ダイヤモンドトレイルの奈良側の果てで、、、 トレラン始めました。

季節外れさんにGW遊んでもらって
それなりに風邪から回復したのを実感。

4月に暗峠である一定の斜度になると
めっちゃ弱いことを感じたので、
せまる富士登山競走に勝てないことを痛感しました。

なので、苦手を克服する為にお山でのトレーニング
始めました。

トレランコース 2.4㎞ 標高差 約390m
平均斜度16%

途中で歩いちまった、、、
六合目を超えて鉄橋付近で、、、
心折れて、、、

結果
山頂まで24分10秒程度 AVG10分/㎞

5月中の目標は、、、
①歩かず登頂
②20分以内での完走(AVG8分/㎞)

惜しむらくは、距離の短さ
せめて1時間位は延々登りたいけど、、、
まずは身近にあるこのコースで練習だ!!

IMG_0606.jpg

ちなみにこの山の付近には
ダイヤモンドトレイル
の奈良側の起点

IMG_0607.jpg
どんずる峰 があります。

マッスルゴリさんがダイトレの紀見峠で遊んでいる中、
その奈良側の端っこで遊んでいました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ちょっと八経ヶ岳へ登ってきました。 トレラン

明日はやべっちさんが大台ケ原マラソンを
疾走されるのを祈願して、
富士登山競走の練習がてら
近畿最高峰の八経ヶ岳へ登ってきました。

NEC_9206.jpg


詳細はまた今度じっくり

今は帰ってきましたが、、、
屈伸が今はできないくらいダメージを負いました、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

近畿最高峰 八経ヶ岳 トレラン レポ前編 富士登山競走トレーニング

八経ヶ岳トレイルラン レポ前編

7月に富士登山競走 五合目コースに参加するにあたって
ふもとのコースでは、どうしても1時間程度も登坂し続けることができない
ことと、標高差とトレイルコースの苦手を克服が必要だと
考えていました。

そこで、付近にいいお山がないか探してみると、ありました。
日本百名山に数えられ、近畿最高峰を誇る
八経ヶ岳 標高1914.9m

そして天川村役場からの標高が、605m
標高差約1300m

とりあえず、標高差は富士登山競走
五合目コースの標高差1460mと近いな

距離は詳細をとれず、、、
まぁ行ってみよう
コースはこちらの逆ルートみたいな感じです。

天川村役場付近にある登山道を
5時10分頃スタート
NEC_9181.jpg

トレランバックには必要最低限のみを詰めて
カメラも携帯を使用。
でもドコモはほぼ圏外でした。

NEC_9182.jpg
この鉄塔をこえる34分くらいまでは急登で
なかなか走らせてくれません。
この鉄塔を超えると、若干走れるようになってきます。
もちろん走れるところはランニングフォームをとって
頑張ります。でも坂がつづくとすぐに心折れます。

NEC_9184.jpg

避難小屋に到着。ここから狼平まで3.9㎞ 2時間
この時、6時12分

そして進むこと 天女の舞 とある開けたところで
あやうくコースロストしかけました。
NEC_9186.jpg

なんだかんだでコースにもどることができて、
NEC_9189.jpg

分岐点に到着。今回初登頂となりますので、
弥山を先に行き、八経ヶ岳を進みます。
NEC_9195.jpg
狼平の避難小屋に到着
この時、7時12分
コースロストしたとはいえ、記載時間の約半分で
進むことができています。

NEC_9202.jpg
そして弥山 へ登頂
この時点で7時42分 約2時間30分

簡単にポカリを補給して
今回の目的地である八経ヶ岳を目指します。


NEC_9207.jpg
そして到着 7時56分 約2時間45分程度
ぐわTとウィンドブレーカで登頂

ここで約15分間程度エイド休憩して
NEC_9208.jpg
鉄板の薄皮あんぱんを食べる。
すべり止め軍手は持って行って正解だった。
無かったら手がかじかむところだった。

NEC_9209.jpg
山頂からの風景 ちなみに周りの山は全然わからないっす。

下山開始、 今きたルートを帰るのではなくて
弥山から 行者間トンネル登山口へ向かいます。
登山口から天川村役場までは
ロードを下りで走ればいいと思ってました。

これが良かったのか、悪かったのか、、、
レポは後編へ続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

近畿最高峰 八経ヶ岳 トレラン レポ後編 富士登山競走トレーニング

下山開始、 今きたルートを帰るのではなくて
弥山から 行者間トンネル登山口へ向かいます。
登山口から天川村役場までは
ロードを下りで走ればいいと思い
下山開始
弥山 この時、8時20分

行者間トンネル登山ルートは
通常の登山ルートでは日帰りルートなので、
この時も10組程度の登山家が登って
おられました。

もちろんこちらは下山なので、
一旦退避してとおっていただく際には
大きな声でお声掛け「おはようございます。」

恰好がトレランなので、
登山の方からは 「すごいねぇ」
や最近多いね って会話が少し弾みます。

ちなみに登頂ルートですれ違った登山家は
下山される1組のみ、
なので、自分のペースで走ったり登ったりできました。

またこの行者間トンネル登山ルートは
NEC_9213.jpg
この目印からコースが一気に様子が変化する。

走ることはおろか、よじ登るって感じの
登坂路になる。
もちろん下りは下りで怖いので、恐る恐る下っていく。

そうしてかれこれ約1時間程度下って、
NEC_9215.jpg
行者間トンネル登山ルートの登山口へ到着
時間:9時19分 登山道4時間10分程

そんでこっからは車を置いた
天川村役場までロードだし楽ちん、、、
なんて考えていました。

登山口にある駐車場の係りの方へ
役場まで何キロありますかってうかがうと

 「15㎞だよ、、、」

えぇ 今なんと、、、
15㎞、、、 15㎞もあるのかよ、、、

えぇと、、、 悩んでいてもしょうがない、、、
ってことでロードの下りを走り出す。

キロ6では走れるだろうって思ってたけど、、、
どうも体が動かない、、、

ところどころ歩きを入れて、進む。
そんで役場まで帰ってきた。
時間:11時 5時間50分の長旅が終了

ちなみに最後のロード15㎞は、
約1時間40分で、、、 キロ7より
ちょっと速い程度、、、

まぁ初めてのトライにしては
身体はそこそこ動いていたのではないかな

そしてトレランには、役場からの登山口が
やっぱりいいみたい。

トンネルからの登山口はどうも
登山の側面が強いかな。

今回の八経ヶ岳トレランは
役場からの登山口は
スタートからオフロードになるので、
富士登山競走5号目コースの
コース取りとはちょっと違うかな

でもこのコース
ちょっといろいろ考えて
もう少し走りこんでみよう。
なにせ、2時間近くも延々登れるコースは
限られてしまうからね。

八経ヶ岳、弥山に興味を持たれた方は
押してみてくださいね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

トレランにはやっぱりトレランシューズ いるかな?

これまで行ったトレランでは
ダイトレも岩湧山、先日の八経ヶ岳トレランも
靴は ロードのジョグ用
GT-1000-1(2) で走っていました。

グリップもそこそこするのでまぁ大丈夫でしたが、
やっぱりズルっていきそうになった場面は多々ありまして、、、

でも今回トレランをしているのは
仮想 富士登山競走を見据えてなので、

特に今回 五合目コースなので、
15㎞のコースのうち、馬返しまでの
10.8㎞まではロードなので、
靴はライトレーサTS3で走ろうと考えています。

でも本格的にトレランするとなると
トレランシューズ履いた方が速く
走れるんだろうなぁ、、、

ちょっと物欲がわいてきますが、
靴は置いといて、走った距離、時間、高度を
わかるようにしたいな と考えています。
GARMIN買うのはちょっと高いので、
GPSロガーでも購入しようかなんて
考えています。

タイムしか取っていないのはちょっと
もったいないので、、、


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

暗峠再アタック!! 箱殿から暗峠から南生駒から砂茶屋の往復走 前編

4月11日にやべっちさん、ぽよよさんと
一緒に伊勢街道玉造から暗峠、南生駒、西大寺へと
走りました。その時の暗峠での登坂では
歩いてしまいました。

実は奈良マラソンでも坂がきついので、
それなりに登坂には自信があったのですが、
コテンパンに返り討ちにあいました。

やべっちさんもいつもは走り切ると
おっしゃってはってさらに自信喪失、、、

イベント自体は楽しかったのですが、
歩いてしまったという悔しさは
頭から離れません。

近く再アタックしようと思っていましたが、
風邪をひいたり、こじらせたりでここまで
遅れちゃいました。

そんで再アタック行ってきました。
箱殿付近の駐車場に止めて、
コンビニでウエストポーチに
ウィダーインゼリーを1個もっとく。

今回、前回と違うのは、

いい面
〇峠までに1時間走っていない すぐに峠アタック
〇トレランバック背負ってない(きっと3㎏程度)
〇靴はライトレーサー(前回はgt1000)
〇2回目(コースを知っていると知らないのでは大違い)
〇また歩いてもなかったことにできる。

悪い面
〇富士登山の山頂を目指す好敵手(やべっちさん)がいない
〇伊勢街道の先達 美ジョガーがいない
〇奈良の美ジョガーの超絶エイド補給がない
〇走り切ってもだれも見ていない、、、

うーん言い訳できない、今回走り切れなかったら
自力がたりないだけだ、、、

というわけで6分ほどアップ程度にジョグで進んで
国道308号合流地点へkenも移動
IMG_0783.jpg
ここのとまれの制止線からスタート
やべっちさん ここで合っていますか?

IMG_0707.jpg
前回やべっちさんに待っていただいた箇所も走って

IMG_0679.jpg
今日も走って登られる方2名にお会いしました。

IMG_0642.jpg
308号への分岐点が見えたらもうひと頑張り!

IMG_0631.jpg
今日はどうにか走って(自分比)登ることができました。

ちなみにやべっちさんの情報を基にすると、
国道308号合流~暗峠:22分半(歩きを含む。)
15分程度のところで10秒程度あるかはったらしい、、、


⇒今日のkenの場合、21分39秒程度らしい、、、

まぁこのタイムなんかやべっちさんにしか
わからないと思うけど、たぶんあと何回か
アタックするから残しとこう、、、

そして暗峠から南生駒へ向かう。
IMG_0619.jpg
今日もいい天気、 鶏の鳴き声がすごく元気!!

やべっちさんの情報では、
暗峠~南生駒駅:18分半


⇒今回のkenの場合、18分16秒程度
 まぁほぼ一緒っていうか分岐間違えた
矢田丘陵へ向かう踏切の前の踏切で
ストップウォッチ押してしまったので、
多分一緒くらいかなぁ、、、

そして次のコース やべっちさんは
南生駒駅~矢田丘陵の峠~砂茶屋交差点。
南生駒~砂茶屋
この区間:30分


⇒kenの場合は35分 あれっえらい遅い、、、
 何していたんだろう、、、
 南生駒の間違えた踏切からコースロストしてたからかなぁ
 砂茶屋から箱殿まで戻ること考えて
 温存の為、ジョグしてたのかなぁ
 
 ついでに先日の山ちゃんより紹介のあったパン屋さん
 IMG_0620.jpg
まだ準備中でした。(午前7時30分ごろ あたりまえか、、、)
でもお店の人はいて今日の開店に向けて
パンを焼いているところなんでしょうね!!

写真に私の足が~~ゴメンなさい(パクリです)

この区間よそ見しながら矢田丘陵の峠も
歩かずに走り切る。
そして折り返し地点である砂茶屋交差点
IMG_0621.jpg
をターンして今きた矢田丘陵の峠と
暗峠を奈良側からアタックに走り出しました

後編に続く。

朝は寒かったけどやっぱり走り出したら暑かったね。
そうそうって思われた方は1プッシュお願いしますね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

暗峠再アタック!! 箱殿から暗峠から南生駒から砂茶屋の往復走 後編

砂茶屋から矢田丘陵の丘もやっぱりしんどい。
最初の南阪奈の下をくぐる橋までの坂は
すんなり登れるのだけど、それからの坂がきつい。

でもなんとなく走って登れるため、
追分の本陣やパン屋さんが見えてくるのを
楽しみに登る。あ いやちゃんとランニングフォームは
取ってますよ。 いろいろトライしながら走りましたよ。

そして矢田丘陵を攻略。
IMG_0622.jpg

そして少し下ったところにある
貯水タンクくらいから
南生駒を一望でき、次の目標の暗峠を確認
IMG_0629.jpg


さぁって今から行きますか!!
とウィダーインゼリーで少しずつ補給しながら
進んでいきます。登りを走るため、
下りは温存、

南生駒駅を通過して、奈良側から
暗峠をアタック。

大阪側から2回下っているため、
ところどころフラットになる区間を知っているため、
息を整える事ができることを知っていると、
頑張れる。まぁ奈良側から走ってもそれなりの斜度は
あるんですけどね。

奈良側からは
南生駒から暗峠3.8㎞
標高110m⇒455m(標高差345m)
平均斜度9%

南生駒から1.9㎞ 約半分
藤尾峠 阿弥陀石仏を祀る小堂
とのルート分岐あたりから
急に斜度がきつくなる。

暗峠の谷合に広がる綺麗な棚田や
うどん屋さんや鶏舎を目の楽しみに
しながらそれでも一歩一歩
ランニングフォームで頑張る。

そして到着。時刻は8:28分程
かれこれ2時間20分は走ってきたなぁ。

後は下るだけ、、、
暗峠のコースを紹介したくて
下りは写真を撮りながら進んだので、
登りは約22分で行けたところを、
下りは約35分もかけてしまった。

下っている道中、
ランナー、自転車、でトライしている方が
おられ、朝の挨拶と頑張ってください!
と一言かけていくと
皆さんきついはずなのに、元気にあいさつを
返してくれる。嬉しい瞬間です。

また暗峠を下っている道中、
やっぱり車はそれなりに通り、
また自転車を手押しで進む
中学生やこの付近の住人の方が
通らはるのをみて、やはり国道、生活道
なんだと実感した次第でした。

そうして、スタート地点に戻って、
約3時間にわたる
箱殿⇒暗峠⇒南生駒⇒矢田丘陵⇒砂茶屋
砂茶屋⇒矢田丘陵⇒南生駒⇒暗峠⇒箱殿
の往復走を終了しました。

自宅に戻る最中にコーラを飲みましたが
本当においしかったです。

でも気づいたことが一つ、、、
炭酸一杯のコーラ苦手でした。
私 炭酸の抜けたコーラが好きなようです。

あと朝寒かったので、ウィンドブレーカを着て走ったら
最初の暗峠で暑くて後悔した
いい天気の一日でした。

次は大阪側からの暗峠のご案内をしたいと思います。
仮題)kenと行くランナー目線で 暗峠アタック
    雰囲気だけでも掴んでもらえたら、、、

朝は寒かったけどやっぱり走り出したら暑かったね。
そうそうって思われた方は1プッシュお願いしますね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

トレイルランの登坂路における RUNとスピードハイクの考察

改めて自分自身が目的を見失いそうなので
しっかりと活字に残しておこう。

二上山トレランは楽しかったよ。
でもそれ以上に目的があるんです!!

【二上山アタック】
登山口~頂上まで
2.4㎞(標識上) 標高差390m 斜度16%


富士登山競走
【馬返しから三軒茶屋】 
馬返しから三軒茶屋まで
2.0㎞ 標高差390m 斜度 19.5%

ただし 二合目から三軒茶屋までの
200mで標高120mを稼ぐ区間を含む。

【三軒茶屋から五合目】 
2.2㎞ 標高差390m 斜度 17.7%


つまり馬返しから五合目までのアタックは、
二上山を連続2回を登り続けることなんだ!!

だから2往復はラクラクこなせないとだめなんだ!!

暗峠でランニングフォームを維持しながら登り切れた
ことを自信に変えて、二上山に
今日こそ走り切るぞって果敢にアタック、、、

あの丸太階段を 1段ずつ走りたいけど
斜度きつすぎて無理、、、
なので1段を2歩で自分比ランニングフォームで
登る。しんどい 心肺きっつい、、、

IMG_0824.jpg

でもあきらめない、、、あきらめない、、、
そんなこんなで登り切って1往復目終了・・・
登山口から 

1往復目 24分15秒迄ぐらい、、、(前回とほぼ一緒)

そして今きた道を2往復目する為に下る。下る。下る。
登坂路がそれなりにきつくて下りでも18~20分くらいかかる。

っていうかよろける脚がもつれそうで何度もこけかける、、、
そして登山口に戻って

2往復目スタート、、、

2往復目も歩かず走れたらいいんだろうけど、、、
たぶん無理、、、途中で歩いたらきっと
また悔しくて無理して走って登ることに
固執してしまいそうなので、

2往復目は戦法を変える事に!!
自分が急な登坂と思ったら、
すかさずスピードハイクに切り替える。
所詮2.4㎞なので、大股のストライド走
で太ももに両手を置いてアシストに回す。

それで歩きでもガシガシ前を目指して、
心肺はあがり息も切れ切れで進む。

事にして、登る。登る。登る。
ハイキングペースではないので、やっぱりしんどい、、、

2往復目 タイム25分2秒、、、

えぇ~ まじで 2本目なのに、歩きなのに、
1本目と50秒程度しか変わらないの~

bgさんのスピードハイク って意味が
ちょっとわかった気がしました。

スピードハイクの方が、身体も楽で、
進むみたいですね。
急登は走ることに固執することよりも
スピードハイクへの切り替えが私には
必要ということが分かりました。

ただしスピードハイクと ハイキングペースへは
知らず知らずのうち、楽な方へ流れちゃいますので
その点は自分との勝負ですね。

ランニングフォームを維持している間は
それなりのスピードで進みますので、、、

bgさんのスピードハイクとkenのスピードハイクは
きっと400㏄と原付位の違いがあるかもしれませんが、、、
えっ もっと差があるって、、、 やっぱり、、、(涙)
あぁ例えが分かりにくい、、、
 ほんとに bgさんのスピードハイクみたいなぁ!!!

とまぁ、トレイルランにおける急登は
スピードハイクが重要ってことを学びました。

あと前回目標20分でって言ったけど、
ちょっと無理っぽい
ってか24分から4分短縮って
16.6%も短くするのはちょっとキツいっす(涙)

季節外れさん、takeさん ごめんなさい
3往復できませんでした。(笑)

体力的な問題じゃないよ。
用事があったからだよ。って強がりを言ってみる。

あぁ いつかは3往復いかないとなぁ、、、
って3往復いくのは二上山だけだよ。
暗峠や八経ヶ岳は無理だからね。

って先に釘を刺しておく。
 
そんなこんなの富士登山競走 練習でした。
ってこれって練習になっているのかなって
思いながら地道に頑張ってます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

G-SHOCK高度計の精度について、検証 近畿最高峰八経ヶ岳にて

ガーミン欲しいよ
って記事にはたくさんのアドバイスありがとうございました。
そもそも最高グレードの920を欲しくなったきっかけは
といいますと、

富士登山競走をするにあたって
延々登る練習をするにあたって、
距離を把握したい。

bgさんの記事を読んで、
第67回 富士登山競走に参戦(4)
の中にあった一文
時間/標高を睨めっこ」記事引用
 制限時間4時間30分の中、

富士登山競走の
レース中に標高を見たいって思いました。

ほらなんか かっこいい じゃないですか
という他の人が持っているから自分も
欲しいという子供じみた発想のまま
家族に相談し、皆様へアドバイスを求めたわけですが、

ある方よりいただいたアドバイス
「持っているけど標高なんか見ないよ」

この一文で最高グレードの920にこだわる事
ないなって思えました。

といいますのも、あぁ やっと本題に入れた。

富士登山競走の本戦で
睨めっこはあきらめるとして、
諦められないのは、トレランの際の
走行距離、、、

一応ランナーの端くれなので、
やっぱり気になる走行距離、、、

八経ヶ岳へ登る際も、道を探したり
休憩したりと、普通のランとは違うので、
距離がわからない場合はざっくり
活動時間12分で1㎞ って計算しています。
まぁなんとざっくり過ぎる事だろう、、、

結果として走行距離と標高はGPSログさえ取っておけば
帰宅してからヤマレコにデータインすれば見れるじゃん
ってことで、ガーミンの220や620でもいけそうじゃん
って思いました。

ところで、カシオの時計G-SHOCKにも
高度を測定できるモデルがあるんです。

私も約7年前からこの時計を使用していますが、
高度計があるのを思い出して
かばんにぶら下げて八経ヶ岳へ登って精度を
見てみることにしました。
気温計もついていたので、ついでに取っています。
気圧計もついていましたが、こちらは計測忘れてました。

スタートの天川村役場の標高は
標高606m

んでGW9200での測定は、
P5300259.jpg
P5300258.jpg
P5300260.jpg
朝5時6分スタート前
高度695m(606m) 誤差率(+14.6%)
気温22.5℃ 

んで八経ヶ岳(標高1914.9m)では

P5300299.jpg
P5300308.jpg
P5300309.jpg
7時37分 登頂
高度1960m(1914.9m) 誤差率2.3%
気温14.2℃

んで戻って天川村役場
標高606m
P5300337.jpg
P5300339.jpg
P5300340.jpg
時刻:10時23分
時計標高710m(標高606m) 誤差+17.2%
気温:25.1℃

となりました。誤差率5%まで、、、
もしくは誤差の出方 いつ計っても
+15% というのなら、割り切った使い方が
できるんですけどね、、、

とまぁ今の目的であれば、
GARMINの920は必要ないなって思いました。
気付かせていただきましてありがとうございます。

でもGPS時計は欲しいのは変わらずでして
頑張って水面下でいろいろと動いていますよwww

まぁ先の遠い話ですが、、、

また次はこの八経ヶ岳トレランの記事でも
あげていきますね。

富士登山競走まであと2か月を切りました。
できることを頑張りたいと思います!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

八経ヶ岳 トレランレポ ついでに金沢マラソン 当落の結果 落選です。

6月1日に第1回金沢マラソンの抽選発表がありました。
タイトルの通り、落選です。
約3倍の倍率。落ちる人の方が多かったですね。
去年の四万十、京都と申し込んだ2つの抽選レースに
当選したのが、運がよかったのでしょう。
 
最近まじで暑いので、富士登山競走の練習を名目に
お山にトレランしています。

こんなコースを走りましたよ。

P5300337.jpg
天川村役場 5:10

P5300264.jpg
鉄塔 5:47

P5300267.jpg
栃尾辻 6:14

P5300268.jpg
天女の舞(分岐) 6:44

P5300269.jpg
天女の舞に行くには 赤のテープの方へ
進んでください。 えっ 見えないって、、、

P5300270.jpg
拡大、、、

P5300271.jpg
弥山に向かうには、 中央の木に
青いテープが引っかかってます。
えっ 見えないって、、、

P5300273.jpg
拡大

P5300276.jpg
P5300279.jpg
高崎横手 6:54

P5300301.jpg
P5300304.jpg
八経ヶ岳(4分休憩) 7:39

P5300320.jpg
弥山 7:55

P5300323.jpg
P5300326.jpg
狼平(水場、給水) 8:14

高崎横手 8:29

栃尾辻 9:32

P5300331.jpg
P5300334.jpg
こんなロードを通って、、、

天川村役場 10:26

活動時間 約5時間

7月25日(土)26(日)、8月1日(土)、2(日)
当りで八経ヶ岳、弥山に登りたいって方いはります?

もし興味がある人おられたら鍵コメでも
結構なので、コメントくださいね。
詳細のプラン考えてみますので、、、

最大4名までなら車乗れますよ。

コースは、日帰りなら
行者還トンネルスタート→弥山→八経ヶ岳→明星ヶ岳の
往復かなって思っています。
もちろんゆるゆるで、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示