富士登山競走からのお便り

今日 富士登山競争にエントリーして約1か月
はがきが届きました。
参加確定について(通知)
NEC_9177.jpg

やっと風邪から復活して今日からRUN再開、、、
思わぬランオフにびっくり、、、

これから富士登山競走までの3か月は風邪なんか
に負けずトレーニングに励みたいと思います。

まだちょっとせき込みますが、、、
ちょっぴりモチベーションUPです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【遅報】第68回富士登山競走 五合目コース 結果

15/7/24(金)に富士吉田市にて開催されました
第68回 富士登山競走 五合目コースに出場しました。

結果は 1時間49分30秒程度 
 ⇒大金星で夢のAブロック(1時間50分切り)ゼッケンをゲットかな?

詳細のレポはまた後日にて書いていきますね。

応援をいただきました皆様ありがとうございます。
やべっちさん ありがとうございます。
また大会関係者の皆様 運営ありがとうございます。

P7241141.jpg
来年は頂を目指します!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ1】 号砲から市役所前スタートまで

無事に家に帰って朝起きてみて、身体を動かしてみる。
どこも痛くない、今日からでも走れそう、
もろもろの事はあとから備忘録的な感じで書きます。

【本編】

来年 五合目コースに初出場される方へ、

〇タイムを狙うならブロックの前にいる方がやっぱり有利
 
 五合目コースに初出場のランナーは
 D、E2つのブロックの内、Eブロックとなり
 Eブロック参加者は2車線の道路(道路幅5m程度)
 に整列するので、なるだけ前の方に行きたければ、
 7時45分くらいから道路の脇に座って待機したほうがいいです。
 なお市役所反対側は建物のかげになっていますので
 そこもポイントです。
 直射日光を浴びるだけで汗ばみ、体力消耗します。

〇Dブロック300名程、Eブロック950名程です。

〇意外とすんなりスタートラインまでは進みます。
 Eブロック 前から10~14列目程度で スタートラインまで
 約30秒程度です。
 都市型フルマラソンに比べるとすんなりスタートラインまで
 進めます。 が、、、

〇3.0㎞までランナー渋滞あります。
 ↑焦りポイントです。

 Eブロック中段スタートしてから3.0㎞の
 浅間神社までは混みます。
 金鳥居のある1.4㎞程度までは場所取り、追い越しなどの
 為に、接触があります。

 金鳥居(1.4㎞)以後は、ランナーの走力によりほぼ固定化されます。
 また道路幅は浅間神社まで2車線(道路幅5m)は広がらず、
 ランナーもキロ4~5分程度のペースなので、
 追い越す方も追い越される方も相対的に速度が変わらず、
 なかなか追い越せませんし、
 追い越してもすぐ前のランナーに追いつきリズムを
 作ることがむずかしいです。


では本当に本編のスタート
山頂コースの皆さんを見送った後の市役所前
そこまでの緊張感は漂わず、、、

P7241167.jpg
残された五合目コース参加者の様子
天気は快晴!!

P7241162.jpg
恒例のシューズ写真

P72411632.jpg
スタート前の写真

P72411723.jpg
(ゴール後の写真ですいません)

今回のレースプラン 右腕に通過タイムを記入
1時間50分切りをする為に、これぐらいで通過するタイム
腕に直接 油性ペンで記入!

目標
1㎞:4分45秒
3㎞(浅間神社):14分15秒
5㎞(高速下):24:30秒
7.2㎞(中の茶屋):36分30秒
10.8㎞(馬返し):59分00秒
1合目:1時間5分30秒
2合目:1時間16分30秒
3合目:1時間24分00秒
4合目:1時間32分00秒
5合目:1時間49分00秒(腕に記入なし)

ここから先 真剣勝負の為、カメラ無です。
すいません
 
五合目コースは 朝8:30より号砲
8時よりブロック整列開始。

整列位置は
Eブロック先頭から10~12列目程度
やべっちさんと横に並んで、待機する。

すでに気温は25度以上 立っているだけでも
体力を消耗しそうなので、三角座りで待機する。

五合目コースでもエイエイオーの掛け声があり、
ランナー全員で気合を入れる。

スタート1分前。
やべっちさんと今大会の健闘を誓います。

そして8時30分 カウントダウンとともにスタート。
当然走れない、 前の方の歩調に合わせて
スタートラインまで歩く。

26秒でスタートラインに到着
ランナー渋滞の中、レースは始まりました。

【レポ2へ続く】

コメントありがとうございます。
今晩、明日にかけてご返信させていただきます。
大変感謝しております。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ2】 市役所から馬返しまで

号砲から市役所のスタートゲートを
26秒後に通過した先には、
多くのランナーでごった返していました。

月江寺の交差点までは平坦なので
20150628-120906(1)1.jpg
(写真は試走時のもの)

全ランナーも元気で飛び出しており、
追い越すのも難しく自分のリズムをなかなか
作れません。それでも、前に合わせると
心肺は余裕があるので、ペースを上げて
追い越しにかかります。

20150628-120906(5).jpg
(1㎞の右手にセブンイレブンポイント)
1㎞通過4分45秒程度、、、

ほぼ設定ペース 心肺はかなりきついものがあります。

この時点ではまだ多くのランナーがおり、ランナー渋滞っぽくなります。
抜きつ抜かされをしながら、進みます。

このへんで、今年は五合目コースに参加されていた福田六花選手を
追い越しました。トレードマークのヘアーでした。


20150628-120906(7)1.jpg
金鳥居(1.4㎞地点)
市街地なので両脇には市民の方々の応援を
受けながら走ります。

20150628-120906(11).jpg
そして3.0㎞ 浅間神宮横
ここで最初のエイド(給水、水、アクエリ)があります。

   目標              実績
1㎞:4分45秒    ⇒     4分45秒程度(記憶)   
3㎞(浅間神社):14分15秒 ⇒13分36秒


アクエリアスを1杯の内半分くらいもらう。


ここで設定よりオーバーペースであることを知る。
ただこの時点ですでに心肺はきつく、試走時より
キロ30秒上げて走るときついわなぁ なんて
考える余裕はあるので、
できる限り、自分よりほんの少しペースが速い人に
ついて行こうと頑張る。
少々きつめの所に自分を置く。


この辺からはランナーはほぼ固定化され、
そして、突っ込み過ぎたランナーを一人一人と
追い越しながら走る。

ここまで来ると若干の木陰の中を走れるので
気持ち涼しくなりますが、走っていると
まぁ滝汗です。 拭ってもぬぐっても
汗がしたたり落ちてきます。

20150628-120906(14).jpg
東富士五湖道路が直線に見えてきました。
あの高速下がほぼ5㎞のポイントでしたので、

20150628-120906(15).jpg
(高速下で通過タイム計測)

         目標    ⇒ 実績
5㎞(高速下):24:30秒 ⇒ 24分17秒


40秒あった貯金をかなり食いつぶしてしまいました。
しかしここからペースアップなんかできず、
前の追い越し基調のランナーについていくので
精いっぱいです。心肺も脚もすでにキツイ、、、

そういえば、暗峠でも二上山でも、
心肺がきつくならない程度にランニングフォームを
とり続けるっている練習しかしてなかったので、
ヒルクライムを速度重視で走るトレーニングは
していませんでした。

中の茶屋まではあと2.2㎞
どれくらいのタイムで通過できるのか、、、

前のランナーについていきながら、
20150628-120906(18).jpg

走っていると前からひときわ大きな声援が聞こえてきます。
ようやく声の主を確認すると、

上半身裸の引き締まった身体で
ランナー一人一人に 声掛け、ハイタッチで
エールを送る緑?のランパンスタイルの応援者が
居てくれました。


奈良マラソンの今ノ葉狂志郎さんみたく
富士登山競走の名物応援だろうかな?
ハイタッチしてエールを頂きました。

そうして脚と心肺をすでにボロボロにして
見えてきました。中の茶屋
20150628-120906(21).jpg
            目標    ⇒  実績
7.2㎞(中の茶屋):36分30秒 ⇒ 36分18秒


ほぼほぼ狙い通りに走れています。
ここでも公式のエイドがありますので、
アクエリアスをコップ半分程度いただきました。

ここで飲む間だけ歩かせてもらったかな
20150628-120906(23).jpg

20150628-120906(24).jpg
そして馬返しに向かいます。
もうこの辺では、37分までの通過であれば、
ランナーは固定化され、自分の走りたい
ルートを走れます。

中の茶屋から馬返しまでは傾斜も
きつくなりますので、歩かれるランナーも
ちらほら出始めます。

私の周りはまだ走り続けるランナーの方が
多かったです。

私も試走やコースビデオを見ていましたので、
どこがきついかを事前に知っていたので、
あきらめずに走り続ける事ができました。

20150628-120906(27).jpg
たとえば大石茶屋を超えて、馬返し間もなくの
この分岐路、 ここの手前から傾斜がきついのですが、
ここを超えるとすぐに馬返し到着って
知っているのと知らないのでは、
頑張れるかどうかに大きな違いがあると思います。

傾斜がきつくても、やっぱり走ったほうが速いと
思います。

まわりに歩くランナーがいると歩きたくなりますね。

ここはやはり暗峠なんかであるかず走る練習が
とても役に立ったと思います。

自分に負けなければ走れるますものね

20150628-120906(29).jpg
このあたりでピンクのランシャツランパンで
一際めだつ湘南辻堂陸上部のらっちさん
と並走させていただきました。


なんでらっちさんかわかったかとういうと
追いついた際にユニフォームに らっち って
書いてあったからです。

登っている最中でしたので、お声掛けは
できませんでした。さすがに馬返しの坂を
登っている時に喋る余裕はなかったです。

P6280821.jpg
そうして馬返し前に到着。
馬返しの計測マットはこの堤防を越えて、
左手側にあるエイドを超えた先にありました。

           目標    ⇒ 実績
10.8㎞(馬返し):59分00秒 ⇒ 59分33秒


ここで貯金から借金に転じました。
そして前回試走時は馬返しで90秒休憩したのに、、、

アスファルトの部が終了し
トレイルコースが始まります。

前半は上々 余裕なしの状態でどこまで
戦えるか 五合目1時間50分のボーダーのはざまを
走っていました。

レポ3へ続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ3】 馬返しから五合目ゴールまで

馬返しのエイドでアクエリをコップ半分もらってすぐに
青の計測マットを通過、
馬返し通過 59分33秒 

前回の試走と同じタイムでは目標の1時間50分を切れない

でも前回は馬返しで90秒くらい休憩してから登ったので、
馬返しから2合目あたりまでの段差のない
ゆるい傾斜は走れたはずでした。

それが、全然走れない、 脚が売り切れてしまっていました。
そして前を走るランナーとの差がぐんぐん広がるなか、
心が折れそうになるのを感じましたが、
まだまだあきらめきれなくて、しんどいのは当たりまえ
そう思いながら前進しました。

幸いランナーによる渋滞はほぼなかったのですが、
やはり登山路になると急に幅が狭くなり、
歩く選手に道をふさがれることがあります。

前を行くランナーが走り出したら
そこからは走りだし、歩き出したら歩いて
離されないようにするので精いっぱいでした。

10名くらいの集団の一番後ろを走り、
追い越し基調の元気な選手を目標に見定め
離されないように進むので精いっぱい

それでも季節外れさんがトレイルレースの際に記事にされていた
前を行くランナーが走り出したらその1歩でも早く走り始め
歩き出したら追いつくまで頑張って走る
そうして荒い吐息をすぐ後ろで歩きつつ落ち着かせ、
道をゆずってくれたらすぐに前の人に照準を定めて
追い越し基調で脚を進める。
そうしていたら抜かされることはほぼなかったです。

歩きながら
      目標      ⇒ 実績
1合目:1時間5分30秒 ⇒ ボタン押し忘れ
2合目:1時間16分30秒 ⇒ 1時間16分30秒


2合五勺のエイドでアクエリをコップ半分くらいいただく。

今回ウエストポーチに入れた
アミノバイタルパーフェクトエネルギーを1パック
入れて道中に取ろうと考えていましたが、
1口も口にせず、、、
どうもレース中吐き気がして、水分以外を取る気が起きませんでした。
体調が悪いのか、それともペースが速くてしんどいのか、、、
わからないまま走行していました。

五合目コース最後のエイドで補給して、
走れるところは走ろうとしたのですが、

     目標           実績
3合目:1時間24分00秒 ⇒ 1時間24j分09秒


3合目を過ぎてから、身体に異変をきたしました。
両足のふくらはぎが攣りそうになります。
大きなストライドをとろうとしたり、大きな段差を超えようと
脚を上げたりすると、 攣りそうになります。

正直びっくりしました。
ふくらはぎが練習中、レース中問わず攣りそうになるのは
初めてでこれ以上無理したら攣って レースが終わってしまう
そう恐怖しました。


こうなるともう歩幅を緩めて脚をあげずにできるだけ前に進むしか
方法はありません。
ペースを落とすので、心肺に余裕が出てくるので、
いけるかもって走ってみると、 ふくらはぎが
ピクピク 自分の意志とは無関係に 攣りそうになります

脚が攣って動くのが厳しくなるのは
1年前の岩湧山トレランでのTHさんを見ていました。
ほんとうに辛そうだったのを今でも覚えています。
またbgさんがこの五合目コース初出場の際に
脚攣りを発症されて苦戦した記事があったのを
思い出しました。

3合目は目標タイムより若干遅めで通過できましたが、
本格的に攣ったら動けない為に、山頂コース参加基準まで
到達できるのか一気に暗雲が立ち込めました。


それでも無理をしない程度に全身すると脚が攣ることはなく
4合目:1時間32分00秒 ⇒ 1時間32分16秒

目標に近いところを進んでいますが、
4合目超えたころには
止まりたい そう弱音を出す自分がいました。

ここから4合の大黒天を超えてから、
たばこ屋等がありますがそこを通過して、
一旦アスファルト路に出て、
またトレイルに入る際に、

応援の方が
「残り300m あと3分 1時間50分切りいけるよー」
ってここを通過する選手に声掛けしてくれていました。

そうそう一旦アスファルトにでて、またトレイルに入った際は
ゴールまでは思ったより短かったよな なんて思いだして


「ここが頑張りところ」 

って自分に言い聞かせて、
ラストスパートをかける。

再度アスファルトを出る為の最後の段差を
超えたあたりで1時間48分30秒から49分の間

天気が晴れていたなら、アスファルト路の先に
五合目ゴールが見えてくるのだけど、
ガスで 視界不良

あとどれだけ走ればゴールかわからないまま
脚が攣りそう なんてことは忘れて
最後のラストスパートをかけて、
走るといきなりゴールが目の前に出現
まさに五里霧中

ブルーのマットの手前に
タイムの電光掲示板があり、
50分までまで30秒あることを確認して
富士登山競走 五合目ゴールを超えました。 

15072401.jpg
ガスが一杯で視界不良の中 ゴール直前の
公式サービス写真
ちなみに右の白い帽子と白い軍手が私です
正面の方ではありません。)

      目標      ⇒ 実績
5合目:1時間49分00秒 ⇒ 1時間49分30秒程

レポ4へ続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ4】 五合目コース ゴール後の話

ゴールして向かったのは、
今来た道を引き返して、トレイル路から
アスファルト路へ切り替わる地点まで戻りました。

これからもぞくぞくとランナーが来るので、
応援を と思って、、ランナーへの応援に回る。

奈良から一緒に参戦のやべっちさんを応援する為に!!

五合目コース 2時間10分までとなる10時40分位まで
ランナーへ 「ラスト ファイトー」って
応援しながら、ランナーへ激を飛ばす。

試走の時には感じなかったのですが、
エイドやゴール付近になると
一層 声援が大きくなるんですよね。
走っている時は、永遠に続くと思われる登り坂も、
声援が聞こえだすと
もうあと少し! あと少し頑張れ!って
自分を鼓舞できるんですよね。

本当に応援の力って絶大ですよね!!

この大会 女性の参加が約10%程度で、
五合目コース約1200名の男子に比べ
女性は、150名程度 でして、

もちろん登ってくるのも男性が多いのですが、
その中で女性ランナーが上がってくると
特に目立つんですよね。

特に女性の中でも、過去入賞者に与えられる
スペシャルゼッケンをつけた女性なんかは
応援する側からは一点釘づけになっちゃう。

ほんとそのスペシャルゼッケンの女性の周りの
男性は引き立て役にまわっちゃうんですよ。


私ももれなく女性ばかり応援してしまい、
大切なランナーを見逃してしまいました。

猛烈に反省、、、

どうやら関東から参戦の女性ブロガーさんも
応援できたっぽい。結局ご挨拶はできなかったけど、、、
きっと来年 山頂コースで一緒に走れますよね。

そんなこんなで、大切なランナーを見逃した後は、
汗が冷えてきたので、
そうそうに下山することに、、、

まだ靴にレースチップを装着していたので
ゴールゲートをの青いマットを踏まないように
迂回して進み、自衛隊の方からバナナや給水なんかを
頂く。そこでやべっちさんに発見して頂き、
奇跡の合流を果たす。


どこで待ち合わせとか打ち合わせしていなくて、
危なかった。
来年仲間と合わせて出場される場合は、
ゴール後の合流地点については
打ち合わせされておくのをおすすめします。

五合目行へあずけた荷物を受け取り
P7241177.jpg
山頂コースはまだレース中の為、スムーズに受け取りできました。

完走をたたえ写真を撮影して
P72411701.jpg

すぐに汗冷えで冷えたランシャツをすぐに着替え、
やべっちさんとおそろいのおなじみ ぐわぁTを着用
P72411751.jpg
やべっちさんと二人で五合目のバスへ向かう。

bgさんにおすすめ頂いた来年の為に6合目へ向かおうとするも
ガスで視界不良と、汗冷えで寒さにやられ、早々に断念、、、

富士スバルライン 五合目へ向かいます。
そこで、向かったのはこれ

P7241181.jpg
富士山めろんぱん

P7241180.jpg

お土産に買って帰った。

それからやべっちさんとぷらぷら
見物して
P72411851.jpg

下山バスへ向かう。

初出場の方へご注意してほしいのですが、
五合目ゴールしてから
5分位歩いた先で荷物を受け取り、
それから10分くらい歩いてスバルライン五合目の
物産店へよります。

それから下山バスまでは、
P7241187.jpg
こんな感じで、やっぱり10分くらい歩きます。

山頂コースは登頂後、五合目まで自力で下山しなきゃ
ならないってありますが、五合目コースでも
意外と歩きます。
なので、五合目行の手荷物は20Lまでの
バックパックを袋に入れて渡すと楽だと思います。

私も7Lのモンベルのトレランバックを
入れていきましたので、
背中で荷物を背負えて楽でした。

P7241188.jpg


下山行のバスに乗ると、すごい汗臭い。
もちろん自分もすごい汗臭いですけどね。
P7241189.jpg
バス搭乗直前にも給水があります。
助かりました。

そこで北麓公園まで約30~40分くらい
登ったコースをバスでゆっくり下山します。

確かに強い人なら、五合目コースを完走して
自力で五合目下山するのもありだなぁ
なんて思いました。

私なんかは おのぼりさんで、
スバルライン五合目が初めてでしたので
物見遊山で観光ついでにプラプラしていました。

【次へ続く】

あと3回  次回:レース後 北麓公園編
次々回:レース よもやま話1
次々々回:レース よもやま話2

へと続きます。

あぁ いつも通り長いレポになりましたね。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ5】 レース後 北麓公園

バスに揺られて表彰式などが
開催される北麓公園についたら、
完走記念タオルを受け取ったり、速報をみたり、
預けた荷物を受け取りします。

またそこでは、ゼッケンとともに送られてきた
600円の飲食券があるので、
そこで好きな食事をとれます。

最初に向かったのは
P7241202.jpg
大好きコーラ!!
最高にうまい!!!


昨日の晩 長時間の運転に満足して
ホテル前のコンビニでコーラを買って飲みかけましたが
そこはぐっと我慢していました。

本当にうまい!!!

次はカステランさんにおすすめ頂いていた
P7241209.jpg
吉田のうどん 
グルメのチラシで出店を事前に確認してましたので、

P7241204.jpg
浸かれた身体に出汁と炭水化物が美味しい。
でもなんか かたい、、、 食べなれていないからだと思いますが、、、
やっぱりかたい、、、 やべっちさんにも一口食べてもらいましたが、、、
いや でも美味しかったです。
安くてうまい 最高です。 吉田のうどん 一杯300円

P7241203.jpg
P7241210.jpg
P7241211.jpg
他にも魅力あふれる出店があります。
いろいろ食べていきたかったのですが、次の為に我慢です。

P7241213.jpg
でもピーチかき氷500円
はちょっと惹かれて食べました。
果肉たっぷりで富士の天然水のかき氷を
おいしかったですよ。ちょっとお高めですけどね、、、
いつもの自分ならうどん2杯たべますけどね。
IMG_48791.jpg

んで北麓公園に戻る人が増えてきたので
そうそうに朝 車を預けた場所へのシャトルバスへ乗って
車を引き取りに行きます。

そしてもう一度 自分の車で北麓公園へ向かいます。
その際、道を間違えてやべっちさんに教えていただく。
安定の方向音痴 ここでもやっぱり発揮w

もう一度 北麓公園へ向かったのは、
サブスリーランナーであり、
今年山頂コースへ初挑戦される
関東ブロガーのsadaさんとご挨拶する為、、、

ぐわぁTのおかげかsadaさんにすぐに発見いただき
無事に初めましてのご挨拶をすることができました。

sadaさん 山頂コース完走おめでとうございます。
また グランドスラムに向けて王手ですね。
頑張ってください。


後ろで表彰式が行われている中、記念撮影。
P72412151.jpg

また2014年四万十ウルトラマラソンで、お会いした
サブテンランナーさんに偶然にも再会させて頂いたり、

連続完走継続中のハンサムネコさんを生で拝見させていただりと
レース後の福田六花さんを拝見させていただきました。

来年の山頂コース完走をやべっちさんとお互い近い
大会会場を後にしました。

今回やべっちさんにも多く撮影いただいたので
自分が写っている写真 多めですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ6】 よもやま話1

会場を後にした後、向かった先は、
さっき食べたばかりなのに
P7241219.jpg
向かった先は山梨名物 ほうとうの
ほうとう不動さん(bgさんおすすめ

P7241221.jpg
特徴的な外観 ほうとうをイメージされているそうです。

P7241227.jpg
ほうとう不動さんのメニューは
不動ほうとうのみ!!


ここで果敢にも店員さんに
「大盛りできますかっ?」
って聞いてみると

店「今日はもうやってないんですよ~」

との事でした。まぁ平日昼2時頃は厳しいのかもしれません。
ってお願いすれば、大盛りを注文できる日があるかもしれません。

P7241229.jpg
鉄鍋にぎっしりつまった ほうとう

エアコンの効いていない店内で、
あっついほうとうを やべっちさんと
もくもくと 汗を垂れ流しながら
お腹一杯食べました。 美味しかったです!!

基本、ほうとう一つでおなか一杯になれますね!

ほうとうを完食して、山梨を後にしたのです。
帰りは渋滞に巻き込まれたり、休憩したりしながら
奈良に帰ったのでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【2015富士登山競走 レースレポ7】 よもやま話2

富士登山競走 五合目を 1時間50分以内で走る為の
参考にしてください。

--------------------------------------------------------

五合目コース 
Eブロック中段スタート
スタートまで           26秒
3㎞浅間神社           13分35秒
5㎞有料道路下        24分18秒
中の茶屋           36分19秒
大石茶屋           50分27秒
馬返し           59分33秒
1合目           1時間5分30秒
2合目           1時間16分30秒
2合五勺(林道交差点) 1時間20分12秒
3合             1時間24分09秒
4合(大黒天)       1時間32分17秒
(御座石)         1時間36分46秒
(中宮)           1時間42分59秒
(たばこ屋)        1時間44分22秒
(不動小屋)        1時間45分11秒
五合目ゴール       1時間49分30秒

なお4合目以降の各ポイントの間隔・名称は
間違っているかもしれません。
もしご存知の方教えてください。訂正します。

---------------------------------------------------------------
関西から参戦、および試走の際 参考ください。

レース参加費、自家用車で移動
●ガソリン代
往復 約900㎞ ×10㎞/1L × 140円/1L =12,600円
●高速代
亀山~御殿場 7120円×2往復 = 14,240円
<試走の際、土日30%OFFなら 4980円×2= 9,960円)
(他区間 西名阪道や、富士五湖道路等あり 割愛)
●宿泊費
素泊まり 4,000円/1名
●エントリー代
五合目:10,000円、 頂上:15,000円
●食費(簡易的に1食1000円と計算)
木:夜、金:朝、金:昼 3,000円と試算
●お土産 約5,000円分

レース参加費:48,840円

但し交通費、高速代は今回はやべっちさんと割り勘させて頂いた為、
正味 35,420円 (富士登山競走五合目コース参加費用)

なお試走の場合は、エントリー代、宿泊代、お土産代を削除して、
約15,000円(お土産無) くらいとなります。

------------------------------------------------------
11800565_463291927190764_4900290016928704275_n.jpg

来年は山頂へ挑戦!!

富士登山競走 五合目コース 終了

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示