なバターの風味が、、、
ではなく、チーズの味はわからず
チョコレートの味もわからず、レーズン 
レーズンが なんか 半分生チョコの触感を彷彿とさせる。

表現へたくそでこれ以上書けませんが、
走った後のデザート 美味しかったです。

頑張ってよかった~www

お手製バターサンドを頬張りながら、
冷たい水を飲むのが最高に美味しかったです。

最近、走った後、コーラ飲む頻度が減っているなぁ。
特にロングトレイルの後は、コーラやスポーツ飲料より
水、麦茶が一番飲みたくなります。

二人でデザートを食べた後は移動して
アルプスの湯で 疲れをいやす。

走った後のお風呂 足を延ばせて最高www


お風呂の後には、恒例のキッチン季節外れはお休みで

季節外れさん選択のごはんやさんへ行く。
台湾菜館

台湾料理のお店って、結構ボリュームが多いお店が多く
こちらのお店もランチセットはご飯お替り自由。

今回の登山では、食欲不振になることはまったくなく、

IMG_1694.jpg
美味しく 回鍋肉定食をいただく。

DSCF2656.jpg
回鍋肉定食 このボリューム
救いは ラーメンが ミニ だった事。

DSCF2657.jpg
唐揚げ2個なんだけど、サイズは特大サイズ
小さいサイズなら4個くらいはある感じ、、、

この回鍋肉定食にご飯を1回お替りして
無事 美味しく完食!!

DSCF2711.jpg
そういや自分の持っている
mont-bell の北アルプスTシャツ

DSCF2712.jpg
○剱岳 ⇒ 登頂
○槍ヶ岳 ⇒ 登頂

○白馬岳 ⇒ 未登頂

さて残りはあと一つ。


今回剱岳には旬な友人のおかげで、
厳しくも楽しく、登頂することができました。

いろいろすれ違いや認識のずれなどが重なり、
何なら剱岳登頂はエアだったんじゃないかという説も…
あるかもしれないけど、

IMG_1703.jpg
あの時、 二人で剱岳に登ったこと

それだけは真実!!

富士登山競走 山頂編 延長戦 剱岳  完

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

白馬岳への登り方

残る一座 白馬岳

白馬岳を上った上で、
二人だからこそ行けるようなルートで

ってなると

二段くらいレベルアップができれば、
猿倉から白馬岳経由で栂海新道経由で親不知

も行けるのかなぁどうかなぁ?

夜明け前スタートがないことと、
日帰りにするにしては
ワンウェイでリスクが大きいことと、

ちょっとしか必要ないのに必須な
アイゼンがおもりになることを
考慮するとどうも行きにくいかな。

そのレベルに走力を持ってこれるかどうかも
わからないし、どのように白馬岳を登頂するか
それは来年の富士登山競走が終わってから
考えてもいいのかもしれない。

今はこの暑すぎる毎日 どうやって走ろう?

季節外れさん 誕生日おめでとうございます。
甲斐駒 頑張って!!

南アルプス レポ楽しみにしています。
南アルプスはきっと5年位は縁がないなぁ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

今週末は山へ行こう

さて明日は 山の日、

去年は剱岳に上ったけど、
今年は 白馬岳へ登ろう。

山行準備をしっかりとね。

NEC_0103.jpg

NEC_0105.jpg
山行計画書

あ 間違えた。
ハンドルネーム書いてどーするの、、、

修正、、、 修正。

天気持ちますように、
あと体力と胃腸、、、

季節外れさん のハンドルネームを
聞くと、オールシーズン 季節外れっぽいけど

件の人、 
「夏こそ わが季節」

って言い切るぐらい
オンシーズンで絶好調と思うので、
もしかしたら、山中置いてけぼり
されているかもしれませんね。

できる限り迷惑かけないよう
がんばります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

ダイジェスト 季節外れさんと不帰のキレット越えの白馬岳登頂

8月12日に、
富山のトレイルランナー 
季節外れさん(別の名をミスターストイック)
と一緒に唐松岳から不帰のキレットを超えて
白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳を登頂してきました。

季節外れさん ブログはめっきりですが、
元気でしたよ。


天候のおかげで、ペースを落とさざるを得なくて
ギリギリの所で大雪渓以外はついていける
ペースでひいてくださいました。

季節外れ好きにはたまらない写真

NEC_0120.jpg
ここから不帰のキレットっすね
って言って、いきなり走り出す季節外れさん
当然、待ってくれないので、ガチで下るはめに、、、

NEC_0127.jpg
岩場楽しいねってハッスルする季節外れさん

NEC_0139.jpg
パティスリー季節外れも絶好調
2色のパウンドケーキをおやつにいただく。
美味しかったっすよ!!

NEC_0148.jpg
白馬岳登頂後、写真撮影をお願いされる季節外れさん。

NEC_0154.jpg
大雪渓の真ん中の小さいピンクが季節外れさん。

大雪渓 おんなじ所 3.0㎞の所、
kenは30分かかったけど、季節外れさん17分で通過
ここだけはついてくことできんかったわぁ~
ってか大雪渓 怖いよw

NEC_0159.jpg

今日の山行はいろいろと反省点も
多かったけど、

でも下山して1時間後に温泉浸かっていたら、
次の計画について打ち合わせをしていました。

コース設定からサポートまで
ありがとうございました。

翌日、白馬岳から猿倉の下りで、
筋肉痛になってました。

富士登山競走でも筋肉痛にならんかったのにね。

みんなも山に登ればいいのに
山 楽しいっすよ。

いや こんなピークハントも一つの
楽しみ方として見てもらえばと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示