前回のクリレス株主優待券の期限は5月末まで かごの屋 ごちそうさまポイントサービスについての考察

ども 奥三河パワートレイル公式 サポート選手の
たーはるパパさんに、

一見やさしくて気の良さそうなとみせかけて
日常に潜ました狂気と大会ではえぐりだしたと
 たーはるパパさん レポ引用(一部改変)

またアレキさんからはレポラストで

・後半で失速しているようだから後半にけがをしたんだと思ってたらまさかの5km地点でケガしたらしい。
・それなのに完走してしまう。見た感じ気のいいお兄さんって感じなんだけど。
・絶対に狂気を宿してるはず(笑)クレージーケンさんだ。
 アレキさん レポ引用

と評していただきましたが、
もったいないお言葉ありがとうございます。

んでも誤解がないよう
好青年やお兄さん ⇒ 気付いたら もうアラフォーだし、、、

ということで、まぁ実物はただのガリガリの
30代後半の男性ですw

もちろん、現在も足にギブスの最中なので、
まったく走れずの日常を送っています。
もはやランナーですらないww

焦りはもちろん あるのかなぁ、、、
いや あるよ 焦ってるよ。
それを伝える手段がないだけ

--------------------------------------

んで、5月といえば、
クリエイトレストランツの株主優待の期限が
5月末で切れるんですよ。

ってことで、余った株主優待を握りしめて
近所の クリエイトレストランツグループの一つ
 「かごの屋」 へ食事に行ってきました。

んでかごの屋なんですが、
NEC_1253.jpg
かごの屋 独自のサービス
ごちそうさまポイントサービスってのがあって、
一人200円の入会金がいるんだけど、
入会すると、毎月プレゼントスタンプカード
っていうサービス券がもらえるんだけど、

これが意外と使えるんですよ。

毎月(昼1回、夜1回) 
べつばらデザートセット
(プチデザート1ヶ+ソフトドリンク1杯)
ディナー時400円、ランチ時300円

が このスタンプカードを見せるだけでいただけます。

NEC_1254.jpg
【メインの食事:天丼セット】

200円の入会金のみで、
1食300円のべつばらデザートセットが最大12回食べられる。
最大で3,400円お得になるし、
1回しか利用しなくても、100円のお特になります。

んで、我が家は年3~4回くらいは優待券を活用して利用するので、
4回活用したとして、約1000円くらいはお得になるかなぁ

んでこのごちそうさまポイントサービス
誕生月には10%OFF券も頂けるので、
ご馳しゃぶの時に使うと、かなりお得に食べれそう。

んで、我が家は子供2人の4人家族なんだけど、
このべつばらデザートセット、

デザートを子供にあげています。
デザートって別に頼むといい値段するんだけど、


子供からすると、せっかくの外食で
好きなデザート選べるってなると
喜んでくれるじゃないですか。

ほんと 子供ってメインのごはんで
お腹いっぱいといっておきながら、
デザートもしっかり別腹で完食しますもんね。

NEC_1255.jpg
デザートセットの一つ
【抹茶わらび餅】

デザートを美味しそうに食べる
子供の笑顔を見れてよかったなぁ~

って思いながら、いただいた優待を
しっかり消費しました。

あと優待で食事しても
別途ポイントが付与されます。

ポイントはまた会計や飲食に使えますので、
また今月末 クリレスの優待が届いたら、
また食事に行きたいと思います。

家族4人分 単元で持ってますが、
ヴィアホールディングス見たいな
変更はないようにお願いします~

クリレス、SFP、ビックカメラの優待が5月末で
期限を迎えます。
お手持ちの券 期限ご確認くださいね~

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

金沢マラソン いかがですか? むらはたのパフェ ご紹介

奥三河パワートレイルが終わって翌日から
ギブスして松葉杖を使っての生活を余儀なくされ、

機動力がほぼゼロになってしまっているkenです。

幸いににしてGWは予定なし。
海外はもちろん 国内旅行すら予定なし。

結婚してから決まっている、
家内の実家へ帰省のみっす。

しかも田植えの時期だから、実家へ帰っても
特に何もしないってのが、定番コース

しかしながら今年は飛び級のGWながら
天気はすこぶる良い。

もちろんkenの右足は無事なので、
運転席にさえ座れれば、運転OKなので、
左足骨折してギブスしてても、運転して
帰省しました。

んで帰省先は、表題の金沢マラソンの開催される
金沢市付近の石川県の富山県より。
あ~ なんか中途半端な書き方ですいません。

んで、その金沢マラソン
2017年で第3回目となりますが、
今年は 2017年10月29日 開催されます。


お隣の富山マラソンも 10月29日開催ですね。

そんな金沢マラソン 
マラソン走るだけじゃなくて、その後の観光も
楽しんでみてはいかがでしょうか。

金沢マラソン 一度 グルメ案内として

〇お寿司
〇金沢カレー

紹介記事書いていましたが、
今回は、ご褒美スイーツとしていかがでしょうか。

フルマラソン走り終えた後は、
甘いもの がっつり食べてもいいよね~

ってことで、今日 紹介するのは、

フルーツむらはた さん
石川県金沢市武蔵町2−12
P5031590.jpg
1階ではフルーツの購入
2階で軽食、スイーツ、旬のフルーツを使ったパフェを
食べることができますよ。

kako-8sepu0gaAGnfjgYv.jpg
1~5月限定
苺パフェ・・・900円
【金沢マラソン期間中は販売休止です】

たっぷりに苺に笑顔になれそうですね。
4歳の年中の子が一人で完食しましたよ。

kako-1M21YTiyFMwEL1XT.jpg
左:フルーツパフェ 830円
右 ジャンボフルーツパフェ 1550円
比較するとその大きさにビックリ


ジャンボフルーツパフェ
小学1年の子がほぼ完食してましたよ。

なのでマラソン完走後の
ご褒美スイーツにはもってこいじゃないでしょうか。

P5051751.jpg
チョコレートケーキ 430円

甘いもの苦手男子でも、
ドリアやパスタもありますので、
女性を案内しても喜ばれるのではないでしょうか

もちろん 甘いもの好きな男子も
1人で行っても全然OKです。

自分が行った時も 男子おひとり様
いたしね、、、

金沢マラソン
フルマラソンを走るだけじゃなく、
グルメ、観光も合わせて楽しんでくださいね。

そんな金沢マラソン 抽選でのエントリーになりますが、
その期限が5月16日の午後5時までとなっています。

興味湧いてきた~ って方は是非、大会公式HPを
確認してみてくださいね。

あと、北陸地方で有名な
松葉ガニ ですが、

地場産の松葉ガニは
11月初旬からの漁解禁となります。
よって金沢マラソン開催の時期はまだ
地場産は食べれないのだけが残念ですねw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

ゴール後の話  kenの奥三河パワートレイル完走記8 最終回

ゴールした後、
スタッフの方から
「完走賞もらってね~」

なんて言われたけど、、、

のべさん、R2さんを軽く挨拶してすぐに
向かったのは救護所でした。

ゴールしたまま、すぐに
救護の方に見て頂く。

やっと止まっていいんだ


疲労と痛みで座れず、倒れこむ。

そして、救護の方に
「レース中に左足を捻挫しました」

って伝えると、

救護の方が、靴、脱がしますよって
てきぱき脱がしてくださってから

「うわっっ、、、、」

NEC_1237.jpg



少々の無言ののち、、、
腫れた足について、

「痛いかもしれないけど」
っていいながら、
つねって感覚があるかどうかや、
足を動かせるかどうか

確認した上で、アイシングが始まります。

そうこうしていると、
たーはるパパさんが救護室に来ていただき、
動けない僕に代わって、30分以上救護室で
横たわってから、状況を説明する。

なのでギリギリ完走されたす~さんはみれず、
救護室でアイシングをしていました。

アイシング めっちゃ痛かった。
最初のアイシングはあんまり痛かったので、
一度 取ってもらったくらい、、、

んでも、すこしでも早く治すために、
アイシングをもう一度して頂く。

そうして
感覚が無くなってきたのか、どうにか
15分耐えて、ひと段落してから

救護の方にお礼を申し上げて、

サポート選手のたーはるパパさんに
手荷物の受け取りや、救護の先生とのやり取り、
宿まで肩をお借りして這う這うの体で
陣地まで帰る。

ようやくみんなと再開しました。
最後、取り忘れた完走賞を
季節外れさん、まちゃさんに
代わりに取りに行っていただいて、

ようやく、奥三河パワートレイルは終了。

この後、名古屋のアフターに参加の予定でしたが、
少しでも早く家に帰る為に、急きょ不参加に。

どうにか奈良まで帰って
翌日、仕事に行ってから、
整形外科に駆け込んで
エコー、レントゲンの結果、
足首靭帯の断裂、およびはく離骨折と診断され
現在のギブス生活となります。

奥三河パワートレイル
完走はできたものの、実力は足りず、
苦しいレースとなりました。

今は怪我もあり、リベンジしたいというよりは
完走できてよかったなぁ~っていう安堵でいっぱいです。

奥三河パワートレイル、
13時間が経過したのちも、最終関門通過者は
14時間まで計測してもらえるようですが、
最終の棚山エイド以降の選手の疲労を考えると、
関門時間がもう少し厳しくなったり、する可能性もありそうですね。

ほんと、選手がこのようにレースに打ち込めるのは、
コースにスタッフさんボラさんのおかげで、
暗くなると、そのスタッフさん、ボラさんにも
ご迷惑や危険にさらしてしまいかねません。


今回、完走させていただきましてありがとうございます。
また たーはるぱぱさんはじめブログ村の皆さんにも
良くしていただきましてありがとうございます。

またレポにお付き合い頂きましてありがとうございます。

今回の怪我で改めて健康で
故障のなかった身体のありがたみをかみしめています。


まだ半月以上はギブス装着となりますが、
次のレース  すごくやばい状態ですが、


できることから始めていきます。
とにかく今は
全力で治しにいきます

予定は変えません
諦めてません、から
(さとさん 一部パクリ)

【kenの奥三河パワートレイル完走記8 最終回】

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

棚山エイドからゴールまで kenの奥三河パワートレイル完走記7

NEC_1247.jpg

棚山エイドへ到着しました。

まだ明るくてライトチェックもない状態で補給

というよりも、荷物を降ろして、横になって、回復に
専念しようとする。

あ もちろん水かぶりは存分にさせてもらう。
具なしの赤だしのお味噌汁をいただくけど、
あんまり食欲はなし、、、

食料は、大福とおにぎりがあるので、
食べたい時に食べればいいやって思ってました。
食欲もなかったですね。

エイドで
痛む足をちらっと靴下を下げてみてみる
おおぉ 赤くなってるよ、、、
あぁぁ 内出血してるなぁ、、、
痛みも引かないし、これやばいかもなぁ

そして
自分自身に問いかける。

〇足 ずっと痛むけどリタイアする?

〇リタイアするんだったらもっと早くだろっ
 うん そうだよね、、、

〇今リタイアするの?来年 来るの?
 来年    やだよ、、、 こんな苦しいの今年で決める


ここを過ぎるともうゴールまで
自分の足で帰らなきゃいけない

途中でリタイアは大会本部に迷惑を
かけてしまう。
進むからには、絶対完走するぞ!!

手洗いと補給を済ませて、
ゴールを目指して最終エイドを出発しました。

改めてコースの再掲
NEC_1246.jpg



ここから先、鳳来寺山への下りまでは
緩やかな林道が続いて、ご褒美的なゾーン
なんですが、もちろんまったく走れず。

たぶん走れる人にとってはとっても楽しい区間のはず。

そして今回走れないのは足が痛いからと
補給に失敗して、ハンガーノック、脱水症、熱中症の
症状だと思います。

復活を信じて歩きます。

このころから、残り時間とペースを計算していきます。
今のペースで制限時間に間に合うのかな???

なんて、進みながら、
やはり下りのトレイルは痛みが走り、
ステップを踏むこともできない、、、

最後のラスボス
鳳来寺山 斜度も標高も距離も
単体で見ればきつくないんだけど、
NEC_1248.jpg

そうしてようやく鳳来寺山へ登りだしますが、
その途中で、とうとう我慢できず、
吐いてしまいます。

レース中に吐くのはこれが初めて、、、
でも 吐くということは、これ以降
水すらも身体が受け付けなくなっていることを
知ります。

胃の中は空っぽとなり、追加の補給を
身体が受け付けず、
残ったエネルギーでまだ1時間以上
動かなきゃならならい

絶望を感じました。
この時まで完走は信じて疑いませんでしたが、
途中、エネルギー切れを起こして止まってしまう
事を頭によぎりました。

止まっては少し進み、少し進んでは、座って休憩し、
を繰り返し、どうにか、鳳来寺山を攻略。

登りも辛ければ、下りもつらい、、、

鳳来寺山境内降りての自販機があるところには、
手洗いもあるのですが、そこで駆け込む。

そして口をゆすいだ後、
吐いてから、1時間は経過したので、
ちょっとは胃腸 回復したかなって
思ったけど、

水道水を一口含んで呑み込んで、
すぐに吐いてしまった。

こりゃだめだ、、、
補給は諦めて、見えない自分の残ったエネルギーを
振り絞って、前に進む。

トレイル路が終わるころには
どんどん薄暗くなる。

もちろん選手こそは少ないものの
ごぼう抜かれ 自分が
ホント情けない、、、

自分のトレーニングが足りず、
楽しめず、苦しく悔しい思いと
動かない足をひきづって
最後の林道を進む。

林道が終わったときに
ようやく見慣れた風景にでくわす。

あぁもうロードになる。
そしてこっからはパパさんに教えてもらった
最後のところだ、、、

最後のロードくらい走ってもいいんだろうけど、
僕にそんな力は残っておらず、、、
ただ歩く、、、

最後の急な下り坂を下ると、
ライトアップされたコースに出会う。

NEC_1249.jpg
この橋を渡ると、あと少し
ここで1枚写真を撮るけど、
やっぱり携帯ではきれいに写らないね。
綺麗に写そうという余力するのこってない、、、

この写真を撮ってる最中に、
すでにゴールされ、帰る道中の選手に

「ここで写真撮らなくても、
 もっと先に素敵なところがあるよっ」

ってアドバイス頂く。

橋を渡ると、コースの両端に等間隔に
キャンドルくらいの光量でライトアップされた
ゴールへ続く道が延びる。

もう力が残っているはずないのに、
最後だけ、走っている自分がいた。

そしてゴールテープを切って、
石川さんに完走賞を首にかけて頂いて、
握手していただいて、僕の長い
奥三河パワートレイルはようやく終わったのでした。

奥三河パワートレイル完走レポ 最終回へ続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

四谷千枚田まで棚山エイドまで kenの奥三河パワートレイル完走記6

四谷千枚田エイドに到着。

かぶり水をさせてもらって、
ここではおにぎりがエイド提供してもらえるので、
残り時間はまだ4時間以上あるので、

おにぎりを3個ほどいただいて、
バックにしまう。

そして、猪汁をゆっくりと食べる。
食べてトイレに行こうとすると、

応援者から

「ネコさん 来た!!」

って聞こえて、目線をコースにすると、
ハンサムネコさん 笑顔で登場!!

うぉぉ いつか追いつかれるだろうって
思っていたけど、ここでの到着はびっくりした。

今回のレース 目標の完走と、
ひそかにネコさんより先にゴールも一つの目標と
していました。

いつもブログで拝見している
富士登山競走 五合目からの強さ
これをまじかで見たかったんです。

これはこの千枚田エイドを出て宇連山を
目指すコースで見せて頂けるんですが、

ここではネコさんと再開のタッチを交わして、
先行させていただく。

ここでもリタイアする気持ちは全くなく、
完走するぞ!! エイドで補給して
少しモチベーションを上げて進みます。

もはや走るという行為はできず、
歩いて進むのみです。

NEC_1243.jpg
幟付近が四谷千枚田エイドです。


追い越されるのは時間の問題だなぁ
なんて思いながら進んでいました。

そして宇連山を目指す途中、
僕の身体にとうとう限界が訪れます。

か 身体が う 動かない、、、
動き続けることが大事なのに、

休憩を取らないと 進めなくなってました。
前半飛ばしたつけと、補給の失敗、
気温の高さによる脱水症状、熱中症の初期段階でしょうか。

そして攣り防止で塩熱サプリをとっていましたが、
斜度のきつい坂になると、足攣りにて、
足をあげることができません。

休憩しては進み、進んでは休憩しを繰り返していると、

さっき見たピンクのシャツが、、、


ぐんぐん 周りの選手とは
桁違いの速度でガンガン進むネコさんでした。

4sAFz.jpg

僕はガンガン進むネコさんに
「追いつかれましたね~」

って軽口をいうのが精いっぱいで

ネコさん「ここまできたらもう終わりだよっ」

っておっしゃられ
僕とのツーショット写真を撮影し
さっと追い越し進むお姿は
もうすでに7時間約50㎞を経過したレースなのに、
レースがまだ始まったかのような
身体のキレでした。

僕は座って休憩しながら
凄い速いペースでガンガン登るネコさんに
見とれていました。


なんどもなんども富士登山競走の
足きり付近をギリギリの時もあったとはいえ、
乗り切って来られた強さ。

そう これが見たかったんだ、、、

生で見てもその迫力を形容しがたいんだけど、
僕には、まだその力はなくただただ
見とれるしかありませんでした。

レースメイクに失敗した僕は
次はブログ村の誰が僕を追い越してくれるんだろうと
次はのべさんかなっ って考えながら


給水、給食を受け付けなくなりつつある身体を
引きずるように休憩しては進むを繰り返しました。

NEC_1246.jpg
弱気になった僕が撮影した現時点の写真

このころになると、各ポイント(スタッフ在沖)で
現時点の地図と、次のエイドまでの距離を
書いていてくれており、
全然進まないことがわかるとともに
そのスタッフのエールを力に替えて
進むことができました。

ここから先、気持ちのいいトレイルが
ガンガン出てくるんだけど、
まったく走れないもどかしさ。

完全に実力不足、、、

次のエイドでリタイアしようかどうか
悩みながらとりあえず前進を
進めていきました。

そして予定から22分オーバーで
最後のエイド 棚山エイドへ到着しました。
NEC_1247.jpg

約9時間経過 距離57.1㎞(69.9㎞)
未知のゾーンへ突入


続きます。

5/9の 怪我の状況
5/1 ギブス装着
5/8 ギブスまき直し
   左脚はまだ腫れが引かず、
   むくみ、血腫がくるぶし下に存在
   もちろんくるぶし が無くなりそうなぐらいの腫れあり


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

小松エイドから四谷千枚田まで kenの奥三河パワートレイル完走記5

小松エイドに到着すると、早々に迎えてくれるのが
228_n.jpg
奥三河のかぶり水(大会公式facebookより)

特に汗を一杯かいたとか、
喉が渇いたとかではないけど、

身体には熱がこもっているはず、、、

と、ここでかぶり水2回 思いっきり
頭から水をかぶってリフレッシュする。

そうして、お出迎え武将とハイタッチして、
エイドへ入る。

183_n.jpg
エイド風景(大会公式facebookより)

そこで、自前の補給食代わりに
五平餅を1本まるまるいただく。
NEC_1235.jpg
かなり大きなサイズの五平餅だけど、
本来のサイズからは約半分らしい。

美味しかった!
自分、炭水化物やっぱり大好きだ。
まるまる一本食べて、

お隣には、お茶氷
NEC_1236.jpg
をいただく。
ちなみに、お茶は以降のエイドでは有りません。
四谷、棚山では水やスポドリはあるけどね。

ここでお茶が美味しいってことは
実はもう相当やられてるんじゃないか
って思う。

まだどうにか食べれているってことは
無理しなければ大丈夫。

まだ1/3 まだ1/3
こっからこっから、、、

自分自身を鼓舞するために、
NEC_1234.jpg
控えめに
「絶対完走!」

今思えば、この時点で結構
弱気になっていたのかな。

ってことで、約5分ほどエイドで休憩をして、
再出発する。

こっから先は岩古谷山を越えて、鞍掛山の
山頂手前でまちゃさんが待ってくれている。
んで四谷千枚田となる。

スタートしてすぐは登りのトレイル路になるけど、
まぁ普通に登れる。
でもやっぱり遅いみたいで、ここの登りで
抜かされていく。

ここから先の登りで抜かれるのは
ちょっと凹む。

下りで抜かされる分には
下りが下手なので、全然気にならないのだけど
(気にしろよって話ですが、)

登りのトレイル路が終わるといったん
アスファルト路になり、和市の登山口に

そして気持ちのいい下りのトレイル路に
なるんですが、足が痛み、やっぱり
抜かされまくり。

んでも、今考えるとこの程度の
抜かされ方 全然いい方だったみたい。

リスタートしたことを若干後悔しながら
進む。

所詮登り200m程度の山だから大丈夫
って自分に言い聞かせてべた歩き。

途中ここで大会公認私設エイドを出して
頂いているところで、水分補給をして、
進む。

まぁ進んでいると、とんでもない斜度に
かかった鉄梯子を連続して進み、
ようやく岩古谷山を攻略。

んで、次は鞍掛山を目指すんだけど、
ここら辺から自身の消耗をしっかり
感じるようになり、小刻みのアップダウン
でも、下りが走れなくなっている。

足首は当然痛みが続く。
もうこのころには、痛いのが当然だったので、

あぁこれはくじいて痛いのでなく、
痛いのは初めからなんだって
思うようにしたり、

実は痛くないんだって
思うようにしたり、
しました。

登りでは痛みはそこまで気になりませんが、
やはり下りでは着地ごとに痛みが
走る。

そして小刻みのアップダウンを繰り返して、
鞍掛山山頂へ向かう最後の登りの
途中で、

まちゃさんにあえたら、そこで、
鞍掛山を攻略だ

って思いながら、まちゃさんに会えるのを
楽しみに楽しみに進む。

そして、まちゃさんに会えないまま、
すごい急登で、

鈴の音と、男性スタッフの大きな声が聞こえてくる。

「鞍掛山 最後の登りで~す」
「これを越えると、下りだけで~す」
熊鈴「チリン、チリーン」


「鞍掛山 最後の登りで~す」
「これを越えると、下りだけで~す」
熊鈴「チリン、チリーン」


近づけばどんどん大きく聞こえてくる。

「鞍掛山 最後の登りで~す」
「これを越えると、下りだけで~す」
熊鈴「チリン、チリーン」
 

え え なんで なんで、、、
まちゃさんがいない、、、

まちゃさんは、、、

も もしかして、、、 こんな狭いコースで
まちゃさん 見逃した、、、(涙)

もちろん まちゃさんに会うために
今の道を戻るわけには行けないので、


大きな声で声援をくださる
スタッフにお礼をいい、最後の
急登をどうにか登り切り、
鞍掛山を攻略し、

四谷千枚田に向かって、
気持ちのいいトレイルを下る。

そうして四谷千枚田へ向かう途中で、
なんと











見逃したと思っていた
まちゃさんに発見していただく!

まちゃさんとの再会を
心から喜ぶ。

まちゃさんに記念撮影を
してもらうけど、

すんごい 笑顔だった。
写真見せられないのが
すごい残念だけど。

ちなみにこのまちゃさん
ポイントではブログ村メンバー
他にも撮影してもらっているんだけど、

らぴさんがかっこよく写っているんです。
らぴさん かっこいい。
元気一杯すぎてまさか
次でリタイアするなんてみえないんすよね。

とまぁまちゃさんポイントを過ぎるとすぐに、
四谷千枚田エイドに到着した。


ここではゼッケンナンバーを事前に確認して
エイドのおじさんが 名前で出迎えてくれる。

そして、 おじさんが親しみをこめて

「ken  おっ  奈良県 
奈良県からきてくれたのか
 奈良県 ならけん  おなら ぷっ」

ぷっ じゃねーよ

なんてもちろん口にだすような余裕もなく、
薄ら笑いを浮かべて、
ここでもかぶり水をしていただく。

ほんと気持ちよかった。
ここのエイド、エイドスタッフと、選手、応援者で
約50~60名位いたのかな?

ようやく人が多くなって一安心できました。

続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

津具 笹倉 小松まで kenの奥三河パワートレイル完走記4

んで季節外れさんに置いてけぼりを
くらっても 自分のペースを維持して
下りの舗装路を走る。

津具まではこんな感じなのかな?
って思いながら、時間を見ると
約1時間が経過

最初のエイドにしては非常に豪華な
エイドで出迎えてくれる。

NEC_1227.jpg
NEC_1228.jpg


もったいない。
僕もここで自前の補給食の大福ではなく、
ここでジビエ汁を1杯いただく。

すでによそっているものをいただいたので、
特に熱くもなく、すぐに食べれる。

ここのエイドでは、からすみも
提供されているんだけど、
僕は勘違いしていたみたいで、

からすみ・・・ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、
        天日干しで乾燥させたもの


ではなく、愛知県奥三河に伝わる銘菓で、
米粉でつくった蒸し菓子

らしいですね~

ぼくはてっきりボラの卵巣の方だと思ったので
食べるのをパスしてしまいました~
残念。

ここはぜひ大会HPでも
からすみ(米粉の蒸し菓子)
って追記してほしいですね~

エイドに入った時には、
季節外れさんが給水している御姿が
見えたのですが、

こちらがジビエ汁を食べている間に
姿が見えなくなったので、
先行されたようだ。

ここでは脚はまだ痛むなぁ~
って程度で、リタイアの文字は
全然浮かんでいない。

さぁ次いくぜって
感じでエイドからスタート

んでスタートしてしばらくして、
後ろから

「死ぬ気で走らんかいっ」

って聞いたことあるセリフが
聞こえる。

えっ って振り返ると
季節外れさんが一瞬で僕を抜き去る。

えっ えっ 

いつの間に、、、、
あぁ トイレかぁ、、、

トイレ待ちしている間に抜かしちゃったみたい。

NEC_12291.jpg

季節外れさんは軽快なスピードで次のトレイルに向けて
走って行かれました。

これが僕が見た最後の季節外れさんでした。
ぶっちぎりの快走 おめでとうございます。

かの氏のタイムには、万全だったとしても
とてもじゃないですが、適わないなぁ~
得意のフィールドで事前情報なしで
あれだけ走るなんてすごすぎや~



僕はというとこの長丁場 闘うためにって
言い訳しながら ぽくぽく歩いていました。
ただ登りの歩きは特に痛みを感じることは
すくなかったんですよね~。

んでまたちょっとしたピークを過ぎると、
また未舗装路の下りのトレイルになるんだけど、
そうなると、左足が痛む。

ステップを踏むたびに顔をしかめながら
痛み ひかないな~ なんて思ってました。

左足首をかばいながら走っていたからか
快適な下りのトレイルで、
バランスを崩して、

思いっきり転倒。

ええと こけるまでの数秒間
時間 ゆっくり過ぎていきました。

そう なんか感覚的には、
「スタープラチナ ザ ワールド」(時は止る)

あぁ 違った、違った

例えるなら、走馬灯をみる感じ
(見たことないけど)

おちるまでのたった数秒なんだろうけど、
地面にダイブするまですんごい時間が
かかる。

なんでそんなことがわかるかって、
こける瞬間に脚にへんな力を入れてたのか、

空中に浮いている間に、
右ふくらはぎが攣りました。

もちろん、体感的に空中に浮いている時間が
長くても、体勢を整える事もできず、
脚攣りを治すこともできず、

地面にダイブ、、、

この2回目のアクシデントで、
実はかなりテンションダウンしていました。

もうダメかもって思い出した瞬間でした。

15㎞程度進んだ後は人も
まばらだったので、声掛けしてくれる人はなし。

思いっきりダイブした後、
起き上がって、身体をチェック。

こけたダメージは右足に
擦り傷が少し。

全然大丈夫。
まだまだレースはこれから

さぁ 進もう。

そしてまた一歩 進みました。

そして進んで、ウォータエイドで
水を補給して、水かぶりをさせてもらう。

そして、少し進むと

NEC_1230.jpg
風車の見えるところに出る。

ほんとに天気は良くて、
ゆっくり写真を撮りたい。

でも今日はレースって言い聞かせて
一歩一歩進む。

進むと第2エイドの笹暮エイドに到着
NEC_1231.jpg
いちごや クルミ餅をいただいて、
先を進む。

こっから先、タコウズの川沿いを
走るコースになるんだけど、

不整地の林道で快適なのかなぁ
って思っていたけど、


ガレガレの岩場を走ることに、、、
通常の足ならなんてことないんだろうけど、

今日は踏ん張りをするたびに痛みが
走るので、気持ちよくない。

痛みを我慢しながら進む。
そして約8㎞位進むと、
不意に、川沿いのコースが終わって、
今度はアスファルト路が出てくる。

そこの大橋(追い越し禁止)と
唯一の信号を超えると、
そろそろ小松エイドまで
あと3000mってのぼりがでてくる。

こののぼりは2000m 1000m
とランナーをアシストしてくれる。

NEC_1232.jpg

小松エイド傍は
桜が満開で嬉しかった。
NEC_1233.jpg

そしてようやく距離にして半分
時間にして約1/3 

の小松エイドに到着しました。

続く

【5月4日 ギブスして4日目】
あぁ ギプス生活 飽きてきました。
あぁ 久々に ジョジョでも読もう。

1部から読もう。 
今ならジョジョゆっくり読めるよね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

5㎞に棲む魔物 kenの奥三河パワートレイル完走記3

スタートしてから走り出すと
一気に抜かれまくると思っていたけど、
最前列30秒程度はダダ抜かれすることは
無かった。

んで、45秒後の総合順位3位
まぁ45秒だしね。

次の通過地点(測定ポイント)では、
思いっきり順位下げてるしね。

というわけで、走りながら徐々に徐々に
強い人に抜いていってくださる。

その時に昨年女子優勝の
方が抜いていってくださる。
1493865197.png


ただ本当に申し訳ないのは、
シングルトラックになった時に、
抜いていただけない事だ。

序盤なのでこちらもできる限り
前の人について、走る。

ふと心拍数に目をやると、
150~155位を指していた。

まずい まずい
この状態だと、全然持たない
ってギアを落とそう、落とそう
ってして、前に進むで、
心拍数を確認するが、
145~150以降下がらない。

そこが気になったものの、
もう少しペースを下げようかどうしようか
思いながら走っていると、

今大会 最高標高地点である
茶臼山に到着していた。

そう到着したんだけど、誰一人
写真をとろうとしたりする人は皆無。
ただの通過点として進む人で一杯。

んでここを起点としてダウンヒルが
始まるんだけど、
こちら ダウンヒルがとても苦手。
そしてスタートからのポジション位置も
間違っているので、
後ろからガンガンプレッシャーが
かかってくる。

シングルトラックでは、ギリギリで走り、
AS1の津具へ向かう。

ダウンヒルを遅いながらも進んでいくと、
ほんとに小さな川を渡ったり
気持ちのいいトレイルを進んでいました。

んで、そうしたトレイルの中、
あまり斜度が緩い下りのトレイルを
すすんで約5㎞、約30分位経過したトレイルの中で、

そろそろたーはるぱぱさんを骨折に葬った
地点だよな~ 
って思いながら、

パパさんは、
「アスファルトと未舗装道の変わり目くらいだったかなぁ」
なんておっしゃってたんで、そろそろそんなポイントが
現れるかぁ なんて考えてると、

トレイル路が見えない、枯葉が積もるコースを走っていた際に
何も前触れもなく、

















「ぐぎっっ」


ぐねりました(涙)

無題




ぐわぁぁぁ(゚Д゚)!!


って心中 叫びました。

そして相当バランス崩していたのでしょうか

後ろから

後続「大丈夫ですか!」
後続2「大丈夫?」

って次々声をかけてくれる。

んでやっぱり痛いので、
少しスペースがあいたところで、
先を進んでもらい、
ちょっと自身の状態を確認する。

ただたーはるパパさんとは違い、
バランスを崩しただけで、転びはしなかったのと、
この時、きっと断裂しているにも関わらず、
体勢を立て直して、

歩ける。進める。

(靭帯断裂してる 折れてるって
知ってたらもちろん一発でリタイアしてたけど…

この時はまさか断裂してる 折れてる 
なんて思ってないし単なる捻挫だと思っていた。
(一部 昨年のパパさん パクリ))




自問自答して、レース再開を決意する。

うん 大丈夫 捻挫だったら、走ってるうちに
痛みはなくなっていくから。

過去にも軽い捻挫はしていたので、
それと同じと考えていました。


今から考えるとほんとアホアホですが、

5㎞付近にいる魔物に、
すこし後方を進んでいるパパさんに
心の声で、

パパさん、いるね 魔物 
なんか いるね。 僕もやられましたよ


って心の中で報告するわ

魔物に対しては、
パパさんは葬ることはできても
 kenは無理だぜっ!!


(いや葬られてますが、、、)
(靭帯断裂、はく離骨折ですが、、、)

なんて考えながら進んでいたのは、今思えばすごく恥ずかしい。

ちなみに足首の痛みは下りのトレイルで
痛みがあり踏ん張りがほとんどきかず、
痛みが生じないように下ろうとするので
一杯で、下りは一歩一歩 痛みと
付き合いながら進んでました。

そして下りのトレイルが終わって、
舗装道を下るところで、

季節外れさんが
「死ぬ気ではしらんかいっ!!」

ってエールをくださって
追い抜いていかれたので、

僕も季節外れさんに

「今から死ぬ気で走ったらもちませんよっ」
って軽口を返すものの、

もちろん自分が今、靭帯断裂、骨折しながら
すでに死ぬ気で走っている事には
ぜんぜん気付かず走っているのでした。


続く




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

スタートゲートからの風景  kenの奥三河パワートレイル完走記2

まずはじめに私の無知なバカが
山に入って自分で怪我して無茶した行為(ゴールまで進んだ)
に完走の祝福とお気遣いのお言葉をいただきまして
本当にありがとうございます。
またご心配をおかけしまして申し訳ございません。

これより時間をかけて
回復した後に山なり、ロードなりで練習を再開した後、
練習であれレースであれ あのような痛みを体感した場合は、
継続することはないと考えています。
今回きりです。

完走記とタイトルしておりますが、
今回の記事は完走記を書くというよりは
自分の行動を改めて見つめなおす反省文の
側面が強くなります。

奥三河パワートレイルが素敵な大会であることは
進んでいて本当に感じました。
その楽しさをそのままお伝えすることができず申し訳ありません。

皆様には これからいい季節になりますので、
ロードであれ、トレイルであれ、登山であれ、
怪我なく、楽しんでいただきたいと願います。

現在、家族にも職場にも迷惑をかけております。
一日も早く復帰できるよう回復に専念しております。

――――――――――――――――――――

【本編】

雲一つない快晴の天気
そして今日は気温が高くなるだろうな。

そう思わせる 朝に冷え込みの寒さに
更衣室で待機していた。

時間は流れ、
スタート約30分前、

季節外れさんから声がかかる。

季「kenさん そろそろ行くよ」

k「行きましょう」

後ろにはハンサムネコさんもいる。

NEC_1222.jpg


到着したところは、
スタートゲート最前列だった。

約1000人が参加するレース、
このレースにはスタートブロックはない。

また1000人がスタートゲートを全員が通過するには、
そう何分もかからない。

トップ争いをするような実力がなければ
前に並ぶ必要なんかなく、
70㎞の長丁場を制するのであれば、
自重の意味も込めて、真ん中より少し後ろからの
スタートでもいいくらいだと思う

早く並べば並んだだけ、前の位置をとれる。
ただこのレース 70㎞もある。

僕のみた風景は、

NEC_1224.jpg
【正面 石川弘樹レースプロデューサー】

スタートゲートの最前列だった。

スタートゲートの前に立っていたら、
たいていはどんどん割り込みで
後方に追いやられるんだけど、

前に並ぼうとする選手がいることは
いたが、そんなの数えるくらいだった。

そしてスタート直前には、招待選手が最前列に
並ぶんだろうと思ったら、そんなことはなかった。

むしろ、昨日われらがサポート選手のたーはるパパさんと
登壇した昨年女子優勝の方が自分より後ろに並ぶくらいだった。

僕の前に立つ人はいなかった。


そして、季節外れさんは、いつの間にか
ハンサムネコさんと、後ろから6列目くらいに
位置されていた。

あら いつの間に、、、

僕も後ろに並べばよかったのだけど、
初めて視界を遮ることのない
スタートゲートを体感したかったのか
ずっとそこで並んでしまった。

そして朝6時30分
奥三河パワートレイル そして
私の長い一日がはじまりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村

整形外科診察の結果 kenの奥三河パワートレイル完走記1

捻挫だと思ってたら……












靭帯断裂しとったがな(゚Д゚)ゴルァ!!


はく離骨折しとったがな(゚Д゚)ゴルァ!!







NEC_1240.jpg





これは参りましたなぁ…(パパさんのパクリ)




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村


にほんブログ村
プロフィール

ken

Author:ken
走ってる時って
いいアイデアでませんか?

大会記録
フルマラソン
15年奈良マラソン 3時間9分
16年京都マラソン 3時間10分
16年奈良マラソン 3時間23分

ウルトラマラソン
14年 四万十川ウルトラマラソン
100㎞・・・9時間54分

富士登山競走
五合目 15年完走
山頂  16年五合目打切

トレイル
2017 OPT 完走

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
まずはポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示