富士登山競走 山頂コース エントリーしました!


仕事 ひと段落しました。
昨日は富士登山競走のエントリー日でした。

富士登山競走 山頂コース 
幸いにもエントリーできました。!

ほぼ30分でエントリーが締め切られる厳しい
戦いでした。

エントリー開始から20分経過した
9時20分頃のエントリー画面では、
すでに五合目コースは締め切られていました。

エントリーできたおかげで、
冬眠から一気に気持ちだけ覚醒しました。
これからなまった身体を揺り起こしていきます。

富士登山競走のエントリーのHPには、
こんな一文があります。 

ここには、過酷にも挑む価値がある。

市街地ロードレース+クロスカントリー+山岳レースの
総合技術力+気力+体力で、
山頂コース完走率約50パーセントの
富士登山競走にチャレンジしよう!

2年前、かの人のゴールシーンで心ふるえたレース、
1年前、佐藤小屋まで完走して挑戦権を得た五合目コース、
今年は、日本一の頂を目指して山頂コース に挑戦します。

今年、挑む価値とは 自分の目で、足で、
その価値を見れるよう登ります。

出場される皆様、よろしくお願いします!!

NEC_9358.jpg

東海道新幹線から撮影した富士山(静岡側より)

目先の目標は富士登山競走 山頂コース完走です。

富士登山競走の山頂コース エントリーが決まって
一応 去年の五合目コースに挑戦した時の練習日誌を
見返してみました。

暗峠走、二上山、八経ヶ岳、などなど
いろいろ頑張ってたみたいです。

今年はこの練習以上にトレーニングを積まないと
厳しい戦いになるだろうなぁって考えています。

【不安要素】
①動き続けることができる時間

五合目コースは 例えるなら ハーフマラソン

山頂コースは 例えるなら フルマラソン

kenはどうやらフルマラソンは苦手な人のようです。
ハーフの距離までは走れるけどその後、失速する撃沈型、

昨年五合目にチャレンジした際も、3合目あたりから
五合目コースなのに、ふくらはぎが攣りそうになったことから
走り方を考えないと、前半よくても、後半で撃沈して
DNFになる可能性大。
しかも動けなくなると、生死に関わるので
5時間は歩き、走り続けることができるようにしないと、、、

②高山病(高地順応化)
近畿最高峰でも約2000m
きっと富士山に試走に行けても2回まで、、、

去年9月に槍ヶ岳(3180m)には登頂した際は
高山病の症状はなし。

③渋滞に巻き込まれるか
 それとも前半無理するか?

山頂コース 参加者2500名
五合目コース 参加者1276名

去年の五合目に比べ、参加者が2倍になり、
昨年はほとんど渋滞には巻き込まれなかったけど、
山頂コースは渋滞に巻き込まれる可能性有。

よってペースを落とすと、渋滞に巻き込まれる可能性が
高くなり、ペースを上げると、前半消費しすぎて、
後半 撃沈の可能性が高くなる。

④補給の仕方
五合目コースは ほぼ補給しなくても走り切れたけど
山頂コースは補給しないと持たないだろうな
この補給が私は下手なので、考えどころです。

とまぁ4つも不安要素がありますので、
各々に対して、自分なりに対策を立てて

完走目指して頑張ります。
自分なりの対策は次回にでも、、、

そしてこの立てた対策は富士登山競走後の
フルマラソン サブ3に向けて役に立つと
考えていますので、
目先の富士登山競走山頂コース完走の為の
練習ですが、もちろん その後のフルマラソン サブ3を
見据えた練習として頑張ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走の試走レポを見ると自分も行きたくて行きたくてうずうず、、、

最近 レポでも賑やかになってきた
富士登山競走試走レポの関連

自身も参戦するから記事がとても面白くて、
もう今からでも行きたくなりますね

富士登山オフィシャルサイトでも
吉田ルートの山開きは7/1からと
身体はうずうずしています。

ですが、こちらは奈良県なので、
そう 試走に行けるものではありませんので、

それでも少しでもできることをやろうということで
ちょっとずつ 身体を高度に慣らしています。

ちょっとだけトレイルランナーwww

6/6 台北一高い山 七星山(標高1120m)
6/12  奈良県    大和葛城山(標高959m)
6/18 大阪一高い山 金剛山(標高1125m)
6/26 近畿一高い山 八経ヶ岳(標高1914m)


IMG_1543.jpg
一応 今年の写真です。 去年の使い回しじゃないよ、、、

登れば登るほど どんどん
山頂コースへの不安は増すばかりです、、、

あぁ 早く試走に行きたい、、、

やべっちさん がんばりましょうね

って先に今週末は暗峠登るんだよね~

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走 山頂コース試走 無事完了

7/9(土曜日) 奈良は朝 雨警報が出るくらいの大雨。
 でも出発
7/10(日曜日) 富士吉田市 快晴

ほんとうにいいお天気になりました。

関西の晴れ男 やべっちさんと
富士登山競走 山頂コース 試走を無事完了
することができました。

また詳細は明日から、、、
今日はもう眠いっす。

IMG_1583.jpg
山頂コース 最後の鳥居を通過するやべっちさん

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 山頂(中茶屋~山頂)タイム編 レポ1

NEC_0909.jpg
今回のシューズはゲルフジアタックにて

昨年9月に仲間入りした富士の名を冠する
君と一緒に登れてよかった!!

レース当日はライトレーサTSにて出走予定です。




最高のコンディションの中、試走することができました。
まずは最初に気にされる方もいるかもしれないので、
タイムから、、、

kenとやべっちさんは初めて富士山山頂を目指すので、
フル試走(市役所~山頂)は厳しいと思いましたので、
中の茶屋から山頂 としました。

富士登山競走は制限時間が 4時間30分

んでスタート(市役所)から中ノ茶屋までは
7.2㎞を 約40分程度で走れると考えました。

なので、今回の試走では中ノ茶屋から山頂までは
できれば、3時間45分位で登頂できれば、
ペースをつかめるかと思いました。

以下記録
中ノ茶屋から馬返し 24分
馬返しから五合目(佐藤小屋) 55分
五合目から富士山ホテル(八合目関門) 99分
富士山ホテルからゴール 34分

中ノ茶屋からゴールまで 3時間32分
五合目からゴールまで 2時間13分

一応目標の3時間45分切りにて登頂しました。

山頂までは高山病や脱水、熱中、
ハンガーノックなどの症状はなく、
歩き続けることはできました。
(急峻な岩場や 砂礫で脚を滑らせ
息を整えるために数秒立ち止まることは
ありましたけど)

あとやべっちさんが山小屋おおいから
騙されないでね ってことだったので、
後で確認用に写真を少し撮りながら進みました。
いい休憩にもなりましたし、これがなければ、
もう少し早く進むこともできたかな?

6合目以降 無理して進めなくなると
大変なので、一切走りませんでした。
登山競走ですがwww

NEC_0895.jpg
ゴール地点の鳥居
ここを過ぎればすぐって
言葉は実際のコースを走らないと
わからないよね。

この写真では、まだ上あるじゃん
って思ってました。昨日走るまではwww

鳥居超えたら約20~30mでゴールですね。
約10秒くらいは必要なので、
鳥居がゴールじゃないので気を付けて、、、

五合目から山頂までのタイムは
本番の時は、ランナー渋滞必死だろうから
このタイムは難しいかもしれない。

昨年のハンサムネコさんの
五合目から山頂まで後半の登りの
タイムと近いのですが、
ネコさんのタイムは五合目以降
ランナー渋滞の中でのタイムですので、
険しいコース取りをされたり渋滞待機を余儀なく
を考えると、ただただその、凄さを実感できます。

試走に行くに当たってはハンサムネコ、
bgさん、sadaさん他諸先輩方の記事を参考
させていただいております。

初めての登頂の中、不安でいっぱいでしたが、
詳細な記事のおかげで、無事に登頂
することができました。ありがとうございます。

富士登山競走に参加するきっかけに
なったbgさんも後半2時間15分程度で
登頂されているので、
頑張れば、完走できそうですし、
ちょっと油断すると制限時間に間に合わなそうです。

今回の試走では、ほぼ渋滞はなく、
また登山者や他の試走の方も
こちらの気配を感じるとコースを譲って
頂きました。大変感謝しております。

次からは関西在住者にとって参考に
なればとおもい試走レポを進めていきます。

やべっちさんのやべっち走遊記
を合わせてご覧いただくと面白いですよ。

目指せ 富士登山競走 完走!!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 前日編 レポ2

先日の記事 富士登山競走試走のレポ1だったのですが、
タイトルに試走が抜けていました。
勘違いさせるようなタイトルになりまして申し訳ありません。

本番は 7月22日(金)に開催されます。

******************

さっそく本番へ

やべっちさんと試走に行きましょうって
約束していて、実は6月下旬に行こうと
計画していたのですが、
ある方よりアドバイスをいただいて
山開きもしていませんし、雪も残っている
かもしれないし、二人とも富士山山頂は
初めてだしってことで、

山開きした後の7月9日に現地入りして
7月10日に行きましょう!!
ってことを相談していました。

ちなみに去年 五合目の試走に行ったときは、
日曜日の午前0時に出発して、
到着して仮眠を1時間程度とって、
五合目コース フル試走して
その日に帰ったことがありますが、

さすがに山頂目指しで弾丸登山は危険って
大人の判断で、しっかり前泊しました。

んで7月9日(土)はとういと
朝から 雨が じゃじゃ降り

めっちゃ雨降ってんねん、、、

金曜の晩から雨降ってたんやけど、
全然止んでなくて、むしろ土曜の朝の方が
元気よく降ってる感じ、、、

軽く絶望感をまといながら yahoo天気で
富士吉田市の天気を見ると、
明日はずっと晴れ

やべっちさんにメールで連絡
「天気予報を信じて試走行きましょうね」

ってメールすると、やべっちさんから
「行く気で準備してますよ!」

ってポジティブなメールが返ってきました。

そういや まだ準備できてないなぁ 
すごい雨やなぁ、、、

ってお外をみてたら、家内に
「子供 幼稚園に連れてってや~」

ってお願いされた。

いや むしろ休みの日の登下校の送り迎えは
私の仕事だった、、、

傘が傘の仕事をできないくらいじゃじゃぶりの
雨の中、子供を幼稚園に連れて行き、
帰ってきたら、

家内から 大雨警報でたから 幼稚園 今日 なくなったから
迎えにいったって~ って

おい 今 帰ってきたばっかですけど!!

とは言えずに、すぐさま また子供を迎えに行く。

往復1時間が ぱぁ に、、、(涙)

いや 今日明日は試走に行かせていただくのだから
これぐらいしないと、、、

無事に子供を迎えにいってようやく
試走の準備を進める。

んで試走の準備で
お店を広げていると
子供にどこ行くの?

って聞かれたりして準備が前に進まない、、、

試走の記事なのに、全然走らないこのレポのように
全然進まない、、、

んでようやく準備ができたので、

さぁ 「行くわ」

って言ったら
娘が

「私も連れてって」 って言い出した。

行き先は告げてないのに、
連れてってだ、、、 

無理、 今日は無理っていうと、

マジ泣きされた(涙)、、、

家の中は軽く修羅場になった
状態で、出発する。

嫁さん ごめん ってつぶやきながら、、、

あぁ ようやく家を出た。

んでやべっちさんと待ち合わせの時間・場所に
ついたら雨は小雨になっていた。

DSCF20451.jpg
満面の笑顔でやべっちさん登場

そうそうにやべっちさんの奥さん
手作りのチーズパンをいただく。
とっても美味しかったです。

奥さん 生地を一から手づくり
されているそう。 すごいなぁ、、、

やべっちさんと話しながら順調に
新東名高速を走って、

DSCF2049.jpg
とうとう 富士山見えた~
道中はもちろん雨が降ってましたので、
富士山見えると ウキウキしますね。

富士山 あまり見ないからかな

やべっちさんと、富士吉田ルートには
富士山六合目以降、外に
缶ジュースの自動販売機はあるのか
どうかということを話題にしたり

こんなことで盛り上がれるのも、
二人とも富士山 初登頂だからwww

DSCF2051.jpg
そしてとうとう御殿場ICに到着。

DSCF2058.jpg
途中、スーパーで買い出ししたら
宿に荷物を置いたりして、

DSCF2060.jpg
晩御飯に 甲州名物 ほうとうを食べに
小作へ突撃。

DSCF2062.jpg
小豆ほうとうにしようかな

DSCF2063.jpg
ほうとうじゃなくて海老・穴子重もいいな~

DSCF2066.jpg
って思いながら 安定のかぼちゃほうとう
今日も美味しくいただきました!

DSCF2077.jpg
ご飯を食べ終えると、富士山が
垣間見えました。
明日はきっと好天になる
そんな雰囲気の夕暮れ時でした。

DSCF2091.jpg
今回宿泊した宿がある河口湖にて

DSCF2093.jpg
対岸をパチリ、、、
三脚持って来ればよかった~

宿のおかみさんには早朝に立つので
料金を先払いさせていただき、
試走準備を進め
夜9時には布団に入りました。

9時って 小学生じゃないんだから、、、
って布団に入ってすぐに寝ちゃいました。

次は試走のスタートです!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 中ノ茶屋から五合目佐藤小屋編 レポ3

9時にはもう布団に入って、
次に起きたら 2時30分だった。
緊張しているよう、、、

んで起きたのは3時30分

ウルトラマラソンなみじゃねーか
そして、今日の活動時間も約10時間程度と
60~70㎞程度のウルトラマラソン並み、、、

NEC_0869.jpg
二人起きて準備する。

スタートは1時間後なので消化のために、
すぐに朝食を食べる。
朝食は いなりずし5個だ。

いつも朝RUNの際は食パン1枚で補給食を食べて
補う感じだけど、今日はパンよりお米だろうってことで
いつもよりガッツリと食べることした

と自分的にはおもったけど、
隣のやべっちさんは、

カップうどんを食べていた。
すげぇ 朝からガッツリだ、、、


あとでやべっちさん

「朝 食べすぎた」 
って笑っておっしゃてました

やっぱり食べすぎだったんだ、、、

んで準備してるときに天気予報を確認
朝4時15分時点で、16時まで快晴!!!

そして気温は17℃まで下がっている。

絶好の登山日和になったね!!

んで準備をそそくさと終えて、中ノ茶屋へ向かう二人。

DSCF2103.jpg
向かう道中に見た 富士山

最高の天気になったようだね
気分が否が応でも高まったくる。

今日はあのてっぺんまで登るんだ、、、

DSCF2105.jpg
中ノ茶屋へ行く道 ちょうど5㎞少し手前の
地点でここから富士山は佐藤小屋まで
見えなくなる。

NEC_0868.jpg
ちなみに今日は、エイドはないので、
ぐわぁTにトレランバックを背負ってスタート

NEC_0870.jpg
中ノ茶屋にはすでに車が5~6台止まっていたり、
市役所からスタートしたであろう試走者を数名パスする。

そして中ノ茶屋よりスタートする。
やべっちさんとは 頂上待ち合わせとだけ
打ち合わせし、各々のペースで走る。

NEC_0942.jpg
馬返し到着
去年のを思い出しながら走ること
3.6㎞ 約24分

昨年の五合目コースでは
23分15秒で走っていたことを考えると、
中ノ茶屋スタート(+)、荷物背負って(-)
のランを考えると、速いペースで走っているなぁ
って感じ。

とういうより去年は中ノ茶屋までを
36分で走って、すでにバテバテだったような
気がする。

中ノ茶屋から馬返しは、ペースは遅くてもいいから
ランニングフォームはとり続けようの
暗峠パターンで走ると、どうにかがまんできるくらい。

大石茶屋跡を超えてからの残り1.2㎞の
斜度がきつくなる最後がしんどいよね


今日は山頂まで行くので、
佐藤小屋を超えてからが本番と思って、
馬返しに入るときつい斜度は
素直に歩きに切り替える。

自分でも結構歩いているなぁ
って感じでどのくらいで佐藤小屋へ
つけるかが見極めたかった。

結果五合目までは55分でいけたみたい

NEC_0941.jpg
馬返しから10分くらい走ると
1合目に到着。

NEC_0938.jpg
んでまた10分くらいで2合目に到着

NEC_0939.jpg
こんな感じの走ろうと思えば走れる
位の微妙なトレイル路があったり、
段差がきついところがあったり、

この辺はトレランされている人がいれば、
もう普通の登りのコースで
まったく下るコースはありませんが、、、

NEC_0871.jpg
んで登り続けると、
二合五勺のエイドのある
細尾野林道交差点に到着
ちなみにこちら仮設トイレもありますよ

NEC_0937.jpg
これは帰りに撮影した写真
試走者がいますね~

NEC_0936.jpg
三合目からは人口建造物が5~7分位の間隔で
登場して気が紛れます。

え 紛れませんか???
いつ五合目の佐藤小屋につくかちょっと心配になるかもしれませんね

NEC_0935.jpg
三軒茶屋 があったと思われるところ、
すこし物寂しいですね。

こういった平たん路、 周りがいきなり走り出すので
注意です。つられて走ること間違いなし

NEC_0934.jpg
んで四合 大黒小屋

NEC_0933.jpg


NEC_0932.jpg
んで次は四合五勺の
御座石

NEC_0931.jpg
立派な建物があってびっくりですが、
ま ここも普通に走ります。

初めて走るランナーには
おいおい 五合目どこだよって
おもうかもしれませんね

NEC_0930.jpg
で とうとう 五合目 中宮

NEC_0929.jpg
中宮の看板の周りは特になにもなし
看板のみ、、、 うーんなんかあるのかな?
わかりませんでした。

NEC_0928.jpg
んで早川館のかんばん

NEC_0927.jpg
たばこ屋のあと

NEC_0926.jpg
たばこ屋跡

NEC_0925.jpg
不動神社

NEC_0924.jpg
不動神社

NEC_0923.jpg
不動神社を越えると
一旦 ロードに出ます。

NEC_0922.jpg
約200m程度ロードを走ると
またトレイル路に、、、
大会当日はもちろん
スタッフが案内してくれますので
迷うことはありません。

このロードですけど、たぶん走ると思いますが、
ここまで来ると、またトレイルになると
すごーく歩きたくなりますが、

実は佐藤小屋まであと少し、
もし走れるのであれば、走った方がいいです。

ただシングルトラックなので、
前が渋滞しだすポイントでもあります。

ここから佐藤小屋までの道は非常に狭く
走りずらいです。

もう一回ロードを横切る為の坂が
非常に厳しいところがあります。

この道を抜けると

NEC_0921.jpg
佐藤小屋へ到着
佐藤小屋の全景写真撮り忘れました。

たぶんやべっちさんが撮ってくれているはず、、、

NEC_0920.jpg
佐藤小屋ではインコや、ウサギを飼っていて
心が和みますが、

山頂コースで和むのは、
ここに大エイドが設けられることですね。

あと佐藤小屋では関門があって、
今年は 2時間20分で制限となり、
来年からは 2時間15分 で制限となります。

昨年の大会の実績を見ると、2時間15分以降に通過した
ランナー 約800名(参加者の約1/3)が佐藤小屋で
足きりになるようです。

スタートから五合目、五合目から山頂までの
登頂時間は出場者によって得意区間がわかれるので、
五合目から山頂までの山岳路が得意なランナーに
とっては不利になりますね。

佐藤小屋までの渋滞にはまり、力を出し切れず
関門に引っかかるランナーも出るかもしれません。

また無理なペースアップで五合目以降ふらふらの
状態で走るランナーが出るかもしれません。

ランナーはしっかりと大会要項で従い走るのみですね。

とまぁ 平坦なところはジョグで、斜度のきついところは、
スピードハイクで登って、
馬返しから佐藤小屋まで約55分

昨年の五合目コースは50分 と

そこまで差が出ずに登れてよかったです。

昨年五合目コースでは、途中 足攣りの
予感がありましたが、今回はまだまだ大丈夫!!


五合目からの山頂アタックを考えると
無理なペースアップは自重した方がいいみたいです。

五合目からも2時間以上動くので
五合目でへばってしまってはいけません。

そしてとうとう未踏の地を進みます
次回 佐藤小屋から山頂編へ続きます!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 本八合目富士山ホテルから山頂編 レポ5


今日は奈良のおっとーさんプレゼンツ
生駒縦走の日でしたね。
いいお天気で参加された皆様、
楽しかったと思います。

こちらは先週は試走、来週は本番と
マラソンポイント消費を抑えるべく、
生駒縦走は見送り

代わりに一人でダイトレでエア生駒縦走を実施!!
ってただのダイトレ 竹内峠から葛城山の往復
アタックやんけ って突っ込みが入るかもしれませんね

っていうか来週本番やのに、
今日もトレランって疲労抜きとか大丈夫かなぁ

正解かどうかは本戦の結果次第かな

あと今日のダイトレですが、
雨がよる降った早朝の一番に
入ったみたいで、動物も
ダイトレの走路そばで休憩していたみたいです。

2回 ダイトレ走路に 猪の気配を感じて
やっぱし人が動物たちの住処に脚を
踏み入れていることを実感

一回は親子の猪と思われる お母さん猪一頭と、
子供猪2頭が
少し手間を横切ってから停止して

こちらとの距離感を確認する息遣いが聞こえる。

ここも熊が出るのか?なんて恐怖を感じながら
こちらも息をひそめて、その動物との距離感と方向を探る。

幸い 進行方向にその動物はいなかったので、息をひそめながら
ちょっとずつ遠ざかる、、、

姿が見えない動物の息遣い ほんと怖い、、、

ほんと サトさんの熊とのニアミス 笑えない、、、

本編は以下から始まります。
今日も写真がたくさんですので、
先にぽちっと押してから読み進んでいただけると
嬉しいですwww

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

***********************
本編


とまぁ本八合目の富士山ホテルを過ぎ去って
自分はまだか まだか って思いながら
登っていると、

IMG_6394.jpg
トモエ館についていました。

IMG_6395.jpg
前の記事に書いた通り、
七合目にトモエ館越えたのに
また トモエ館出てきて少しびっくりする。

IMG_6396.jpg
コーラは山頂まで我慢我慢!!!

IMG_6398.jpg
通過しているのに気付かず
そんで富士山ホテルはまだか??
まだか???

って登っていると、

NEC_0891.jpg
いつの間にやら

NEC_0892.jpg
八合五勺の御来光館についてた。

ここからあと残り1㎞、標高差約270m程度
って再確認する。

富士登山競走の公式HPのコース紹介
⇒各ポイントの紹介のペースを見ると、
最後は 1㎞、標高差326m 斜度32.6% とあるけど、
富士吉田ルートの標高は 久須志神社は3715mなので、

残り1㎞、標高差は約265m 
ちなみにこちらのガーミンでのデータでは
0.88㎞、標高差284m となってます。

まあとにかく、頂上まであと、30分以内で到着しそう
ってわかると嬉しくなる。

IMG_6400.jpg
砂礫の道は滑ると体力消耗が
激しいので、一歩一歩確実に踏んで進む。

IMG_6401.jpg
写真小さくてわかりにくいんですが、
白い鳥居が2つ見えるようになります。
奥の鳥居がゴール直前の鳥居。

NEC_0893.jpg
そして九合目へ到着
NEC_0894.jpg
迎久須志神社

IMG_6403.jpg
九合目の鳥居をくぐります。

IMG_6404.jpg
ここまで来るとゴールが
近づいてくる感覚を実感できます。

IMG_6405.jpg
そして鳥居が見えてきました。

IMG_6412.jpg
ふとこれまでの登山道を見返すと
これからまだ登頂される人 人 人、、、

NEC_0895.jpg
そしてとうとう鳥居を超えて

IMG_6416.jpg
生まれて初めて富士山山頂へ到着 

これまで張りつめていた緊張から解け、
また汗も一気に冷え込み、身体は寒くなるほどでした。

あとこの日の山頂の山小屋にはコーラがなく
ただ切らして在庫がなかったのかな

最高にうまいコーラは大会当日まで
残しとくことにします。


でも最近、給水でスポーツドリンクを飲んでいると
甘ったるいのが口に残り、
お茶やお水が欲しくなります。

今日もトレランした後の麦茶がほんと
美味しかった。

富士登山競走の山頂コースの試走は
終わりましたが、富士山試走レポはまだ続きます。
次回は 剣ヶ峰 お鉢めぐり編です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 番外編 お鉢めぐり 剣ヶ峰編 レポ6

三連休 皆様 いかがお過ごしでしょうか
奈良ではおっとーさんプレゼンツ生駒縦走に
多くのランナーが集まったみたいで、
ちゃうちゃうさんのご主人 韋駄天お猿さんも
ご参加のようで、お会いしたかったなぁ~

この2年くらい 京都マラソンの時に
ご一緒させていただいておりますが、
しっかりとご挨拶をさせていただいたことがありません。

でもハーフ1時間25分で快走されたり、
走り続けるコツなどを教えてほしいものです。

とまぁ この3連休は子供のイベントも
絡んでいますので、おとなしく、来週の
ビックイベントに備えています。

今日は近所で花火大会がありましたので、
観賞してきました。

ちょーみんさんならどう撮影されるんだろうなぁ
って思いながら、やっぱりこちらは
コンデジで花火をむりくり撮影しています。

DSCF2129.jpg
【近所の花火大会にて】XQ2

やっぱりバルブ撮影機能とレリーズ取り付けはしたいなぁ、、、

**************************
【本編】
んで山頂に着く前ですが、
中の茶屋から8合五勺くらいまで
抜くことはあっても抜かされることは
なかったのですが、8合五勺ほどで
一人の試走者に抜かされました。

標高3400mを超えた登山路でジョグしてるよ~
ってビックリしまいた。

速い人になると、力のいれどころ、抜きどころが
あるみたいです。

こちらは自分なりのスピードハイクで精一杯(汗)

んでまぁ山頂に着くと、その方とご一緒になりまして
少し話世間話をさせていただきました。

やべっちさんの記事にある通り、
富士登山競走サブ3.5の走力のお方

こちらはサブ4どころか完走を懸念するくらいの
富士登山競走 初心者ランナー

ご家族は富士急ハイランドで遊んでおられるとの事、、、

いいなぁ 今度 うちも家族にそれ提案してみよう、、、

って家族みんなで富士急ハイランドで遊ぶのに
一人、試走ってありなんだろうか、、、

そのお方とお話させていただいていると
われらのやべっちさんが登ってきました。

IMG_1584.jpg
【鳥居をくぐるやべっちさん】

IMG_1586.jpg
【写真だからわからないけど、走るやべっちさん】

IMG_1587.jpg
【ゴールめがけて走るやべっちさん】

IMG_1581.jpg
【やべっちさんもゴール】

やべっちさん お疲れ様~
って登頂を讃えあい、記念撮影をすると、

さぁ休憩するのかなっ思うと、
ろくに休憩せずに、やべっちさんが

ヤ「お鉢めぐりしますよ!!」

ヤ「今から行きますよ」

えぇ~ 今からっすか、、、
やべっちさん 少し休憩したほうが、、、

とか言わさぬ雰囲気の中、

やべっちさん 走りだす、、、

や やべぇ、、、 置いてけぼり くらう、、、

というわけで動き出すけど、
やべっちさんより先にとうちゃくしてるくせに
身体がすごい重い、、、

重すぎて、お鉢めぐり 別にしなくていいって
その瞬間は思ったぐらい、、、

なんでやべっちさんがそんなに元気なのか
不思議でしょうがなかったです、、、

私はぼろぼろの身体を引きずって

NEC_0897.jpg
お鉢めぐり開始

NEC_0900.jpg
やべっちさんのもう一つの目的である、
富士山にある郵便局から手紙を出して


さぁ富士山の頂上 剣ヶ峰へアタックだ

ってやべっちさん やる気まんまん

どれだけ やる気まんまんかというと、
剣ヶ峰が見えて、こちらも初めてなので
記念撮影していると、


NEC_0904.jpg
1mほど前にいたやべっちさんが
















NEC_0905.jpg
ワープした!!!

どんだけやべっちさん 速いねん!!!

やべっちさんに謎のブースターが
搭載されたようです。

この時のやべっちさんが速いだけなのか
私が頂上で撃沈しただけなのか、、、

カメラを片付けた後、やべっちさんを
追っかけますが、追いつけませんでした。






NEC_0908.jpg
そして追いついたころには、

やべっちさんは日本で一番高いところで、、、
かっこいいポーズを とっていはりました、、、




というかやべっちさん 全然寒くないらしい、、、
私もウィンドブレーカを着ているし、

周りの試走者や登山者もウィンドブレーカやら長袖やら
着てはるのに、
やべっちさん この試走の間 ずっと半袖でした、、、


NEC_0907.jpg
富士山のプレート

NEC_0906.jpg
富士山の二等三角点にタッチ!!

やべっちさんと一緒に日本で一番高いところへ
到達することができました。

またこちらで先ほどの富士登山競走サブ3.5以上のランナー
とも記念撮影させていただき、本番での健闘を
祈念させていただきました。


無事にお鉢めぐりを済ませ、
剣ヶ峰へ登頂し、いよいよ下山します。

次回 富士登山競走試走 下山編へ続きます。

ぎりぎり本番までに試走レポ終わりそうwww
良かったwww

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

富士登山競走試走 下山編 レポ7

3連休終わっちゃいましたね~
三連休最終日はもう一度ダイトレへ行こうと
しましたが、先日の動物にビビったのと、
間違えて前日、怪談話を読んでしまって
ビビって、ロードを走るに切り替えました。
んでも走り出して、足の重さにびっくりして、
走って10mもせずに家に引き返してランオフへ、、、

しっかり疲れを取ろうと思います、、、

んで朝二度寝をして起きたら、
娘がプールバックを抱えていたwww

知らない間に今日はプールに行くことに
なっていたらしい、、、

外はめっちゃいい天気でまさにプール日和。
家内は買い物に行きたいみたいなので、
娘を連れて、行ったのは、

NEC_0951.jpg
三郷町ウォーターパーク

そう 先日のおっとーさんプレゼンツ
生駒縦走のスタート地点がある
三郷町だ。

安定のエアお見送りwww

いや 駅前のローソンにすら着いてないから
エアでもお見送りできてないよ。

NEC_0950.jpg
【ここのプールの目玉 スライダー】

無料でボートスライダーが利用できるんですが、
身長120㎝以上、体重80kg以下となり、
大人付添でも身長以下は乗れません

残念ながらうちの娘は乗れなかったので、
流れるプールで延々流れる、、、

橿原のプールは大人付添ならスライダーで
滑れるので、子供からしたら、ちょっと
物足りなかったと思います。

あとこのプール警備員の方も結構緩めで
一応禁止になっているサングラス着用での
プール入泳や時計着用での入泳でも注意、指導は
特になし、、、

他の市営プールではビシバシ注意が入っていたことを
考えると ゆるめだなぁ って思います。

あと最近は小型テントの持ち込みが多くなってますね。
なんかプールの淵にはテントが一杯たってて
びっくりしました。

まぁ大人700円、小学生未満無料、駐車場無料は
安いですものね。多くの人でにぎわってました。

【以下本編になります。】

NEC_0910.jpg
ハンガーノックでヘロヘロの状態のまま、
お鉢めぐりを終えて、久須志神社に帰ってくる。

さぁ下山開始だ!!
9時45分頃、下山ルートより下山開始

NEC_0911.jpg
めっちゃガスってます。
あんだけ天気よかったのに、
山の天気はわかりませんね。

下山道

砂礫の為に、小石がガンガン靴の中に
入って痛い痛い!!

んで、何回も何回も九十九折の下山道を
降るんだけど、全然進んでる実感なし、、、

八合の富士山ホテルの合流をようやく過ぎて
やべっちさんに 
「ごめんなさい、、、 休憩させてください」
ってお願いして

下江戸屋に到着。

ここまでろくに補給できていなかったのと、
口の中がスポドリの甘ったるい感じが
ずっと気持ち悪く、

ここで、おーいお茶を購入し
やべっちさんのカロリーメイトを1本いただく。

カロリーメイトめっちゃうまい
おーいお茶もめっちゃうまい!!

んで予防的にトイレ休憩して、
再スタート、、、


ハンガーノックが解消されたのか、
身体のしんどさが消えて、
一気に動けるようになる。

それからできる限り頑張って降るもなかなか
進まない。

NEC_0912.jpg
んでようやく、七合目公衆トイレに到着

NEC_0913.jpg
下山道を駆け下りるやべっちさん

NEC_0914.jpg
下山道を駆け下りるやべっちさん2


NEC_0915.jpg
あたりは五里霧中

NEC_0918.jpg
んでようやく六合目の安全指導センターへ到着

NEC_0919.jpg
安全指導センターから今登ってきた山頂を
見上げる。 ガスってなにも見えない、、、

見えた方がいいのか悪いのか、、、
当日は見えない方が涼しくて登りやすいんだろうな

んでここまでで、11時8分
なんと1時間20分かかっています。
結構頑張ったんだけどなぁ

ちなみに富士登山競走 下山ゴールは
富士スバルラインの五合目の駐車場から
さらに下ったところの下山バスまでなので、

実はまだまだ先は長いのです。

本番はさらに山頂へ登頂したら、
この下山バスに乗ろうと思うと、
14時までに到着の事って書いてますので
2時間30分しかありません。

今回六合目までの下山で1時間20分
かかっていること考えると、
厳しめですね。

下山バスに乗れなかったら自己責任で
北麓公園まで帰ってきてね

となります。

富士登山競走の山頂コースの
ゴール後の2時間の引き回しが一番きついですね。

最後にあと1回 富士登山競走試走編を書きます。

そうすると、次は本番 前日編が始まって、
やっぱり富士登山競走の事しか書かないことに
なりそうですねwww

そろそろ他の事 書きたいけど
夏の一大イベント 
富士登山競走に向けて調整していきます!!

目指せ 富士登山競走 完走!!

応援の意味合いで1クリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年京都マラソン 3時間7分
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示